CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

ウィル・スミス、ケイト・ウィンスレットら、名優たちが語る!映画『素晴らしきかな、人生』インタビュー映像を一挙公開!

ウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレンら、ハリウッドを代表する超一流の役者たちが顔を揃えた映画『素晴らしきかな、人生』が、いよいよ明日2月25日(土)より全国公開となります。
今回はそんな、アカデミー賞®受賞&ノミネート俳優たちが語ったインタビュー映像をお届けします。
彼らが放つ、この作品に対するアツい思いをぜひ体感ください!

ウィル・スミス“この映画は、僕の人生を変えてくれたんだ”


本作で主人公・ハワードを演じるのは、ハリウッドの大スター、ウィル・スミス。
ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたイケイケ広告マンから一転、最愛の娘を失い、人生の“ドン底”に落ちた男を演じています。
「スーパーヒーローだらけのキャストだ。これだけのレベルの俳優陣との共演シーンが次から次へとあったので、天国のような気分だった」と語るウィル・スミス。
その表情からは、この作品を心から愛している様子がうかがえます。

エドワード・ノートン“ウィル・スミスは稀に見る本物のスターだよ!”


ハワードの共同経営者であり、大親友でもあるホイットを演じたのはエドワード・ノートン。
近年では『グランド・ブダペスト・ホテル』や、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』と言った大作に出演している演技派俳優です。
ウィル・スミスについて、「彼は稀に見る本物のスターだよ。ハワードが社員たちに向けてスピーチをするシーンを撮影した時にウィルの演技を見ていて、“これが彼の彼たるゆえんだ”と思った(笑)」と、そのカリスマ性に魅了されたことを明かすノートン。
ドン底に落ちたハワードを心配する傍ら、自身も離れて暮らす娘から“絶交”宣言をくらってしまい頭を抱えます。娘を持つ父親なら、どこか共感してしまう!?そんなエドワード・ノートンの演技にもご注目ください!

キーラ・ナイトレイ“悲しみや苦しみには特効薬のようなものはない”


今作が第一子出産後の出演第1作となるキーラ・ナイトレイ。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのヒロイン役でも有名な注目の演技派女優です。
『素晴らしきかな、人生』で彼女が演じるのは、主人公・ハワードを元気づけるために現れる、謎めいた舞台俳優の一人エイミー。
共演者について「みんな素晴らしい人たちよ!普通の映画なら主演が2人だけいて、その周りに共演陣がいるわけだけど、今回はウィル・スミスはじめ、出演者全員が主役の顔ぶれ。同じシーンで共演する時は、彼らの芝居をじっくり見ることができたわ!」と、昔から憧れてきたキャストとの共演に喜びの表情を浮かべます。

ケイト・ウィンスレット“感情を揺さぶる映画ではあるけれど、温かい気持ちになれる”


「タイタニック」のヒロイン役で一世を風靡し、以降押しも押されぬ大女優となったケイト・ウィンスレット。
そんな彼女が演じるのは、ハワードのビジネスパートナーであり、若いころから一緒に成長してきた友人でもある顧客担当重役のクレア。廃人のような状態のハワードを誰よりも心配し、毎晩のように彼の家に訪れて、開くことがないドアの外に夕食を届けています。
一方そんなクレアも、キャリウーマンとしてバリバリ働く傍ら、40歳を目前にして自分の子を産みたいと焦りを感じているのでした。
「感情を揺さぶる映画ではあるけれど、取り乱すのではなく、温かい気持ちになれる」と、本作が観客を優しく包み込み、人生を輝かせてくれるヒントに気づいてもらえたらと願っています。

豪華キャストが集結し本国アメリカでも絶賛されているこの冬一番の注目作、『素晴らしきかな、人生』は、明日2月25日(土)より全国公開です。

映画『素晴らしきかな、人生』予告編&ストーリー


最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われている、ハワード(ウィル・スミス)。彼は、ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたが、最愛の人の死を機に、仕事も私生活もやる気がなくなってしまい、代表を勤める会社の業績も危なくなっていた。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)も、そんなハワードと会社を心配していた。そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れる。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードが少しずつ変化していき……。

出演者

ウィル・スミス
ケイト・ウィンスレット
キーラ・ナイトレイ
エドワード・ノートン
ヘレン・ミレン

スタッフ

監督:デヴィッド・フランケル
制作:マイケル・シュガー
音楽:セオドア・シャピロ

『素晴らしきかな、人生』公式サイト
配給:ワーナー・ブラザース
2017年2月25日(土)より 丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他全国ロードショー
©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

【関連記事】
◆『スーサイド・スクワッド』に出演!日本でもおなじみウィル・スミスのおすすめ出演映画作品
◆超庶民派女優!キーラ・ナイトレイのおすすめ出演映画作品

Facebookコメント

Return Top