CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

『相棒』劇場版が帰ってくる!『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』

映画『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』の予告編をアップしました。

3つのオススメポイント

1:監督を務めるのはテレビシリーズ「相棒」をはじめ、『探偵はBARにいる』シリーズ、『相棒シリーズ X DAY』など映画界でも大活躍中の橋本一
2:仲間由紀恵・石坂浩二・及川光博・六角精児ら相棒人気キャラクターが総集結
3:深い愛が生み出した『相棒』史上最も壮大で悲痛なクライマックス

ストーリー

7年前、英国で日本領事館関係者の凄惨な集団毒殺事件が起こり、その唯一の生き残りだった少女が、国際犯罪組織によって誘拐された。
7年後の現在。外務省のホームページをハッキングした犯行グループは、7年前に誘拐した少女=鷺沢瑛里佳の現在の姿を動画で公開した。「7年前、日本政府は我々の要求を無視した。今回拒否すれば、大勢の人々が見守る中で、日本人の誇りが砕け散るだろう」というメッセージと、約9億円の身代金を要求した。誘拐事件の全貌が明らかになって、騒然とするマスコミ。特命係の2人は捜査一課の面々、元鑑識の米沢守、警察庁の神戸尊らを巻き込みながら、事件解決へと独自に動き出す。
国際社会に向けて“テロに屈しない国家”であることを示さなければいけない日本政府。今回の要求も無視されることになれば、“国から二度棄てられる”ことになる少女…。
捜査中、犯行グループが50万人分の致死量がある毒物を所有していることが判明する。犯行メッセージの意味とは、東京・銀座に50万人以上の見物客が集まる世界スポーツ競技大会の日本選手団の凱旋パレードへの無差別大量テロだったのだ。
事件の鍵を握る“天谷克典”とは一体何者なのか?事件の首謀者レイブンの本当の目的とは?日本中が歓喜に包まれた凱旋パレードの真っ只中、遂に杉下右京は真犯人を追い詰める!
しかし、その先には誰も想像してなかった“真相”と“未来”が待ち受けていた——。

出演者:

水谷 豊
反町隆史
仲間由紀恵
及川光博
石坂浩二
北村一輝
山口まゆ
鹿賀丈史

スタッフ:

監督:橋本一
脚本:太田愛
音楽:池 頼広

公式サイト
配給:東映
2017年2月11日 丸の内TOEIほか全国ロードショー
(C)2017「相棒-劇場版IV-」パートナーズ

Facebookコメント

Return Top