CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

山本涼介の“お味噌汁みたい”な温かさ 映画『ニート・ニート・ニート』 安井謙太郎×山本涼介×森田美勇人 3ニートーク【出発編】

住所不定無職のレンチ()、なんとなく会社を辞めたタカシ()、引きこもりのキノブー()の<3ニート>と、謎の家出少女・月子(灯敦生)が、北海道を舞台に逃避行を繰り広げる青春ドタバタロードムービー、『』。

山本涼介の“お味噌汁みたい”な温かさ 映画『ニート・ニート・ニート』 安井謙太郎×山本涼介×森田美勇人 3ニートーク【出発編】

CinemaGeneでは、本作で<3ニート>を演じた安井謙太郎さん、山本涼介さん、森田美勇人さんにインタビュー!“3ニートーク”と題し、逃避行にちなんで【出発編】、【道中編】、【終着編】の全3回でお届けします。

【出発編】のトークテーマは、「共演の感想」と「現場での姿」。仲良しで和やかな雰囲気漂う3人のトークをお楽しみください!

――まずは安井さん、映画初主演おめでとうございます!

安井:ありがとうございます!

――主演として出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

安井:本当にビックリでしたね。仮の台本をもらって見てみたら、自分の名前のところに“主演”と手書きで書かれていて、それを見て初めて自分が主演だと知りました。あまりにもサラッとしていたので、“こんな感じなの!?”という驚きもありましたけど(笑)、とても嬉しかったです。

――座長として臨んだ撮影はいかがでしたか?

安井:実は主演だという自覚も実感もまったくないままでした。撮影に入ったらそれっぽくなるのかなと思いきや、結局最後までそんなこともなく、気づいたらあっという間に終わってしまっていて・・・。主演らしいことは何もできなかったけど大丈夫かなという気持ちが大きかったです。
でも、キャストのみんなやスタッフさんたちは、僕に主演だからと変なプレッシャーをかけることもなく、普段通りに接してくれたので、気負わずに自然体でできたと思います。キャストは同世代の方が多かったですし、リラックスして臨めました。

山本涼介の“お味噌汁みたい”な温かさ 映画『ニート・ニート・ニート』 安井謙太郎×山本涼介×森田美勇人 3ニートーク【出発編】

――同じ3ニートとして、山本さんと森田さんは近くから安井さんをご覧になっていたと思いますが、現場での安井さんはどのような感じでしたか?

山本:安井くんは何もしていないと言っていましたけど、いつも現場の雰囲気を良くしてくれていたのは間違いなく安井くんだと思います。陰から僕たちを引っ張ってくれていました。あとは・・・食事おごってくれました!(笑)

安井:いやいやぁ~(と言いながら山本さんにグーサイン)

一同:(笑)

――森田さんは普段から安井さんと同じくジャニーズJr.として活動されていますが、映画の現場での安井さんの印象は?

森田:いつもの“安井謙太郎”のままでした。やっすー(安井)はすごくオンとオフがはっきりしていて、明るいムードメーカーとして場の空気を盛り上げつつ、集中する場面ではグッと気持ちを入れることができる人なんです。これはライブとかグループでの活動のときにもいつも感じていますね。映画の現場でも、いつものやっすーでいてくれて心強かったです。

山本涼介の“お味噌汁みたい”な温かさ 映画『ニート・ニート・ニート』 安井謙太郎×山本涼介×森田美勇人 3ニートーク【出発編】

Return Top