CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

松山ケンイチが史上最強の悪党に!?『怪盗グルーのミニオン大脱走』ハリウッド映画吹替初挑戦!!

大人気『怪盗グルー』シリーズ最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』(7月21日(金)公開)の日本語吹替版新キャストとして、松山ケンイチハリウッド映画吹替初挑戦が発表されました!

松山ケンイチが史上最強の悪党に!?


松山さん演じるブラットは、80年代のTVシリーズ「EVIL BRATT」で世界征服を企む子供悪党を演じた元天才子役。思春期を迎え、番組が打ち切りになってしまったことをきっかけにハリウッドから忘れられてしまいますが、その後復讐を決意し当時を彷彿とさせる80年代ファッション&ヘアスタイルで破壊的な武器「キーター(ギター+キーボード)」と「ルービックキューブ」などの武器で、史上最強の敵としてグルーの前に立ちはだかります。

松山ケンイチさん:『怪盗グルーのミニオン大脱走』へのコメント
楽しい仕事が出来て嬉しく思っています。
山田康雄さんが吹き替えも俳優業の一つとおっしゃっている意味を痛感しながらも楽しんでやっています。
皆さんにも楽しみにして頂きたいです。

※山田康雄さんについて
松山さんは「空飛ぶモンティ・パイソン」を観て吹替えの凄さを実感し、山田さんについて調べていたところ、この言葉にたどり着いたとの事です。

松山ケンイチさん吹替え映像解禁!


日本語吹替版の予告映像では、80年代音楽に合わせ軽快なステップでダイヤモンドを奪おうとするブラットをノリノリで好演!俳優としてますます実力を増す松山さんがシリーズ史上最強の敵となるブラットをどのように演じるのか?松山さんの新たな新境地に是非ご期待ください!!

『怪盗グルーのミニオン大脱走』ストーリー

史上最強の、新たなライバル
晴れて結婚したグルーとルーシーの前に、人類を脅かす新たな悪党バルタザール・ブラットが立ちはだかる。過去の栄光にすがって1980年代のファッションに身を包む元子役スターは、反悪党同盟をクビにするほど グルーを窮地に追い込む。様々なガジェットを駆使して犯罪を繰り返す、彼の真の狙いとは?
グルーも知らなかった、新たな家族
なんと、グルーにはドルーという、生き別れになっていた双子の兄弟がいた!フサフサの金髪、魅力的な笑顔、父親から養豚場と莫大な財産を相続したお金持ち…どこをとってもグルーの正反対。そんな非の打ちどころのない彼の夢は、父の志を継ぎ、天下の大悪党になることだった…。
そしてミニオンたちの、新たな大騒動
反悪党同盟をクビになったグルーが、これを機に悪の道に戻ってくれるのではないかと期待するミニオンたちだったが、その世界からは足を洗ったと告げられる。生きがいを求めてグルーと決別し、新たな最強最悪のボス探しの旅を始めるが、ある出来事をきっかけにとんでもないことに!?果たして、ミニオンたちの運命は!?

『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、7月21日(金)全国公開!!
© UNIVERSAL STUDIOS

【関連記事】:
◆ミニオンズって一体なんなんだ!?映画『怪盗グルー』シリーズを改めて解説!
◆松坂桃李&松山ケンイチが宿命に翻弄される!吉高由里子主演・映画『ユリゴコロ』豪華キャスト陣が解禁!

Facebookコメント

Return Top