CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

永遠に輝き続ける。フランソワーズ・ドルレアックの美しさ

ダウンロード (12)
出典:http://www.raphaelneal.com/

知る人ぞ知るフランスの女優フランソワーズ・ドルレアックは、類まれな美しさを持ちながらも、わずか25歳でこの世を去りました。しかし、その姿は今なおスクリーンで輝き続けています。今回はフランソワーズ・ドルレアックの放つ輝きを、出演作とともにご紹介します。

妹はフランスの国民的女優カトリーヌ・ドヌーヴ

001m-4
出典:http://arabia.style.com/

フランソワーズ・ドルレアックを、カトリーヌ・ドヌーヴの姉として知っている方も少なくないのではないでしょうか。フランソワーズは父方の姓を名乗り、カトリーヌは母親の姓を名乗っているため姓は違いますが、2人は1歳半違いの実の姉妹です。かわいらしい雰囲気のカトリーヌに対し、フランソワーズはすらりと長い手足を持つ正統派美女として知られています。

活発なヒロインを演じた『リオの男』

財宝をめぐる騒動を痛快なコメディに仕立てたアクション作品です。航空兵のアドリアンは休暇を利用し、フランソワーズ・ドルレアック演じる婚約者のアニェスに会いにパリへとやってきます。しかし同じころパリでは、何者かにアニェスの父が寄贈した財宝が盗まれるという事件が起こってしまいました。駆け付けたアニェスは、何者かに誘拐されてしまいます。そこに居合わせたアドリアンはアニェスを置きかけ、ついにはリオにたどり着いてしまいます。

フランソワーズ・ドルレアックが演じたアニェスは、活発で聡明な魅力を持った美しい女性です。水色のさわやかなワンピースが快活なアニェスを引き立ててくれています。

男を翻弄する妖艶な女性に『柔らかい肌』

La Peau douce
出典:http://blog.goo.ne.jp/

本作は実際に起きた事件をもとに作られた映画です。著名な評論家のピエールは、リスボンへの旅行中に、フランソワーズ・ドルレアック演じる美しいスチュワーデス・ニコールと出会います。リスボンでニコールを食事に誘ったときから、平穏だったピエールの生活は一変。ひそかに逢瀬を重ねますが、ひょんなことからピエールの妻が勘付いてしまいます。

本作はモノクロ映画ですが、フランソワーズ・ドルレアックの美しさが損なわれることはありません。ゆるくウェーブのかかった柔らかな髪が、彼女の妖艶な魅力を引き出してくれています。

『袋小路』で見せた生々しい演技

袋小路
出典:http://www.kadokawa-pictures.jp/

フランソワーズ・ドルレアックは、『袋小路』で生々しい演技を見せてくれます。全財産を投げ打ち、理想郷を求めて孤島の古城を買い取った中年男リチャードと、彼の若妻テレサ。フランソワーズ・ドルレアックが演じるテレサは、欲求不満な素振りを見せたり、若い男と出かけてみたりと、リチャードに不満がある様子。そんな夫婦のもとに逃亡中のギャングが転がり込んできます。
本作でのフランソワーズ・ドルレアックの演技は、まさに怪演。背中を大胆に見せて挑発してみせるなど、女優魂の感じられる作品です。

世界で最も美しい姉妹の共演『ロシュフォールの恋人たち』

28615id_003_large
出典:https://www.criterion.com/

本作でフランソワーズ・ドルレアックは、実の妹であるカトリーヌ・ドヌーヴと共演しています。それぞれが演じたソランジュとデルフィーヌは、双子の姉妹です。彼女たちはふたつの夢を持っていました。いつかロシュフォールを出て花の都パリで活躍すること、そして素晴らしい恋人と出会うことです。
『ロシュフォールの恋人たち』は、ファッションがとても印象的な映画です。キュートなビビットカラーの双子コーデが、世界で最も美しい姉妹と呼ばれた2人に似合っています。

francoise-dorleac
出典:http://www.newwavefilm.com/

永遠に輝き続ける。フランソワーズ・ドルレアックの美しさいかがでしたでしょうか?今なお色褪せないその美しさをぜひ堪能してみてください。

『袋小路』
©1966 Compton-Tekli Film Productions Ltd. All Rights Reserved.

『ロシュフォールの恋人たち』
©Cine-Tamaris

【関連記事】
◆生粋のパリジェンヌ!フランス映画の大女優カトリーヌ・ドヌーヴのファッションはとってもエレガンス
◆元祖小悪魔!?ブリジット・バルドーのファッションが可愛すぎる!

Facebookコメント

Return Top