CinemaGene(シネマジーン)

「映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる」をコンセプトに、女の子が気になる情報満載のサイトです。

個性大爆発なエピソードが盛りだくさん♡ついに鬼キュン初お披露目!映画『honey』完成披露試写会♡~前編~

2月21日(水)東京・新宿にて、映画『honey』の完成披露試写会が行なわれ、キャスト&監督が登壇しました!

司会の方の合図とともに客席内の通路から登場したのは、主演の平野紫耀(King & Prince)さん、平祐奈さん、横浜流星さん 水谷果穂さん、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)さん、佐野岳さん、高橋優さん、神徳幸治監督。(※以下、敬称略) それぞれ手に1本のバラを持って登場し、会場のお客さんにプレゼントすると、客席は黄色い歓声に包まれ、映画にふさわしいキラキラした雰囲気となりました!

個性大爆発なエピソードが盛りだくさん♡ついに鬼キュン初お披露目!映画『honey』完成披露試写会♡~前編~

平野「みなさん、こんばんは!鬼瀬大雅役を務めさせていただいてます、平野紫耀です。今日は短い間ですけど、楽しい時間にできたらいいなと思ってますので、今日一日よろしくお願いします!」

と、平野さんからの挨拶でイベントはスタート。

撮影裏話をたっぷり♡平平コンビが突然ゲームを披露!?

――では、早速お話を伺ってまいりましょう!まずは平野さん!ついに初主演映画『honey』が完成しました。今日これから初めて一般のお客様がこの映画をご覧になるということで、今のお気持ちいかがでしょうか?

平野「え~、い、今の気持ちですか!?とてもなんか緊張しながらも、でもやっとこう初主演の映画でとても思い入れがあって、気合いを入れた作品なので、みなさんに見ていただいて、どういう反応が返ってくるのか楽しみですね。」

――どんなところに注目してほしいですか?すでにこの雰囲気で撮影現場楽しかったんだろうなって言うのが伝わってきますけど!

平野「顔合わせ・読み合わせの時点から、監督が提案したトランプをするっていうので、みんなと仲良くなって、映像にもクラスメイト感をちゃんと出せるようにしていただいたので、そういう仲の良さとか、それとはまた違う恋愛だったりとか友情だったりとか、たくさんの細かい表情っていうか、状態?なんていうんですか… 感情が!詰め込まれてますので、細かく瞬きなしで見てもらいたいです!(笑)」

平「瞬きはしてもらわないと困ります!(笑)」

平野「いや、瞬きなしで見てもらいたいです!」

と、早速仲良しな掛け合いも!

――久々にみなさんと会ってどうですか?

平野「いやぁ~、僕ちょっと空くとダメなんですよ!人見知りなんです、僕もともと、平野が。」

横浜「嘘つけ!」

浅川「絶対嘘!」

横浜「だって俺に抱きついてきましたもん!おぉ~流星~!って(笑)」

平野「いや、流星は唯一同い年で、一番仲良くさせてもらってたんで大丈夫だったんですけど、女性陣のみなさんは、一回縮まったんですけど、数日空いたことによってもう一歩下がってる状況なので、これを機会にまた仲良くしゃべれるようになりたいなぁと思ってます(笑)」

――平さんは今回髪の毛を20cmカット、しかも人生初の茶髪で挑んだ役どころ、ヒロインの奈緒ちゃんはいかがでしたか?

個性大爆発なエピソードが盛りだくさん♡ついに鬼キュン初お披露目!映画『honey』完成披露試写会♡~前編~

平「そうですね、ビビりでヘタレな女の子だったので、私とは正反対の女の子だったんですけど、でも本当に純粋でまっすぐで、内気な子なんですけど、鬼瀬くんとの出会いによって、どんどん前向きに変わっていく姿がやってて難しい面もあったんですけど、監督と話し合いながらなんとかこの(映画)のようになりました。」

――キャラクターがどんどん成長して変わっていきますが、横浜さん演じる三咲くんは、物語が進むにつれてキャラクターが進化して変わっていく役どころ。演じるうえで難しかったり、チャレンジしたことってありますか?

横浜「演じるうえでは、素直になれずに自分の思ったことと反対の行動を取ってしまうっていうのは、少し共感できて通ずるところもあったし、あとは現場でみんながみんな役として生きてくれて、あとは紫耀はド天然さを炸裂してくれて(笑)いい雰囲気で撮影できたので大丈夫だったんですけど、一番の難点は三咲くんすごくかわいいのに、僕が全然かわいくないので(笑)」

平「そんなことないですよ!」

横浜「全っ然かわいくないから!どこがかわいいんだ!(笑)だから髪形とかもくるくるにして眉毛隠したりとか、声のトーンを上げてみたりとか、あとは大きなモーションをしてかわいさを表現したので、少しでもみなさんに“かわいい”とか“三咲くんっぽい”って思っていただけたら嬉しいなって思います。」

現時点でも充分かわいいですよね!との司会の方のコメントに、「本当ですか!?」と驚く横浜さんでしたが、とてもとてもかわいかったです…!

――浅川さん、多くを語らず鬼瀬くんに密かな恋心を抱きながら揺れ動く役どころですが、どのように心情を表現されましたか?

個性大爆発なエピソードが盛りだくさん♡ついに鬼キュン初お披露目!映画『honey』完成披露試写会♡~前編~

浅川「原作でも西垣雅ちゃんっていう女の子は、あんまり感情表現が豊かな子ではなくて、口数も多くないので、できるだけ表情で、でも表情って言っても微笑んだりもあんまりしないような女の子で、雅ちゃんにとって笑顔っていうのはすごく重要なポイントであると思っていたので、目で気持ちを訴えるっていうところは力を入れてお芝居させていただきました。」

――水谷さんはかなりクールな役どころでしたけど、現場ではどういう風に過ごしていましたか?

水谷「撮影現場では結構マイペースで、そんなに気負わずにいたので、なるべく私寄りでいたと思うんですけど…」

と答えるも、緊張のせいか言葉に詰まってしまった水谷さん。もう一回最初からやり直していいですか?と改めてお話してくださいました!

水谷「最初はやっぱり役柄に寄せようと思って、現場にいるときもかよちゃんに気持ちを乗せてたいなって思ってたんですけど、だんだん仲良くなったりとか、お話していくうちに、現場でも自分らしくいられるようになったのかなって思います。」

――佐野さん、本作は鬼キュンラブストーリーなんですけど、その映画にしてはめちゃめちゃ激しいアクションシーンやっていらっしゃいますよね?

佐野「いやぁ、本当にみなさんに先に謝っておくんですけれども、紫耀ちゃんボコボコにします…(笑)」

平野「ボコボコにされます!(笑)」

佐野「紫耀ちゃんはすごい身体がきく方なので、自分としてもすごいやりやすかったですし、いい意味で恋愛ストーリーっぽくはないアクションが入ってることとで、さらに恋愛のところが引き立つんじゃないのかなと思います。」

――本当にすごいアクションシーンですよね!

平野「あれがクランクインの日で、初日から乱闘シーンだったんですけど、がっくんは結構アクションとかされてたので、いろいろ教えてもらいながらやってましたね。」

佐野「大変だったよね。雨降らしとかで、まだ寒い時期だったんで。ぜひ見所です。」

――高橋さんは映画初出演ということで、普段とフィールドがまったく違いますけど、映画の中ではカフェのマスターになりきっていて、こういう人いたらいいなと思う役柄でしたが、どうでしたか?

高橋「セリフを言うっていうことが初めてだったので、自分のしゃべり方とかをもう一回研究し直そうと思って、取材のときとかに自分のしゃべりを全部録音して、あとで聞いたんですよ。そしたら自分がしゃべったあとに、ふふって足し笑いしている癖があるっていうのに気付いて、俺34年間これやってきたのかと(笑)即刻直そうと思ってやめました(笑)」

――多才でキラキラしたキャストのみなさんがそろいましたけど、監督はどういうところを見てほしいですか?

個性大爆発なエピソードが盛りだくさん♡ついに鬼キュン初お披露目!映画『honey』完成披露試写会♡~前編~

神徳監督「やっぱり夢とか恋とか精一杯頑張ってるみなさんに、ちょっとでも勇気を与えられたりとか、心が動かされるような作品を目指してみんなでやってきました。」

――でも本当にクラスメイトとか学校の雰囲気っていうのは撮影現場にあったんじゃないですか?

神徳監督「みんなが伸び伸びと、役として生きられる場所を提供するのが僕の仕事だと思ってるので、準備段階からそういう風にみんなと話して、そこはみんなの力でもあるんですけど、クラスメイトだったり仲間として作品作りができたので、恐らくそれが映画にとって良いことになったんじゃないかなと。」

――実際に撮影現場でこんなエピソードがあったよ!という方は?

平「カメラセッティング中とか結構リズムゲームをやって遊んでて、紫耀くんが“with Bゲーム”って言うのを作ったんですよ。スカイ!」

平野「オーシャン!」

平・平野「with B!」

と実際にゲームを披露してくれる場面も(笑)

平野「説明させていただきますと、あ、平野です!まず横文字を言うんですよ、最初の人が。例えば僕が“サン”って言ったら次の人は」

平「タクロース!」

平野「はい?(笑)あ、それはちょっと違います。“サン”“グラス”、あ、それもちょっと違うわ。“サン”“フラワー”とか!」

平「“サン”“フランシスコ”とか?」

平野「あ…そうですそうです。僕もちょっと曖昧なところがあるんえすけど、横文字を続けて言って、最後に“with B!”って言って締めるっていうゲームをみんなでやってました。」

――(他の方々の様子を見て)本当にみんなやってました?(笑)

横浜「やってましたけど、これ勝ち負け分かんないんだよね(笑)」

平野「分かんないんですよ、僕も(笑)」

横浜「作ったほうも曖昧だから、分からずやってたよね(笑)教室で踊りながらやってました。」

平「すっごい盛り上がったよね!」

――佐野さんは何かありますか?

佐野「僕はオールアップのときに、撮影が終わって支度場に戻ってたんですよ。僕一人でオールアップなのかなと思ってたら、バンからみなさんが降りてきてくださって、お疲れを言うだけのために戻ってきてもらえたっていうのが、すごく愛のある現場だなって感謝してました。あれは紫耀ちゃんが言ってくれたんですか?」

平野「はい!?(笑)」

佐野「みんなでお疲れ様って言おうよ!みたいなのはあったのかなって…」

平野「(平さんからの合図を受けて)あ…ありましたね!」

とやっぱり仲が良いみなさんの姿も。

――横浜さんはどうですか?

個性大爆発なエピソードが盛りだくさん♡ついに鬼キュン初お披露目!映画『honey』完成披露試写会♡~前編~

横浜「撮影終わったあとになっちゃうんですけど、今日ちょっと嬉しかったことがあって。撮影中すごいみんなと仲良くしてて、紫耀とも仲良くしてたんですよ、同い年だし。撮影終わってから一緒に企画立ててたんですよ。温泉行こうよ、ご飯行こうよ、ドライブ行こうよって。でも僕連絡先変えて紫耀の連絡先消えちゃって、今日の今日まで紫耀に会えてなかったんですよ。でもさっき連絡先交換したんで、一緒にhoney見に行こうかなって思います!(笑)」

平野「あ、ぜひお時間が合えば(笑)」

との返事に、何その距離感!とツッコミが入ると

平野「いやいや、ひどいみたいに思われてますけど、僕一回裏切られてる身ですからね!」

と返し、笑いを誘っていました!

さて、まだまだ内容は盛りだくさんですが今回はここまで!気になる後編はコチラから♡

『honey』ストーリー

「俺と、結婚を前提につき合ってください!」突然のプロポーズからの告白!?―――――-
幼いころに両親を事故で失い、優しい叔父・宗介に見守られて育った女子高生・小暮奈緒は、ビビりでヘタレ、そして不良が大の苦手!ある日突然、奈緒は真っ赤な髪と鋭い目つきをした“超”不良と恐れられる鬼瀬大雅から、体育館裏に呼び出される。放課後、奈緒がそこに向かうと…「俺と、結婚を前提につき合ってください!」と、突然のプロポーズ!?からの告白。叔父の宗介に憧れながらも、ビビッて断れなかった奈緒は、鬼瀬とつき合うことに。しかし奈緒はギャップに戸惑いながらも、徐々に鬼瀬が見かけや噂と違って、人一倍優しく純粋だということに気付いていき…。遂に奈緒は鬼瀬に嘘をついていることが心苦しくなり「怖くて断れなかったけど、本当は他に好きな人がいる」と打ち明ける。奈緒の為に悲しい気持ちをかくして「あらためて友達になろう」と優しく笑う鬼瀬。そんな中、友達が出来ずに悩んでいた超かわいい転校生・雅と鬼瀬が急接近!?はじめての嫉妬、はじめての気持ち、はじめての…恋…? 奈緒の中に、今までに感じたことのない想いが溢れはじめる。

『honey』公式サイト
出演:平野紫耀(King & Prince) 平 祐奈
横浜流星 水谷果穂 浅川梨奈(SUPER☆GiRLS) 佐野 岳 臼田あさ美 中山 忍 高橋 優
原作:「honey」目黒あむ(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:山岡潤平 監督:神徳幸治
主題歌:Sonar Pocket「108~永遠~」(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:東映/ショウゲート
©目黒あむ/集英社 ©2018「honey」製作委員会

【関連記事】
◆たくさんの“はじめて”をお届け♡ギャップ萌えがとにかくしんどい!映画『honey』新予告映像解禁♡
◆平野紫耀初主演!映画『honey』ドッキドキの鬼キュン♡特報映像解禁♡

Return Top