CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

最後のどんでん返しがたまらない!オチが秀逸なおすすめ映画4選(ネタバレあり)

最後にきっとびっくりしちゃう、伏線はりまくりの末のどんでん返し。
オチが秀逸すぎるおすすめの映画4選です。一部ネタバレを含みます。

宇宙の距離を挟んで描かれる親子愛『インターステラー』


人類は滅亡するために、生まれたわけではない。
舞台は、現実に起こりうるそう遠くない未来。世界的な食糧飢饉、劇的な環境変化によっ­て、地球の寿命は尽きかけていた。生きて帰れるか分からない、重大な使命を担う壮大な­旅に選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男クーパーと、女性生物学者のア­メリアを含む数少ないクルーのみ。彼らは、居住可能な新たな惑星を探す為、前人未到の­未開の地へと旅立つ。それは人類の限界を超える不可能にも思える史上最大のミッション­。果たして彼らは、自らの使命を全うし、愛する家族の元へと生還することが出来るのか­。

■みんなのレビュー
クリストファー・ノーラン監督の最新作(しかもSF!)という事で、楽しみに劇場へ出かけました。近未来、マシュー・マコノヒー演じる主人公が人類の存続をかけて宇宙に旅立つ、、、というドSFなものかと思って観始めたのですが、蓋を開けたら父娘のヒューマンドラマで、遠くに住む父親のいる私(女)は最後はずっと涙が止まりませんでした。
宇宙空間の描写は事前に「ゼロ・グラビティ」を見てしまっていたため既視感がややあったのですが、最後に出てくる五次元空間やコロニーの表現が個人的にはSFらしく好きでした。宇宙、未来、愛情、、、劇場を出たあとも映画について色々と感想を誰かと語りたくなる1本でした。/setoka

 

平凡な男が首相暗殺犯に!?『ゴールデンスランバー』

200出典:http://eiga.com/movie/54556/
仙台での凱旋パレード中に首相が暗殺された。平凡な宅配ドライバーである青柳は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。旧友は爆発に巻き込まれ、顔はメディアで公表されてしまう。
やむなく逃亡するものの、でっち上げられた証拠によって追い詰められていく。
そんな青柳が頼りにできるのは、自分を以前から知っている人たちだが・・・。

■みんなのレビュー
非常に面白かったです。謎も多い、ツッコミどころも満載かもしれないけど、流れるようなエンターテイメント性にハラハラ、ドキドキ、最初に置かれたエレベーター内のシーンの伏線が最後に解かれた時にはハッとしました。大変な状況なのに、なぜか全編に渡り爽やかな感じがしたのは、堺雅人さんのキャラクターによるものか、ストーリー内に流れる友情によるものか。花火が上がるシーン、良かったです。
原作を読んでいなくて、事前の知識もなくて突然見ましたが、それが先入観なく見れて良かったのではないかと思います。/りりかな

 

何が夢で現実なのか?『インセプション』


コブは、人が一番無防備になる状態である夢に入っている時に潜在意識の奥底まで潜り込み、他人のアイデアを盗み出すという、危険極まりない犯罪分野において最高の技術を持つスペシャリストである。コブとそのチーム裏切りに満ちた企業スパイの世界において引っ張りだこの存在となっていた。
「インセプション」と呼ばれるアイデアを”盗み出す”のではなく他人の潜在意識に入り込み、ある考えを”植えつける”という任務を開始するコブ達。しかし最高の技術を持ち、細心の注意を払って準備を行ったが、予測していなかった展開が待ち受けていた。
彼らの動きを全て先読みする手強い敵と対戦する準備は到底できていなかったのだ。
その敵の存在を予見できたのはコブただひとりだった。

■みんなのレビュー
夢の中に入っていくレオナルド・デカプリオの物語です。
夢の夢の中という風に入れ子状になっていてどんどん複雑になっていく面白い映画です。
構想にかなり時間をかけたそうで数学的な要素があって考えながら見るアクションという感じです。出演者には渡辺謙も出ていて日本人としては少し嬉しかったです。/べるりーな

 

“正反対な二人が立場を入れ替えてしまう!?『鍵泥棒のメゾット』

sub1_large出典:http://eiga.com/movie/57323/
貧乏役者の桜井武史は銭湯で、石鹸で滑って頭を強打して意識を失ったプロの殺し屋である山崎信一郎の脱衣場のロッカーの鍵を拾う。脱衣場で居合わせ、彼のロッカーを開けた桜井は、山崎の羽振りの良さを見て、山崎の全ての鍵と自分の全ての鍵とをすり替える。桜井は山崎の金を勝手に使い、好き勝手に暮らすが、本物の山崎と間違えた暴力団に、殺しの依頼を頼まれる。
頭を強打した事で記憶を失った山崎は、自分が「桜井武史」だと思い込み、俳優として活動し出す。偶然雑誌の編集長をしている水嶋香苗と出会う。何度か会う内に香苗に心打たれ、心を通わせる山崎。
一方で、山崎に扮した桜井は、殺人依頼の対象である井上綾子に一目惚れをしてしまう・・・。

■みんなのレビュー
とにかくおもしろいの一言です!
キャラクターは結婚相手がいないのに結婚する日を決めてしまうヒロインに記憶を無くしてしまう男とグータラな男の三人で展開していく物語です。予想のつかない展開に、どんどん惹きこまれ、面白かったです。最後のシーンは本当に最高の一言!/しゃーぺんぎん

 

『インターステラー』
(C) 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.
『ゴールデンスランバー』
(C)2010「ゴールデンスランバー」製作委員会
『インセプション』
(C) 2010 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
『鍵泥棒のメソッド』
(C) 2012『鍵泥棒のメソッド』製作委員会

Facebookコメント

Return Top