CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

2016年も続々公開予定!大ヒット映画の続編おすすめ5選!

2015年は、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『ジュラシック・ワールド』、『007 スペクター』など大ヒット映画の続編がたくさん公開されました。
そして2016年もまだまだ大ヒット映画の続編が公開されます!その中からおすすめ作品をご紹介!

『ファインディング・ドリー』

fd_01
宝石のような美しさに満ちたファンタジックな“海の世界”を舞台に、忘れんぼうのドリーの家族を探すため、彼女の親友のニモとマーリンの父子をはじめとするお馴染みの仲間が再結集し、ドリーの家族を探すために再び大海原に飛び出していく、感動の冒険ファンタジー。
個性的で魅力あふれる新キャラクターたちも加わって、ドリーの幼少期の秘密を解く鍵を求めて<人間世界>でもかつてない大冒険を繰り広げる!

7月16日(土)全国ロードショー
© 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

『デスノート 2016(仮題)』

東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が織り成す映画史に残る三つ巴の戦い!

デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。再び、死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。
夜神総一郎が立ち上げた〈デスノート対策本部〉は存続していた。すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、唯一10年前のキラ事件を経験した松田他5人の対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。
ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして“Lの政党な後継者”竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明する。
その矢先にキラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散された。そのメッセージとは「他の所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」とデスノートの提出を呼びかけていた・・・。
6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制する。キラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされた!

2016年秋、全国ロードショー
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッターを救うため、時間を遡るアリスの冒険を描くファンタジー・アドベンチャー。彼女を待ち受けるのは、秘められた真実と“時間の番人”タイムとの戦い…。はたして、マッドハッタ―を救うことはできるのか?そして、運命に逆らい過去を変えることはできるのか?さらには、チェシャ猫や“赤”と“白”の女王といった人気キャラクター達の幼年期の驚くべき<秘密>も明らかに…。

7月1日(金)日本公開
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

『スター・トレック ビヨンド』


世界的大ヒットを記録したSF映画の金字塔
最強コラボレーションでついに最新作が始動!

『スター・ウォーズ』J.J.エイブラムス製作 × 『ワイルド・スピード』ジャスティン・リン監督
『スター・ウォーズ』、『ワイルド・スピード』2大トップフィルムメーカーの最強コラボレーションは、いまだかつてないスピード感あふれる映像と、リアルな超絶アクションで観る者の度肝を抜く!
ついに全世界待望の最新作がそのベールを脱ぎ始める!!

2016年 夏 全国公開
(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』


やつらが戻ってくることは分かっていた。イベント映画のジャンルを再定義した『インデペンデンス・デイ』のあと、次のチャプターは想像を絶するスケールで世界的な破滅的状況を描く。回収したエイリアンの技術を利用し、地球の国々は世界を守るため力を合わせて巨大な防衛計画を立てた。しかし、エイリアンの高度な前代未聞の兵力の前で、人類は為す術を知らない。絶滅の危機を救えるのは、数名の勇敢な男女たちの創造力だけだった。

2016年夏 全国ロードショー
© 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

Facebookコメント

Return Top