CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

ビフォア・シリーズで知られるリチャード・リンクレイター監督のおすすめ映画作品

6boku_main

ハリウッド大作からインディペンデント作品、ラブロマンスからクライムストーリーまで、幅広くこなす稀有な才能をもつ映画監督、リチャード・リンクレイターをご存知ですか?今回は、そんなリチャード・リンクレイター監督の映画作品についてご紹介します。

列車で出会った男女がウィーンで過ごす1日を描いた『恋人までの距離(ディスタンス)』

ジェシーとセリーヌは、ウィーンへ向かう列車の中で偶然出会い意気投合。気の合う2人は、その晩を共にウィーンで過ごすことにします。徐々に気持ちを深めていく2人ですが、翌朝には海を隔てて離れ離れになってしまうことが決まっていました。

リチャード・リンクレイター監督が有名になったきっかけの作品です。インディペンデント映画で活動していたリチャード・リンクレイター監督は、本作でベルリン国際映画祭の監督賞を受賞しています。
2004年に続編の『ビフォア・サンセット』、2013年には3作目にあたる『ビフォア・ミッドナイト』が公開されました。

実写とアニメの融合を試みたアート・フィルム『ウェイキング・ライフ』

Waking-Life-3
出典:http://www.revolveavl.org/

主人公の青年は夢の中で何度も何度も目覚めてしまい、ついには夢と現実の区別がつかなくなっていました。完全に夢から醒める方法を求めた青年は外にでかけ、そこで様々な人たちと出会います。彼らは、人間の意義や生死の意味など興味深いことを青年に語り掛けてくるのでした。

本作はアニメーション作品ですが、ただのアニメーション作品ではありません。一度実写で撮影し、そこにデジタル・ペインティングを施すという方法で製作されました。これまでになかった方法で製作された本作は、新しい映像体験ができると注目を集めます。

ロックがテーマのコメディムービー!『スクール・オブ・ロック』

売れないロックミュージシャンのデューイは、居候先の親友・ネッドとその恋人に、家賃を払わなければ出て行ってもらうと言われてしまいます。お金の当てがはずれたデューイはネッドになりすまし、小学校の臨時講師を務めることに。そこで規則にがんじがらめにされた子供たちを見たデューイが教え始めたのは、なんとロックンロールでした。

リチャード・リンクレイター監督はジャンルの枠にとらわれず、コメディムービーの製作にも挑みました。『スクール・オブ・ロック』はその中でも高い人気のある作品です。ロックを主題にした本作では、レッド・ツェッペリンをはじめとするロックの名曲を楽しむことができます。作中で子供たちが実際に演奏するロックにも注目です。

実際に起こった奇妙な事件を題材にした『バーニー/みんなが愛した殺人者』

主人公バーニーは、テキサス州カーセージで葬儀屋として働く街の人気者。ある日町一番の大金持ちの葬儀を担当したバーニーは、大金持ちの妻に気に入られ世話係として雇われます。ところが町一番の人気者のバーニーに対して、彼女は頑固で偏屈な町一番の嫌われ者でした。そんな彼女のわがままは、次第にバーニーを追い詰めていってしまいます。

この映画は、1996年にテキサス州で実際に起きた事件を基に作られました。批評家からも高く評価を受け、特に主演を務めたジャック・ブラックの演技が話題となりました。

撮影期間12年!?最も高評価を受けた『6才のボクが、大人になるまで。』

メイソン・ジュニアは6歳の夏に両親の離婚を経験。バンド活動にうつつを抜かしている父親と別れ、母親と姉と暮らすことになります。大学に通いなおす母親や、時たま会いに来る父親。母親の再婚相手とその連れ子。反抗期。恋。お酒の味。父親の新しい家族。様々なことを経験し、少年は大人になっていきます。

6boku_sub1

リチャード・リンクレイター監督の作品で、最も大きな評価を受けた作品と言えばこの『6才のボクが、大人になるまで。』です。本作は主人公の少年が、両親の離婚を経験した6才から18才で独り立ちするまでの12年間を描いた作品です。
主人公のメイソン・ジュニアを演じたのは、エラー・コルトレーン。成長著しい12年間を1人で演じられたそのワケは、実際に12年かけて撮影を行うという前代未聞の方法でした。2002年の夏から2013年の秋まで続いた撮影によって製作された本作は、ゴールデングローブ賞やアカデミー賞など、様々な賞で高く評価されています。

6boku_sub2

ジャンルを問わず活躍する、リチャード・リンクレイター監督の作品をご紹介しました。いかがでしたか?まずは自分の好きなジャンルから、リチャード・リンクレイター監督作品をご覧になってみてください。

『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』
© 1995 Castle Rock Entertainement. © 1995 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

『スクール・オブ・ロック』
©2003 BY PARAMOUNT PICTURES.

『バーニー/みんなが愛した殺人者』
© 2011 Bernie Film, LLC and Wind Dancer Bernie, LLC. All Rights Reserved.

『6才のボクが、大人になるまで。』
©2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c. aLL rights reserved.

【関連記事】
◆リアリティ×温かさ。ビフォア・シリーズで人間味に触れてみませんか?
◆女の子の永遠の憧れ!オシャレな街 パリを舞台にした映画

Facebookコメント

Return Top