CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

世界で最もセクシーなイケメン!ジェイミー・ドーナンのおすすめ出演映画作品

100749_001
出典:http://weneedfun.com/

私生活ではキーラ・ナイトレイなどとの交際を経て、今では幸せな家庭を築き2児のパパでもあるジェイミー・ドーナン。2014年には”100 Most Handsome Faces 2014”で、世界のハンサムフェイス堂々の1位に輝いています。
モデル出身の容姿端麗さを生かし、映画界でも人気急上昇の彼の作品を紹介します。

これからどんどん話題作出演の予感がするイケメン俳優、ジェイミー・ドーナン

100749_002
出典:http://fifty-shades-of-grey-shop.net/

ジェイミー・ドーナンは1982年に北アイルランドで誕生した、イギリス人俳優です。アルマーニ、ディオールなどのモデルとして活躍し、2005年にロサンゼルスへ。そして、俳優の道を歩みだしました。
2015年公開の『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』では、端正な容姿と大人の色気でアブノーマルな世界を見事に表現し、世界中の女性の注目を浴びました。

さすが、モデル出身。座っているだけで素敵!

さすが、モデル出身。座っているだけで素敵!


出典:http://www.playbuzz.com/

女子目線で描かれたアントワネットの人生『マリー・アントワネット』

100749_004
出典:http://fiftyshadesupdates.blogspot.jp/

1770年代初頭。フランス国王ルイ16世(ジェイソン・シュワルツマン)のもとに嫁いだマリー・アントワネット(キルスティン・ダンスト)。しかしふたりの間には夫婦生活がなく、不満を持ったアントワネットは豪遊することでストレスを発散。ある日であったフェルセンと恋に落ちます。
ところが、フランスが財政難に陥り民衆の不満はアントワネットに向けられ、とうとうフランス革命が起こるのでした。

ソフィア・コッポラ監督が描く、パステルカラーでガーリーテイストのフランス王朝が女子たちの話題をさらった2006年の作品。アカデミー賞では衣装デザイン賞に輝きました。ドーナンは映画初出演にして、アントワネットの恋人となるフェルセンを演じました。

クールな証券マンが予想外の恋に翻弄される物語『不都合な契約』

100749_005
出典:https://umdaaa.wordpress.com/

ニューヨークにある証券会社勤務のやり手のビジネスマン、コリン(ジェイミー・ドーナン)。大金が動く契約を他社にとられてしまった会社は、コリンに取り返してくるよう命じます。コリンは目的達成のために、美しい女性イザベル(シャルロット・デ・ブライネ)に近づきますが、彼女の純真さに心から惹かれてしまいます。

2014年のドーナン主演作品です。仕事命のクールなビジネスマンと純粋な女性との大人のラブストーリー。

女性のための官能小説を映画化した刺激的なラブストーリー『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

女子大生のアナ(ダコタ・ジョンソン )は、学生新聞の記者として大企業のCEOであるクリスチャン・グレイ(ジェイミー・ドーナン)にインタビューをすることになります。取材を通して、アナは若くして成功したクリスチャンに惹かれはじめ、クリスチャンもまたアナを意識し始めます。
しかし、クリスチャンは人には言えない性的嗜好の持ち主だったのです。

ドーナンの俳優としての知名度が急上昇した2015年のヒット作。監督サム・テイラー=ジョンソン、制作ケリー・マーセルという女性メインのスタッフで制作され、女性のための官能映画としても話題になりました。

サブ2:グレイ

日本では、過激な性描写のために修正後の作品をR15+指定として公開となりました。しかしオリジナルを見たいという要望が多かったため、後にR18+バージョンも一部劇場にて公開されました。

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編である『フィフティ・シェイズ・ダーカー』の公開を来年に控えているジェイミー・ドーナン。次はどんなセクシーな姿を見せてくれるのか、楽しみですね!

『マリー・アントワネット』
©2005 I Want Candy LLC.

『不都合な契約』
© 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
©2015 Universal Studios.

【関連記事】
◆ピープル誌「最もセクシーな男」に選ばれた男たちの出演作をチェックして癒されよう
◆『ハイスクール・ミュージカル』の主人公・トロイでおなじみ!ザック・エフロンの魅力

Facebookコメント

Return Top