CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

2016年も注目の俳優・菅田将暉くんの出演映画をまとめてみた

large (1) (1)
出典:http://weheartit.com/
「鬼ちゃん」で大ブレイクの菅田将暉くん

デビュー以来、その高い演技力で着々とファンを獲得し、活躍の場を広げて行っている菅田将暉くん。2015年には携帯会社のCMで演じた「鬼ちゃん」のキャラクターが大好評となり、コアな映画ファンだけではなく、子供から大人まで、その人気は一気に押し上がりました。今日はそんな菅田将暉くんの出演映画をご紹介します。

じっくり菅田くんの演技を堪能したい人へ『共喰い』

2013年度第37回日本アカデミー賞で、新人俳優賞を受賞した『共喰い』。田中慎弥さんが芥川賞を受賞した同名小説を、『ユリイカ』で宮﨑あおいを発掘した事でも有名な青山真治監督が映画化した作品です。物語は、昭和63年の夏休み。山口県下関市を舞台に、暴力的な性癖のある父をもった、17歳の男子高校生の血にまつわるストーリーです。
暴力や性描写があるので、ヘビーな映画が苦手な人には重たい内容ですが、菅田くんの主演作だけあって、渾身の演技がじっくり堪能できます!

等身大の青春ムービー『男子高校生の日常』

人気ギャグマンガ「男子高校生の日常」を実写化した作品。男子校に通う生徒達のまったく華のない学園生活を描くこの作品は、男子校の生徒ならではのノリがたくさんつまった気軽に楽しめる作品です。作品のオファーが来る前からこの作品を読んでいたという菅田くんは、撮影を振り返って、「自分のモットーである”まじめにふざける”ことができる楽しみでいっぱいでした」と話しており、その撮影の楽しさが伺えるようですね!菅田くんのスカート姿も必見です。

長い眠りから覚めた親友は、6歳のままだった『王様とボク』

158575_02
出典:http://movies.yahoo.co.jp/

『王様とボク』は、やまだないとのコミックを実写化した青春ドラマです。12年もの昏睡状態から目覚めた、心は6歳のままの青年と、その友人との交流を通して、大人へと成長して行く若者たちの不安や青春の迷いを描いた作品です。菅田将暉くんの他にも、今では大人気の松坂桃李さんや高い演技力で大変な評価を得ている二階堂ふみさんなど、豪華なキャストが揃っています。

心に突き刺さる、男女の愛の軌跡『そこのみにて光輝く』

物語は、底辺でもがきながらも生き抜く主人公達の光と闇を描いた作品で、2015年キネマ旬報ベストテン、日本映画部門で第1位に輝きました。主演は池脇千鶴さん、綾野剛さんのお二人ですが、物語のキーマンとして彩りを添えている菅田くん。原作小説を実写化するにあたり、人選に悩むだろうとされていた「拓児」というキャラクターを見事に演じた事で、とても良い評価を受けています。

女装姿が話題になった『海月姫』


女の子よりもかわいい!?女装姿が話題に

東村アキコの大ヒットマンガ「海月姫」を実写化した異色ドラマは、オタク女子ばかりが住む、男子禁制アパートに暮らす、クラゲオタクの女の子が、女装男子と育む不思議な友情を追い掛けていくというストーリーです。能年玲奈さん主演で話題になったこの作品ですが、菅田くんの女装姿が女の子よりもかわいいのではとネットで大変話題になった事でも有名です。少女マンガ原作ならではのキュンキュンするストーリーと笑える展開にご注目下さい!

large-1 (2)
出典:http://prcm.jp/album/tantanmen4/pic/50263155

今や、飛ぶ鳥を落とす勢いの菅田将暉くんの出演映画、いかがでしたか?笑える青春映画から文学作品原作の問題作まで、様々な作品に出演している菅田くん。様々な作品に触れて、深い魅力のとりこになって下さい。

Facebookコメント

Return Top