CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

頭を空っぽにして観よう、ザ・ハリウッドなおすすめ洋画4選

WPなんにも考えたくない、そんな時は頭をからっぽにして見られるザ・ハリウッドな洋画がおすすめ

大ヒットシリーズ第3作目!ついに閉館(ファイナル)!『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』


博物館の展示物に命を吹き込む石板(タブレット)が魔力を失いつつある。その事実を知ったラリーと息子たちは、石板の一番最初の持ち主がいるロンドンの大英博物館へ。彼らが想像もしていなかった運命が待ち受けていることを知らずに…。

■みんなのレビュー
人気シリーズの第3弾。今回もおなじみのキャラクターたちに加えて新しいキャラクターも登場しています。
子供から大人まで家族で楽しめそうな内容です。大好きなシリーズで、去年亡くなったロビン・ウィリアムズの演技もまだまだ見たかったのですが、今回で見納めです。ロビン・ウィリアムズの最後の演技を十分楽しませて貰いたいと思います。/yasu

 

シュワちゃんのターミネーターが戻ってきた!『ターミネーター:新起動/ジェニシス』


2029年、人工知能の反乱によって人類は滅亡の危機にあった。人類抵抗軍のリーダー、ジョン・コナーは、敵がジョンの母、サラ・コナーを抹殺するべく殺人マシンである「ターミネーター」を過去に送り込んだことを知る。サラの命を守るために同志カイル・リースを1984年へと送り込むが、すでにすべてのタイムランがリセットされており、過去と未来は完全に書き換えられていたのだった。
人口知能“ジェニシス”の起動 が迫る中、人類滅亡「審判の日」へのカウントダウンが始まろうとしていた。もはや人類の運命は、サラ・コナーと、彼女の守護神〈ガーディアン〉となったT-800型ターミネーターにゆだねられていた。

■みんなのレビュー
ターミネータージェネシスというターミネーターシリーズの第5弾が夏に公開されますが、アーノルドシュワルツェネッガーが出てくるので今からわくわくします。アクションシーンも楽しみですが、ターミネータとしての動きはシュワちゃんでなければ迫力がありません。予告篇には第2段で登場した液体金属型ターミネータもでてくるので対決することが期待できます。銃で撃たれてもすぐに復元するので手ごわい相手ですが、シュワちゃんならまたやっつけてくれると思っています。
ターミネータのテーマ曲も大好きなので、早く見てみたいです。/papizou

 

あのテーマパークが20年の時を経てついにオープン!『ジュラシック・ワールド』


ついにオープンを迎えたテーマパーク、「ジュラシック・ワールド」。大盛況にも関わらず、さらなる入場者増加策として、T-REXなど数種類の恐竜の遺伝子を組み合わせた新種、インドミナス・レックスが誕生する。ところが知能が高いうえに凶暴なインドミナス・レックスが脱走しパーク内は大混乱に。「ジュラシック・ワールド」は一体どうなってしまうのか?

■みんなのレビュー
ジュラシックパークからワールドになって迫力が増しました。大きな恐竜が襲ってくる姿はやはり恐怖を感じます。街に恐竜たちが流れだし人を襲っている姿は怖くなります。人間のエゴで自然の秩序を壊すとどうなるかということを訴えているのだと思います。どうやってあのパニックを終わらせるのか予想できません。/なおっちいっち

 

え、まさか空から!?『ワイルド・スピード SKY MISSION』


前作でドミニクたちと激しいバトルを繰り広げたオーウェン・ショウ。その兄であるデッカード・ショウが、一国の軍隊と変わらぬ兵力を持って弟の仇を打つべく現れた。強大な敵を目の前に、ドミニクら最速メンバーは、最後の戦いに挑む。

■みんなのレビュー
アクションとカーアクションを組み合わせた人気シリーズの新作です。タイトルにSKYMISSIONとついているのでまさかとは思いましたが、今作では空も飛んじゃいます。相変わらずの銃撃戦と爆破シーンは他のアクション映画の追随を許しません。車でビルに突っ込んじゃうシーンは見ている側もメチャメチャ怖いです。前作でシリーズも終了すると思っていたので新作には今まで以上に期待しています。/むろ

 

『ナイト ミュージアム エジプト王の秘密』
(c) 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation
『ターミネータージェネシス』
(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
『ジュラシック・ワールド』
(C) UNIVERSAL STUDIOS & AMBLIN ENTERTAINMENT, INC.
『ワイルド・スピード SKY MISSION』
(C) 2014 Universal Pictures

Facebookコメント

Return Top