CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

主演・山田涼介『ナミヤ雑貨店の奇蹟』公開日決定!「東野圭吾史上、最も泣ける」感動作待望の実写映画化!

山田涼介×西田敏行の初共演で贈る『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の公開日が9月23日(土)に決定!
さらに、大ヒット作『君の名は。』、『言の葉の庭』、『秒速5センチメートル』を手掛けたコミックス・ウェーブ・フィルムが、ノスタルジックで美しい本作の世界観をイメージして描いたティザービジュアル第一弾が発表されました!

全世界500万部を誇る東野圭吾の大ベストセラー待望の”実写映画化”!


本作は、どんな“悩みの相談”にも乗り、真剣に答えてくれる雑貨店「ナミヤ雑貨店」の物語。
2012年のある日、悪事を働いた敦也(山田涼介)たちは、今は廃業して廃墟となった雑貨店に逃げ込み、朝まで雑貨店で過ごすも、深夜、郵便受けに手紙が投げ込まれた事に気づきます。それは、32年前の人が書いたナミヤ雑貨店に宛てた悩み相談の手紙。信じられないことにこの郵便受けは32年前の1980年とつながっているのでした。時空を超えて繋がる人々の思いと運命─。ナミヤ雑貨店に起きる<一晩だけの奇蹟>は涙なしには観られません。

そんな『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のティザービジュアル第一弾を『君の名は。』、『言の葉の庭』、『秒速5センチメートル』をはじめとした作品を手掛けてきたコミックス・ウェーブ・フィルムが担当。実写と見紛うような繊細なタッチで、本作の舞台である「ナミヤ雑貨店」のどこか懐かしく温かいイメージと、何かが起こりそうな心高鳴る予感を見事に表現したビジュアルが完成しました。この雑貨店にどんな奇蹟が起きるのか?謎めいたストーリーと、ファンタジックな展開、最後に訪れる深い感動を予感させるに相応しいビジュアルに仕上がっています。

国内のみならず海外でも評価が高く、東野圭吾史上最も泣ける感動作。待望の実写映画でメガホンを取るのは、廣木隆一監督(『余命1ヶ月の花嫁』『PとJK』)。斉藤ひろし(『余命1カ月の花嫁』『娚の一生』)が脚本を担当。さらに、主人公の敦也役には、Hey! Say! JUMPのメンバーで、映画・テレビドラマなど幅広いフィールドで活躍中の山田涼介さん。また、ナミヤ雑貨店の店主で、人々からの悩みにこたえる浪矢雄治役に日本映画界を代表する演技派俳優の西田敏行さん。”平成世代””昭和世代”を代表する2人が初共演する超豪華キャストで人間の絆と奇蹟を描き、日本映画界に新たな感動作を贈り出します。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は、9月23日(土)より全国公開です。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』ストーリー

2012年。少年時代を養護施設で過ごした敦也は、幼馴染の翔太、幸平と悪事を働いて1軒の廃屋に逃げ込む。そこはかつて人々が悩み相談をすることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しているはずだったが、シャッターの郵便受けに何かが投げ込まれる音を聞く。それは、悩みを持つ人からの相談の手紙だった。何と、その手紙は1980年に書かれたものだった。敦也たちは戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、その背景にある敦也たちがいた養護施設と浪矢の知られざる関係。
そして、これまで誰かの為に何かを真剣に考えたことなど一度もなかった3人が気付いていく他者とのつながり。
敦也たちが雑貨店の秘密をすべて知った時、1980年にいる浪矢との手紙のやり取りでもう一度再生する希望をもつ。
悩みを相談した人々をつなぐ奇妙な運命。その日、敦也たちに起きたのは、時空を超えたたった一夜だけの奇蹟だった。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
9月23日(土) 全国公開
原作:東野圭吾
出演:山田涼介、西田敏行
監督:廣木隆一
脚本:斉藤ひろし
配給:KADOKAWA/松竹 (共同配給)
映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』公式サイト
©2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

【関連記事】
◆山本美月×伊野尾慧 W主演『ピーチガール』世界の歌姫カーリー・レイ・ジェプセン、日本映画初の主題歌に決定!!

Facebookコメント

Return Top