CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

広瀬すずコメディ初出演で堤真一 、吉沢亮と共演!映画『一度死んでみた(仮)』「三太郎」シリーズ浜崎慎治の監督で映画化決定!

さんがコメディに初挑戦で主演を務める映画『(仮)』が、2020年に全国公開となることが発表されました。

ソフトバンクの「ホワイト家族」シリーズや家庭教師のトライ「ハイジ」シリーズ、トヨタ自動車の「企業 ドラえもん」シリーズなど、名だたるCMを手掛けてきた日本を代表するCMプランナーで、『ジャッジ!』や『犬と私の10の約束』など映画の脚本を手がけるほか、PV、小説、作詞など幅広い世界で活躍しているさんによるオリジナル脚本作品『一度死んでみた(仮)』が映画化されることが決定!

本作の題材は、父のことが死ぬほど嫌いな女子大生と、「少しだけ死ぬ薬」で死んで“おばけ”になってしまった父親を巡って巻き起こる騒動を描くコメディ。次々と繰り広げられる笑いとギャグの応酬、予測不能なスピード感ある展開に、息つく暇もない怒涛のコメディ映画が誕生します。

ストーリー

大学4年生の野畑七瀬は、製薬会社の社長である父親の計(はかる)と二人暮らし。研究に没頭する仕事人間で母親の死に際も立ち会わず、何かと口うるさく干渉してくる計のことが大嫌いな七瀬は、「一度死んでくれ!」と日々毒づいている。ところがそんなある日、計が本当に「一度死んで」しまう。実は計の会社で偶然出来上がった「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲んだためだった。計の会社を乗っ取ろうとする計画が企てられていると知り、真犯人をあぶりだすための秘策だった。事情を知らず動揺する七瀬の前に、なんと計が”おばけ”となって現れる。計の会社の社員で、存在感が薄すぎるせいで”ゴースト”と呼ばれている松岡から、ライバル会社と通じるスパイ社員の陰謀、そして父の死の真相を聞かされた七瀬は、”おばけ”の計、”ゴースト”松岡とともに、その計画を阻止し、計を無事生き返らせようと乗り出すが、事態はさらに思いもよらぬ展開に…!?

キャスト

広瀬すずコメディ初出演で堤真一 、吉沢亮と共演!映画『一度死んでみた(仮)』「三太郎」シリーズ浜崎慎治の監督で映画化決定!

主人公の野畑七瀬役には、今や日本映画界を代表する若手俳優で、19年にはNHK連続テレビ小説「なつぞら」のヒロインを務める・広瀬すずさん。広瀬さんにとって今回がコメディ初出演!青春映画、社会派作品など、これまで様々なジャンルに挑んできた彼女が、今作でまた新たな魅力を爆発させます。演じる七瀬は、父・計のことが嫌いすぎて、計の似顔絵を描いたサンドバッグを「クソオヤジ!」と日々殴り、「臭い!」と言っては計の顔面に消臭スプレーを吹きかけるほどの徹底ぶり。彼女が過去に演じたピュアでまっすぐな女子高生や、心に闇を抱えた影のある少女から一転、これまでに見たことのない、テンション高く毒を吐きまくるハジけたキャラクターを演じます。

七瀬の父親で、製薬会社を経営するゴリゴリの理系、仕事に夢中過ぎて家庭が後回しになってしまう計(はかる)役には、日本映画界きっての演技派の一方、抜群のコメディセンスも見せるさん。広瀬さんと堤さんは本作が初共演となり、2人の〈最強に仲の悪い親子ぶり〉にも期待が高まります。

そして計の会社の社員で、存在感が薄いために“ゴースト”と呼ばれている松岡役に、昨年、今年と連続して毎年5本以上の出演作が続き今最も勢いのあるさんが出演。これまで眩いほどの存在感を放ってきた吉沢さんが、どう”存在感を薄くするか”にも注目!

メガホンをとるのは、KDDI auの「三太郎」シリーズや、堤真一も出演する日野自動車「ヒノノニトン」シリーズなどユニークで話題のCMを数々手掛け、広告賞も多数獲得している監督。本作が満を持しての映画初監督となります。

そして今回、豪華キャスト陣からのコメントも届いています!

Return Top