CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

名作揃い!タイトルに“東京”と付く映画をまとめてみた

アイキャッチ

“東京”という言葉にどんなイメージを持っていますか?都会的、高層ビル、あるいは下町の原風景など、一口に東京といっても様々なモチーフがあると思います。今回はそんな“東京”とタイトルに付く映画作品をまとめてみました。

親子の絆を描いたベストセラー小説の映画化『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

100778_002
出典:http://pgm.miyazaki-catv.ne.jp/

飲んだくれのオトンの元を離れてオカンの故郷で過ごし、女手一つで育ててもらったボク。しかし美術高校から東京の美大へと進学して、オカンからの仕送りで暮らすボクは、卒業後就職もせずに遊び暮らしていました。借金がかさみ、やっとその暮らしから抜け出す決心をしたボクは、生活がまともになるまでオカンとの連絡を絶とうと決心します。そしてコラムニスト兼イラストレーターとして暮らしていけるようになるのですが、久しぶりに連絡をとったオカンはがんに侵されていたのでした。そして、ボクはオカンを東京に呼び、共に暮らし始めます。

2007年の日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いた映画です。原作はリリー・フランキーの自伝小説です。主演は、オダギリジョー、そしてそのオカンを樹木希林が演じました。

たった1人の女性は、強くしたたかに生きていく『東京島』

100778_003
出典:http://plaza.rakuten.co.jp/

結婚20周年記念にクルーザーでの旅に出た清子と隆。しかし、嵐に遭い無人島に漂着します。隆は生きる意欲を失くす一方、清子はどうにか生き抜こうとして救助を待つ日々。そんな時、若い男性16人がその島に流れ着きます。さらに密航に失敗した中国人も加わり、女1人と男23人が共に生活を送ることになります。
島は”東京島”と呼ばれ、清子はまるで女王のように扱われ始めるのでした。

2010年、桐野夏生の同名小説を映画化した作品です。主演の木村多江の野性的な美しさが際立ち、共に暮らす男性陣には窪塚洋介、柄本祐、福士誠治、染谷将太などがキャスティングされています。

都会の中で、1人で生きていく女子のお話『東京無印女子物語』

100778_004
出典:http://www.crank-in.net/

大学への進学を機に上京してきたのぞみは、壮太と同棲中。スローテンポでなかなか東京のスピードについていけない彼女は、マイペースな壮太との暮らしにズレを感じていました。そんな時、高校の同窓会で憧れていた早瀬と再会します。

2012年、若手の作家たちの共作コミックが原作となる2部構成の作品です。地方から上京し、頑張っている女子のストーリー。1部が谷村美月、2部が柳めぐみ主演となっています。よくある日常をカメラで追っているような、見ていると映画の中の登場人物を自分や友人と重ねてしまうようなそんな映画です。

どこにでもある家族の中の煩わしさや愛しさを描いた『東京家族』

100778_005
出典:http://eiga.com/

瀬戸内海に住む周吉、とみこ夫妻は、子供たちの住む東京にやってきます。迎えに来るはずの次男・昌次は見当たらず、タクシーで長男・幸一の家に辿りついた周吉たち。久しぶりに孫にも会うことができ、夜には家族がそろって食事となります。

2013年、山田洋次監督の作品です。橋爪功、吉行和子と言ったベテラン俳優に加え、蒼井優、妻夫木聡など若手の演技派が揃いました。東京を訪れた老夫婦と子供たちとの絆に、ほろりとくる映画です。

堕ちて堕ちて、とことん堕ちていく男のストーリー『東京難民』

ある日、自分が知らない間に大学を除籍になっていた事実を知った修。アパートも追い出され、ネットカフェに住みつき日雇いのバイトでどうにか生きながらえています。しかし、給料が入り飲んでいたところを瑠衣という女に騙されてホストクラブで高額請求されてしまった修。当然払うことができず、ホストとなりお金を返す羽目になります。しかし、またしても瑠衣に騙されて…。

2014年、主演に中村蒼を迎えて『ツレがうつになりまして。』の佐々部清監督がメガホンをとった問題作です。

華やかなPR会社を舞台にした女子への応援歌『東京PRウーマン』

玲奈は友人の美晴と参加した合コンで、自分はPR会社に勤めていると嘘をついてしまいます。
それをきっかけに本当にPR会社の面接を受け、ろくな受け答えしかできなかったにもかかわらず採用されます。入社した玲奈は、アメリカからやってくるポップコーンの商品PRに斬新なアイデアを提案し採用されます。マスコミにもとりあげられ一躍有名人となった玲奈でしたが、商品発表会の日にゲストタレントを怒らせてしまい…。

2015年に公開された、頑張る女子のサクセスムービー。主演は、CMやドラマで活躍中の山本美月。イケメンだけれど嫌な上司を演じるのは、山本裕典です。

東京PRウーマンサブ2(S)

2017年に公開予定の窪田正孝主演『東京喰種』(とうきょうグール)もまた、”東京”と付く映画で待ち遠しい作品のひとつです。
調べてみると意外とたくさんある”東京”映画、新旧合わせて楽しんでみてくださいね。

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
©2007「東京タワー ~o.b.t.o~」製作委員会

『東京島』
©2010「東京島」フィルムパートナーズ

『東京無印女子物語』
©2012映画「東京無印女子物語」partners

『東京家族』
©2013「東京家族」製作委員会

『東京難民』
R15+
©2014『東京難民』製作委員会

『東京PRウーマン』
©2015 「東京PRウーマン」製作委員会

Facebookコメント

Return Top