CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

真摯に役と向き合うことで生まれる魅力 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』杉咲花インタビュー

インテリアコーディネーターとして働く川奈つぐみと、事故で車イス生活になっていた初恋の相手・鮎川樹との純愛を描いた映画『 君といる奇跡』。「好き」だけでは越えられない様々な壁を乗り越えた先に、待ち受ける未来とは―。本作でヒロインの川奈つぐみを演じたさんにインタビュー!初挑戦となるラブストーリーに懸けた想いを存分に語っていただきました!

真摯に役と向き合うことで生まれる魅力 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』杉咲花インタビュー

――杉咲さんは本作が映画初主演となりますが、出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

初主演に関しては、そこまでプレッシャーではありませんでした。もともと“作品に携わること”に喜びを感じているので、それが主演であるか脇役であるかは自分の中では重要視していないです。なので、また新しい作品に関わることができるという嬉しさのほうが大きかったですね。

――作品に対してどのような印象を持ちましたか?

脚本を読ませていただいて、「明日があるかわからない」ということは、誰にでも起こり得ると思いました。大事な人に伝えたいことは、今伝えておかないといけないという気持ちにもなり、ラブストーリー以上のものを感じました。

真摯に役と向き合うことで生まれる魅力 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』杉咲花インタビュー

――つぐみを演じるうえで意識したことやこだわった部分は?

最初はラブストーリーということで、とにかくヒロインのつぐみがかわいく見えないといけないと思っていました。でも現場で、衣装さんやメイクさんが大人っぽく女性らしい雰囲気にしてくださったり、照明さんやカメラさんが“かわいく撮ろう”と考えて動いてくださっているのを見て、かわいく“見せる”部分はプロの手に委ねて、自分はもっと違う部分を気にかけるべきだと気付きました。なので途中からは、自分はただ樹をまっすぐに想い続けることに集中しようという考えに変わりました。

――杉咲さん自身がつぐみと似ているなと感じた部分はありますか?

つぐみは結構自分と似ていて、共感できる部分がたくさんありました。思ったことをストレートに口にするところは、特に似ているなと感じました。私もよく後先考えずに言ってしまうところがあって、それが良い方向に転ぶときもあれば悪い方向に転ぶこともあるのですが…(笑)

――撮影現場はどのような雰囲気でしたか?

すごく楽しかったです!スタッフさんもみなさん仲が良くて、毎日笑顔が溢れていました。樹とつぐみがソフトクリームを食べているシーンは長野で撮影をしたのですが、ロケ先にイナゴの佃煮が5匹くらいのっているソフトクリームがあって…!スタッフさんには「それ食べてもいいよ?(笑)」と言われたのですが、私は逃げ回っていました(笑)

Return Top