CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

2016年公開予定!マンガ実写化映画・期待の5選

01 (5)
出典:http://www.cinra.net/news/gallery/82468/4/
今年も人気作・問題作の実写版が多数公開予定

原作に勝るとも劣らない名作や、ファンをガッカリさせるものなど観る側にとっても、ある意味ギャンブルと言える「マンガ原作の実写化映画」。2016年もたくさんのタイトルが公開を控えています。今回はその中でも、特に期待の5タイトルをピックアップしました。

『珍遊記』



女性に不評なLINEスタンプとしても有名な作品です

独特のタッチとナンセンスな展開、常識はずれの手法でコアなファンから絶大な人気を誇る「漫☆画太郎」。これまで不可能と言われていた初期の迷作?が20年以上の時を経て、まさかの実写化!主人公一行が天竺を目指すという「西遊記」をモチーフにした原作ストーリーは、パロディと呼ぶことすらためらってしまうほどのお下劣さでした(笑)。主人公「山田太郎」を演じるのは松山ケンイチさん。そして、凶暴な太郎を法力で抑えつつ、旅の供に加える僧侶「玄じょう」役には倉科カナさんを迎え、他にも溝端淳平さんや温水洋一さんといった豪華キャスト陣が集結。原作を知る人たちからは「本当に大丈夫?」と早くも心配の声が聞こえてくる本作、いったどんな映画になるのでしょうか?

原作:漫☆画太郎「珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち」(集英社 週刊少年ジャンプ) 
配給:東映
公開:2016年2月27日(土)
映画公式サイト:http://chinyuuki.com/

『僕だけがいない街』



2016年1月より先行放映中のTVアニメも好評

藤原竜也さんが演じる29歳の主人公「藤沼悟」は売れない漫画家です。フリーターとして生計を立てている彼は、現在の記憶を持ったまま現在と、少年時代を行き来するタイムリープ能力「再上映(リバイバル)」の持ち主でもありました。ある日、母親との買い物中にリバイバルが発動、それを遠因として母親が殺害され、犯人に仕立て上げられてしまいます。殺害を事前に阻止するために能力を駆使してゆく中で、かつてクラスメイトを失った連続小学生誘拐殺害事件の真犯人と母親を殺害した犯人が同じ人物であることを確信するのですが…。ヒロイン「片桐愛梨」役の有村架純さん他、再現度が高いと評判のキャスティングで展開されるSFミステリー、原作ファンならずとも必見です!

原作:三部けい「僕だけがいない街」(角川書店 月刊ヤングエース連載中) 
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開:2016年3月19日(土)
映画公式サイト:http://www.bokumachi-movie.com/

『アイアムアヒーロー』

01 (5)

仕事も恋もうまくいかない日常が突如崩壊してゆき…

大泉洋さん演ずる35歳の主人公「鈴木英雄」は漫画家です。仕事も恋愛もうまくいかず、アシスタントとして生計を立てる毎日。ある日、徹夜仕事を終えた彼を待っていたのは変わり果てた彼女の姿でした。謎のウイルスが爆発的に蔓延し、人々は理性なきゾンビのような食人鬼「ZQN(ズキュン)」へと変貌、日本全土が感染パニックへと陥ります。ZQNに噛まれると自身も感染する恐怖の中、英雄は標高の高い場所なら感染しないという不確かな情報を信じて、富士山へと向かいます。有村架純さん演ずる女子校生「比呂美」、長澤まさみさんが演じる看護士「薮」との出会いを経て、これまでにないスケールで展開される極限のサバイバルホラーは「日本のゾンビ映画」として海外でも高く評価され、第48回シッチェス国際映画祭では二冠を達成しました。

原作:花沢健吾「アイアムアヒーロー」(小学館 週刊ビッグコミックスピリッツ連載中) 
配給:東映
公開:2016年4月23日(土)
映画公式サイト:http://iamahero-movie.com/

『ヒメアノ〜ル』

01 (5)


「ヒミズ」に続き、古谷実の問題作が原作と異なる視点で展開

原作とは異なり、映画での主人公は「森田正一」。演ずるのはV6の森田剛さんです。そして原作での主人公・お人好しな青年「岡田進」は濱田岳さん、ヒロイン「阿部ユカ」は佐津川愛美さんがそれぞれ演じます。岡田は、同僚の安藤からカフェ店員のユカに対する恋の相談を受けているうちに、いつの間にか自身がユカと付き合うことになります。安藤への気まずさはあるものの、平凡な日常生活に幸せを感じていました。しかしある日、ユカからストーカーの相談を受け、調べてゆくうちにその犯人は高校の同級生だった森田であることが判明します。そして、森田は欲望のままに次々と快楽殺人を行うサイコキラーで、次の標的としてユカを狙っていることが分かり…。

原作:古谷実「ヒメアノ〜ル」(講談社 週刊ヤングマガジン) 
配給:東映
公開:2016年5月28日(土)
映画公式サイト:http://www.himeanole-movie.com/

『3月のライオン』

02 (3)
出典:http://sf-mitu.link/march-of-lion2
主人公の心理が情感豊かに描かれる原作の一コマ

「ハチミツとクローバー」でおなじみの羽海野チカが描く、将棋を題材とした群像劇「3月のライオン」がついに、TVアニメ&実写映画化されることが正式発表されました。幼い頃に交通事故で家族を失い、父の友人であったプロ棋士「幸田」に内弟子という形で引き取られた主人公「桐山零」。才能を開花させ、史上5人目の中学生プロ棋士になるものの、同じく将棋の道を歩む幸田の実子たちを慮って、中学卒業と同時に家を出て一人暮らしを始めます。その後、一年遅れで高校へ進学するものの、消極的な性格から周囲に溶け込めず校内で孤立、将棋でも結果を残せず停滞する日々が続きます。そんなある日、橋向かいの三月町に住む川本家の姉妹と出会い、交流を重ねてゆくことで、孤独を抱えていた彼の心境は次第に変化してゆき…。
TVアニメは今秋より、NHK総合テレビにて放送予定との発表がありましたが、実写版についての詳細はまだ発表されていません。キャスティングを含め、一体どんなものになるのか続報が待ち遠しいところです。

原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社) 
配給:東宝=アスミック・エース
公開:2017年
映画公式サイト:http://3lion-movie.com/

今回紹介したタイトルの原作はいずれも名作と呼ばれるものばかり。そのため、実写映画での成功ハードルが他と比較して高い傾向があるようです。熱心なファンが多い故に、常に賛否両論があるマンガ原作の実写化映画ですが、今年はどんなヒット作が私たちを楽しませてくれるのか、今から楽しみですね!

『珍遊記』
2/27(土)より、新宿バルト9他にて全国ロードショー!
©漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

『僕だけがいない街』
3月19日(土)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

『アイアムアヒーロー』
2016年4月23日全国東宝系にて公開!
©2016映画「アイアムアヒーロー」製作委員会

『ヒメアノ~ル』
©古谷実・講談社/2016「ヒメアノ~ル」製作委員会

Facebookコメント

Return Top