CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

アンニュイな大人のたたずまいが魅力!ウクライナ出身の女優オルガ・キュリレンコ

100789_001
出典:https://wall.alphacoders.com/

可愛らしさと妖艶さをあわせもったオルガ・キュリレンコは、ボンドガールとしてその名を広め、その後も『オブリビオン』などの話題作に出演している注目の女優です。
彼女の代表作を紹介しましょう。

日本でも受け入れられるエキゾチックな美貌を持つ、オルガ・キュリレンコ

olga-kurylenko-widescreen-wallpaper-spots-photos-image-17780
出典:http://ja.desktopwallpaperhd.net/

1979年、ウクライナで生まれたオルガ・キュリレンコ。スペイン語、英語など6か国語を話すことができ、まさに才色兼備。13歳の時にモスクワでスカウトされ、16歳からはフランスでモデルとして活躍していました。
2005年に映画で初主演を果たし、2008年には007のボンドガールに抜擢されます。

ボンドと共に敵を追うボンドガール登場!『007/慰めの報酬』

100789_003
出典:http://kaigaijin.com/

恋人を殺されたジェームズ・ボンドは、彼女を操っていたMr.ホワイトからドミニク・グリーンという男に辿りつきます。慈善団体代表者のグリーンは、裏ではクオンタムという組織でボリビアの天然資源を手に入れ、世界の支配を企んでいました。ボンドはカミーユという美女と手を組み、グリーンへの接近を試みるのでした。

前作『007/カジノ・ロワイヤル』の続編となる、ダニエル・クレイグ版ボンドの第2作目です。エキゾチックでワイルドさが魅力のボンドガール、カミーユをオルガ・キュリレンコが演じました。

フランスを舞台にした美しいラブストーリー『トゥ・ザ・ワンダー』

フランスのモンサンミシェル。ニールとマリーナはここで出会いました。作家を目指すニール、一人で娘を育てるマリーナ。ふたりはアメリカで穏やかに暮らし始めますが、マリーナの離婚はいまだ成立していませんでした。娘のタチアナはアメリカの生活になじめず、ニールとマリーナの心も次第に離れはじめるのでした。

ベン・アフレック、オルガ・キュリレンコが共演したラブストーリーです。2人の心の移り変わりと共に、フランスの優美な風景も楽しめます。

誰もいないはずの地球で紐解かれる謎とは…『オブリビオン』

100789_004
出典:https://www.reddit.com/

近未来の地球はかつての異星人との戦いにより、すっかり荒廃していました。人類は他の星へ移住し、ハーパーとヴィクトリアが地球に残り上空からの監視を続けています。2人にはなぜか昔の記憶がありませんでした。
ある日、墜落した宇宙船から助け出した女性・ジュリアを見てハーバーは驚きます。彼女はハーバーの夢に現れる女性であり、初対面にも関わらずジュリアは彼の名を呼んだのです。さらに、誰もいるはずのないエリアでビーチという男にも出会うのでした。

トム・クルーズ主演、そして謎の女性ジュリアをオルガ・キュリレンコ、ビーチをモーガン・フリーマンが演じました。無機質ながら美しい住居や風景が目を引き、ラストにかけて切ない真実も明らかになります。

伝説のスパイが再び挑むのは国際的な陰謀『スパイ・レジェンド』

Olga Kurylenko
出典:http://www.iowanazkids.org/

かつてのCIAエージェント、ピーター・デベローは引退後はスイスでのんびり暮らしていました。しかし、昔の仲間であり恋人であったナタリアが狙われていると耳にします。救出に向かうピーターでしたがナタリアは殺されてしまい、それを実行したのは同じエージェントであるメイソンだったのです。次期ロシア大統領選に絡む汚職にCIAが関係していると知ったピーターは、真相解明に乗り出すのでした。

ピアース・ブロスナン主演のアクション映画です。オルガ・キュリレンコは、ピーターと共に情報を集めるソーシャルワーカーのアリスを演じました。

見知らぬ国へ向かう父を動かすのは息子たちへ想い『ディバイナー 戦禍に光を求めて』

第一次世界大戦で多くの死者を出したトルコ・ガリポリの戦い。それから4年後、参戦していた息子たち3人の行方を探すためにジョシュア・コナーはトルコへと向かいました。
イスタンブールの宿の女主人アイシェ、トルコの軍人であるハーサンなどとの出会い、少しずつ息子たちの手掛かりを得ていきます。

ラッセル・クロウ主演であり、彼の初監督作品でもあります。オルガ・キュリレンコはコナーを支える美しい宿の女主人を演じました。

いないはずの恋人から次々届く”愛”…『ある天文学者の恋文』

天文学者であるエドとその教え子のエイミーは、こっそりと愛を育んでいました。しかしエイミーはある日突然、エドの訃報を知ります。
大きなショックをうける彼女の元に、エドからの手紙やプレゼントが届きます。エイミーはそれを辿り彼の住んでいたエジンバラを訪れるのですが…。

2016年9月22日(木・祝)公開予定の作品です。監督は『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ。ジェレミー・アイアンズ、オルガ・キュリレンコが周りには秘密の恋人同士として共演しました。夜空に輝く星の神秘と2人の愛がロマンチックなミステリーであり素敵なラブストーリーです。

サブ2(軽)

凛としたたたずまいは女性の憧れでもあり、そんな雰囲気も持ったオルガ・キュリレンコ。サスペンス、ラブストーリー、SFとジャンルも様々でどれを見ても楽しめる作品ばかり。ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょう?

『トゥ・ザ・ワンダー』
©2012 REDBUD PICTURES, LLC

『ディバイナー 戦禍に光を求めて』
©2014 DIVINER HOLDINGS PTY LTD, RATPAC ENTERTAINMENT LLC,
NETWORK INVESTMENT HOLDINGS LIMITED, SEVEN NETWORK (OPERATIONS) LIMITED AND MEGISTE FILMS PTY LIMITED

『ある天文学者の恋文』
9月22日(木・祝) TOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次ロードショー
© COPYRIGHT 2015 – PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.

【関連記事】
◆『007』シリーズからの引退を発表!?サム・メンデス監督の名作をプレイバック!
◆飽くなき女優魂!オスカー女優・シャーリーズ・セロンの役へのこだわりが凄すぎる

Facebookコメント

Return Top