CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

映画『夢二~愛のとばしり~』の公開が決定。画家・竹久夢二の波乱に満ちた生涯

takehi2
出典:http://www7.plala.or.jp/

画家・竹久夢二をご存知でしょうか?美人画で知られる夢二は、大正浪漫を代表する画家でもあります。そんな竹久夢二の生涯が映画化されることになりました。いったい竹久夢二とは、どんな人物だったのでしょうか?

酒造業を営む家に生まれるが父の代で廃業。八幡製鉄所に職を求め福岡県へ

八幡製鉄所
出典:http://worldbank.or.jp/

竹久夢二の生涯は波乱に満ちていました。その始まりが、代々営んでいた酒蔵の廃業と八幡への移住です。竹久夢二の実家は造り酒屋でありました。しかし、夢二の父親の代で造り酒屋をたたむこととなってしまいます。一家は当時創業間近だった八幡製鉄所に職を求め、福岡県の八幡へ移住します。夢二もこれにならい、しばらく製鉄所で働きました。

17歳で家出をして単身上京。スケッチを新聞などに投書する日々

直言
出典:http://kagurazaka.yamamogura.com/

竹久夢二は17歳で家出をし、単身上京します。18歳の時早稲田実業学校専攻科に入学し、スケッチを新聞などに投書し始めました。21歳の時友人の紹介で平民社発行の「直言」にコマ絵が掲載されました。これが初めて夢二の絵が世に出た瞬間でした。それから雑誌へ絵を掲載しはじめ、学校を中退しました。

数々の女性と交際を重ね、海外個展も開催

竹久夢二 立田姫
出典:http://yumeji-art-museum.com/

23歳の時、生涯唯一の妻岸たまきと結婚します。その後たまきとは離婚してしまいますが、再び同棲するなど生涯にわたりたまきとの交際は続くことになりました。47歳のころからアメリカへわたり、西海岸各地で個展を開催します。また、ヨーロッパへもわたり、数多くの都市をめぐりスケッチ画を残しました。

竹久夢二が交際した女性たち

たまきと子供たち
出典:http://yumeji-art-museum.com/

竹久夢二が語られるとき、必ず話題に出るのがその女性遍歴です。特に話題になるのが3人の女性です。
1人目はたまきという女性で、竹久夢二が唯一籍を入れた女性です。離婚後も同棲や別離を繰り返し、その交際は竹久夢二の生涯にわたり続き、夢二が亡くなった後もたまきは夢二を慕い続けました。
2人目は彦乃という女性で、もともとは夢二のファンでした。たまきと別れた夢二と同棲していましたが、結核により亡くなります。夢二が最も愛した女性とも言われています。
3人目がお葉という女性です。夢二のモデルとして通ううちに交際に発展し同棲しますが離別し、その後は医師と結婚し穏やかな生涯を過ごしました。

画家・詩人 竹久夢二の愛とは 映画『夢二~愛のとばしり~』

『夢二~愛のとばしり~』

竹久夢二の人間性に迫る映画、『夢二~愛のとばしり~』が2016年7月に公開されます。この作品では竹久夢二と、夢二を取り巻く3人の女性を主軸に、夢二自身の愛や人間性に迫っていこうという取り組みがなされています。主人公・竹久夢二役を演じるのは、NHKの連続テレビ小説「カーネーション」に出演した駿河太郎。監督はTVやCM、プロモーション映像など映像作品を幅広く手掛ける宮野ケイジです。

画家・竹久夢二の波乱に満ちた生涯をご紹介しました。是非映画をご覧になって、竹久夢二の不思議な魅力に浸ってみてください。

『夢二~愛のとばしり~』
夏、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開
(C) 2015映画「夢二~愛のとばしり」製作委員会

Facebookコメント

Return Top