CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

人気急降下お笑いコンビ“ジョイマン”ノーCGによる急降下アクションをラップで『X-ミッション』を熱烈PR!

世界トップアスリートがノーCGで繰り広げる前代未聞の最強MG(マジガチ)アクション映画『X-ミッション』の公開に先がけ、2月8日(月)、大阪・梅田ブルクにて公開記念イベントを開催されました。
劇中のジェットコースターのようなハラハラドキドキの急降下アクションにちなんで、お笑いコンビ“ジョイマン”が登場!
xm_01
2008年に大ブレイクしたものの、その後、その人気は急降下(笑)。まさに急降下を語るにふさわしいという、ド肝抜かれる(ひどい)理由で究極のキャスティングが実現しました!
xm_02
「ヒアウィゴ~!ララララ~~~ララララ~~~ラ~ゆ!いきなり出てきてゴメ~ン、誠にスイマメ~ン」と定番のラップネタを披露するジョイマンの高木さん、池谷さん。

2人の登場に、観客のテンションは…早くも急降下!? 
この状況を笑いで挽回するべく、“二人のコンビ名が分かるか?”観客に答えさせる「お客さんのリアクションに耐えろ!」。

高木さん:
「失礼ですね!大阪まで来てるんですよ!スケジュールそりゃ空いてますけども!急降下で、あ~って気づくの早すぎでしょ!」

池谷さん:
「一人で出てきたときにはザワついてましたからね。誰?みたいな。」

続いて、「月収の急降下度にアンサー!」で人気急降下っぷりを披露。

池谷さん:
「彼(高木さん)は11万円ですが、僕はジョイマンじゃない方(池谷)なので、もっと少ないですよ。8万円が最低月収。」

高木さん:
「キャベツ、白菜をすごく切ったり。あとは節約です。タクシー使わず、絶対徒歩。足。10キロ圏内だったら、自転車で行きます。このおかげで体も鍛えられて、(お決まりの)ステップの時も、高く跳べるようになりました」
xm_03
かなりの極限状況が続く二人ですが、本作にちなんだ即興ネタで名誉挽回! 
「ヒアウィゴ~!X-ミッション行こうよ!ナナナナ~~~ララララ~~~なにぬねのノーCG!」とネタ披露。
会場の暖かい拍手に、人気再上昇に向け、飛躍を誓いました。

『X-ミッション』


若きFBI捜査官ジョニー・ユタ(ルーク・ブレイシー)に、超一流アスリートチームに潜入せよとのミッションが下される。エクストリームスポーツのカリスマ、ボーディ(エドガー・ラミレス)が率いるこの集団には、重大な疑惑がかけられていた。その天才的なスポーツ・スキルを駆使し、前代未聞の方法で次々と犯罪に手を染めているというのだ。自らも元アスリートであるユタは、ボーディに度胸と才能を認められ、チームに招き入れられる。命を危険に晒しながら共に行動するうちに、ユタはボーディの究極の信念に心が奪われていく。果たして、ユタはFBI捜査官として決定的な証拠を掴み、彼らを捕えることができるのか? そして明かされる、彼らの本当の目的とは──!?

PG-12
2月20日(土) 新宿ピカデリー、丸ノ内ピカデリー他 全国ロードショー <2D/3D上映>
© 2015 Warner Bros. Ent. ©Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

Facebookコメント

Return Top