CinemaGene(シネマジーン)

「映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる」をコンセプトに、女の子が気になる情報満載のサイトです。

眩しくてほろ苦い、恋と青春―知念侑李・中川大志・小松菜奈出演!3月公開『坂道のアポロン』原作コミックの魅力をご紹介

メインキャラクターを知念侑李さん、中川大志さん、小松菜奈さんが演じる映画『坂道のアポロン』が3月10日(土)に公開されます!この作品の原作コミックは『このマンガがすごい! 2009』オンナ編で1位を獲得した少女漫画で、複雑に絡み合う恋模様を繊細な心理描写で描き上げた、言わずと知れた人気作品ですね。私も大好きな作品で、一時期YUKIさんが歌うアニメ版主題歌をヘビロテしていました!さて、映画をもっと楽しむためにここで原作コミックの魅力をおさらいしておきましょう!

眩しくてほろ苦い、恋と青春―知念侑李・中川大志・小松菜奈出演!3月公開『坂道のアポロン』原作コミックの魅力をご紹介

『坂道のアポロン』ってどんな漫画?

主人公の薫は父親の仕事の都合で幼い頃から転校を繰り返してきた男子高校生。繊細な薫はある時から学校になじむことができなくなってしまっていた。1966年初夏、高校一年の薫は横須賀から長崎の学校へ転入する。そこでは同居する親戚からないがしろにされ、初めての土地で出会うクラスメイト達とも距離を置こうとするが、やさしく気にかけてくれた学級委員の律子に淡い恋心を抱く。また、律子の幼馴染で「札付きの不良」と言われる千太郎との出会いをきっかけに、薫は巻きこまれるようにジャズの世界に脚を踏み入れることになる。3人で時を過ごすうち、薫は律子への想いを募らせ、千太郎の不器用なやさしさに触れる―ジャズを通じて鬱屈した日々から解き放たれていく、恋と友情の青春ストーリー。

眩しくてほろ苦い、恋と青春―知念侑李・中川大志・小松菜奈出演!3月公開『坂道のアポロン』原作コミックの魅力をご紹介

坂道のアポロン』3つの魅力!

●全員片思い!好きなのに届かないもどかしさ
『坂道のアポロン』の魅力のひとつが、ほろ苦く切ない恋模様!主人公の薫はクラスメイトの律子に恋をしますが、律子の想い人は幼い頃から一緒に過ごしてきた千太郎!そして千太郎はというと、不良にからまれているところを助けた縁で知り合う百合香(すごく美人!)を好きになってしまいます。これだけでも誰も報われなさそうな状況ですが、さらに百合香は千太郎のジャズ仲間で兄貴分の淳一に想いを寄せることに!それぞれの恋心と想いを伝えられないもどかしさに心がひりひりする展開で、読み進めるにつれ「みんないい子だし全員幸せになってほしい!」という気持ちが強くなっていきます。でもこの片思いの連鎖、みんなの想いが叶うというのはとても難しいことで…近づいては離れる恋の行方にキュンとしたり切なくなったりの連続です!

●ジャズを通じて深まる友情!さわやかな青春
まずこれだけは確実に言えること、「イケメン×楽器」は最高にカッコいい!!!普段とは違った一面がみえる演奏時の表情やパフォーマンス、ドキドキしちゃいますよね。それはさておき、『坂道のアポロン』で主人公の薫はジャズの世界に飛び込み、人生を変えるような経験を重ねていきます。最初は避けていた「不良」の千太郎とは、ジャズに真剣に向き合うにつれ信頼が深まり、お互いにとって初めての親友になります。そんなふたりですが恋愛がからむことでぎくしゃくしたり、喧嘩になったりすることも…。それでもセッションすれば自然と笑いがこみあげ、互いが一番大切な相棒であることを確かめ合い、絆がより強まっていきます。さわやかでみずみずしさにあふれているふたりの関係性は、正に理想の友情ですね!

●ノスタルジックな時代背景に映える、想いのあたたかさ
1960年代を舞台とする『坂道のアポロン』は、千太郎の生い立ちなどに戦争の暗い影が色濃く残っているものの、ノスタルジックであたたかな空気を感じられる作品です。スマホどころか電話も一家に一台あるわけではない時代、薫や百合香が好きな人に宛てて手紙を送り、またその手紙をめぐって恋心が揺れる展開は印象的です。現代のようにすぐに連絡を取ることができず、交通事情においても遠く離れた地にいる人を訪ねていくことは非常に時間がかかる時代。恋する高校生たちには、好きな人が地元を離れ県外の大学に行くなんてことも大問題になるわけです。それ故に「好きな人のそばにいたい」という切実な想いが心に強く響きます。現代を生きる私たちからすると不便さを感じる世の中ではあるのですが、相手の気持ちと互いの距離を大切にして一喜一憂する恋心は素敵ですよね。

眩しくてほろ苦い、恋と青春―知念侑李・中川大志・小松菜奈出演!3月公開『坂道のアポロン』原作コミックの魅力をご紹介

映画ではご紹介した原作コミックと設定が異なっている部分もありますが、薫・千太郎・律子の3人による恋と友情の物語であり、ジャズを通じてかけがえのない関係を築いていく軸は共通しています。三木孝浩監督知念侑李さん・中川大志さん・小松菜奈さんにより、薫たちの青春がどのように彩られるのか―劇場に足を運んで確かめるのが楽しみですね!

映画『坂道のアポロン』ストーリー

医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず――

『坂道のアポロン』公式サイト
2018年3月10日(土) 全国ロードショー
監督:三木孝浩
脚本:髙橋泉
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント
■公式サイト: http://www.apollon-movie.com/
■公式twitter : @apollonmovie  ■公式FB : https://www.facebook.com/apollonmovie

(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

【関連記事】
◆制服姿から躍動感あふれる演奏シーンまで!温かくも切ない青春の日々――。映画『坂道のアポロン』場面写真一挙解禁☆
◆さわやかな感動とともに… 知念侑李主演映画『坂道のアポロン』主題歌決定&予告編初解禁!
◆単独初主演:知念侑李、中川大志&小松菜奈 共演!名作少女コミック『坂道のアポロン』実写映画化決定!

Return Top