CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

豪華オールスターキャストでおくる号泣必至の感動作!映画『コーヒーが冷めないうちに』映画化&キャスト決定!

「本屋大賞2017」にノミネートされ、SNS上では「4回泣ける!」と評判の感涙小説「コーヒーが冷めないうちに」の実写映画化が決定しました!

原作は、脚本家・演出家として活躍しているさんの同名小説「コーヒーが冷めないうちに」。川口さん自身が主催する劇団で舞台化された後に、演劇界で話題となり、第10回杉並演劇祭大賞を受賞、2015年に小説化されました(川口さんは本作で小説家デビュー)。古き良き昭和の時代から続く喫茶店を舞台に、そこに集う人々が巡り合う奇跡を描き、2017年に刊行された続刊「この嘘がばれないうちに」を含めたシリーズ累計発行部数は、現在84万部を突破するベストセラー作品となっています!

豪華オールスターキャストでおくる号泣必至の感動作!映画『コーヒーが冷めないうちに』映画化&キャスト決定!

今回、映画化発表とともに注目すべきキャスト陣が決定!主演には、昨年NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のみね子役で老若男女、日本中の人々を魅了したさん。近年では『ストロボ・エッジ』(2015)、『映画ビリギャル』(2015)、『関ヶ原』、『ナラタージュ』(ともに2017)と幅広い作品に出演し、人気、実力ともに兼ね備えた注目の女優。従兄が経営する喫茶店「フニクリフニクラ」で働く心優しい時田数(ときた・かず)を演じます。

本作の制作陣は有村さんの起用理由として「新しいタイプの、そして少々チャレンジな要素を秘めた作品に取り掛かろうとするとき、必ず、有村さんの姿が頭をよぎります。『ビリギャル』の時もそうでした。あの柔らかくも繊細な女優さんから突然放射される熱く心にしっかり突き刺さってくるお芝居の力と彼女にしかない女優力でいろいろな感情を掻き立てワクワクさせてくれるエンタテイメント力には常に魅せられてきました。今作『コーヒーが冷めないうちに』は、涙を誘う感動作であり、ファンタジーでありながらも、リアルな人生と日々の瞬間瞬間の悲劇とコメディが、様々な世代性別の登場人物によって織りなされる、今までの日本映画にはなかったようなお芝居の面白さ満載のエンタテイメント作品にしたいと思いました。その時、同時に、作品の中心にいる「時田数」役には、有村さんの姿が浮かんでいました。彼女はきっと大人の世代にも若い世代にも、この作品に込められた様々な想いを楽しく増幅して届けてくれると思い、この役をお願いしました。」と語っています。

豪華オールスターキャストでおくる号泣必至の感動作!映画『コーヒーが冷めないうちに』映画化&キャスト決定!

そして、有村さんの他にもさん、さん、林遣都さん、さん、さんといった若手実力派から、薬師丸ひろ子さん、さん、さん、さんら演技派俳優陣まで豪華キャスト陣が大集結!

そして本作の監督を務めるのは、現在放送中のドラマ「アンナチュラル」のほか、「夜行観覧車」(2013)、「リバース」(2017)、「私、結婚できないんじゃなくて、しないんです」(2016)、「重版出来!」(2016)など数多くのヒットドラマの演出を手掛けてきた監督。満を持して、本作で映画監督デビューを飾ります!

撮影は、関東近辺、都内スタジオを中心に3月10日にクランクインし、4月中旬にクランクアップ、6月中旬の完成予定。“過去に戻れる喫茶店”で起こる4つの心温まる奇跡―。4つのエピソードが織りなす現代と過去、そして時として未来を行き来するファンタジーは、普遍的なラブストーリー、家族愛として心温まる感動を呼ぶこと間違いなし!『コーヒーが冷めないうちに』は9月21日(金)公開です!

『コーヒーが冷めないうちに』ストーリー

時田数(有村架純)が働く喫茶「フニクリフニクラ」。そこには奇妙な都市伝説がある。それは店内のある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるというもの。ただし、そこには、とても面倒くさいルールもあるらしい。

①過去に戻って、どんな事をしても、現実(未来)は変わらない
②過去に戻れる席には先客がいる。その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ
③過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ。
コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない
④過去に戻っても、喫茶店を出る事はできない
⑤過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない人には会う事ができない

すべてのルールを守ったとき、「フニクリフニクラ」の客に優しい奇跡が舞い降りる。

「お願いします、あの日に戻らせてください――」今日も不思議な噂を聞いた客や常連客がこの喫茶店に訪れる。噂を怪しみながらもやって来た三十路前のキャリアウーマン・清川二美子(波瑠)、なにか訳ありそうな常連客の高竹佳代(薬師丸ひろ子)と房木康徳(松重豊)、なぜか妹から逃げ回る平井八絵子(吉田羊)、過去に戻れる席にいつも座っている先客・謎の女(石田ゆり子)。時田数に想いを寄せはじめる新谷亮介(健太郎)。過去に戻れるコーヒーを唯一淹れることができる数も、そんな亮介に導かれ、自分自身の秘められた過去に向き合っていく――。家族と、愛と、後悔の物語。――4回泣けます。

有村架純 健太郎 波瑠/林遣都 深水元基 松本若菜/薬師丸ひろ子/吉田羊 松重豊 石田ゆり子
原作:川口俊和(「コーヒーが冷めないうちに」「この嘘がばれないうちに」サンマーク出版 刊)
監督:塚原あゆ子 脚本:奥寺佐渡子
配給:東宝
Ⓒ2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会

【関連記事】
◆松本潤&有村架純“壊れるくらい忘れられない人”を語る!映画『ナラタージュ』初日舞台挨拶!
◆映画『オズランド』製作決定!全ての頑張るアナタに魔法をかける、毎日のカンフル剤エンターテインメントが誕生!!

Return Top