CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

9月公開『オーバー・フェンス』にも出演。見る者を惹きつける女優・蒼井優のおすすめ出演映画

蒼井優
出典:http://topicks.jp/

不思議な魅力で見るものを惹きつける女優・蒼井優さん。優しげな表情の奥に垣間見える芯の強さが魅力的です。今回は蒼井優さんのおすすめ出演映画をご紹介します。

蒼井優の不思議な魅力を堪能できる『ハチミツとクローバー』

img_0 (16)
出典:http://eiga.com/

貧乏ながらも学生生活を謳歌する美大生たちの元に、新たな仲間“花本はぐみ”がやってきます。“はぐ”と呼ばれる彼女の絵は、ダイナミックで独創的なものでした。次第にはぐの才能、そして人柄に惚れ込んだ彼らの間で、複雑な恋愛模様が動き出します。

蒼井優さんが挑んだのはヒロインの花本はぐみ役です。小柄で儚げな印象の外見からは考えられないほど、ダイナミックな作品を生み出す演技を見せてくれます。

特訓を積んだ迫力のダンスシーンが見どころ『フラガール』

フラガール
出典:http://www.hawaiians.co.jp/

炭鉱の規模縮小に伴い活気を失った町で、起死回生の策として「常磐ハワイアンセンター」の立ち上げが計画されます。目玉であるフラダンサーの募集を見た早苗は、友人の紀美子と共に説明会へ出かけることに。しかしそこで見せられた説明ビデオには、きわどい姿で激しく踊るダンサーたちの姿がありました。その姿に応募者たちはたちまち逃げ出し、結局残ったのは早苗と紀美子を含む4人だけでした。

蒼井優さんは、フラガールを目指して激しい練習に挑む紀美子役を演じています。この役に挑むため、3ヶ月もの特訓を積みました。厳しい練習の末に撮影された迫力のダンスシーンは必見です。

不器用ながらも成長していく主人公を好演『百万円と苦虫女』

21歳の佐藤鈴子は、短大を卒業したものの就職に失敗。アルバイトで食いつないでいました。友人から持ちかけられたルームシェアもこじれてしまい刑事告訴される事態に陥ってしまいます。家に居づらくなった鈴子は「百万円貯まったら出ていく」と宣言。宣言通り百万円を貯めた鈴子は、町から町へ百万円を貯めては出ていく生活を送ることにします。

蒼井優さんが主演の佐藤鈴子役を務めている作品です。不器用な若者の成長を好演しています。共演に笹野高史さんや森山未來さんなど、深みのある演技が特徴の役者が揃っています。

豪華キャストと共演した家族ドラマ『東京家族』

瀬戸内海の島で暮らす周吉ととみこの夫婦は、息子たちに会うためはるばる東京までやってきます。おっちょこちょいな次男・昌次としっかり者で開業医を営む長男・幸一、長女の滋子、そして孫たちとの再会を喜ぶ周吉ととみこでしたが、どこか噛み合わない時間を過ごします。

蒼井優さんが演じるのは、妻夫木聡さん演じる次男・昌次の婚約者・間宮紀子です。橋爪功さんや西村雅彦さんをはじめとする名優たちとの共演が見どころです。

成長した蒼井優が見せる大人の魅力『オーバー・フェンス』

妻に逃げられた白岩は、東京から故郷の函館に戻ってきます。しかし実家には顔を見せず、失業保険を貰って職業訓練校に通う日々を送っていました。ただ日々を過ごしていた白岩は、同じく職業訓練校に通っている代島とキャバクラに行くことに。そこで聡という変わった名前のホステスと出会います。

本作では聡(さとし)という変わった名前を持つホステスを演じている蒼井優さん。不思議な雰囲気はもちろん、成長した大人の魅力も感じさせてくれます。

オーバー・フェンス:サブ2 (1)

蒼井優さんのおすすめ出演映画作品をご紹介しました。いかがでしたか?
2017年夏公開の映画『東京喰種』の出演することが発表された彼女!これからも進化を続けていく彼女の活躍から目が離せません。

『ハチミツとクローバー』
©2006 「ハチミツとクローバー」フィルムパートナーズ

『フラガール』
©2006 BLACK DIAMONDS

『百万円と苦虫女』
©2008「百万円と苦虫女」製作委員会

『東京家族』
©2013「東京家族」製作委員会

『オーバー・フェンス』
© 2016「オーバー・フェンス」製作委員会

Facebookコメント

Return Top