CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

山本涼介の“お味噌汁みたい”な温かさ 映画『ニート・ニート・ニート』 安井謙太郎×山本涼介×森田美勇人 3ニートーク【出発編】

――では、安井さんはお二人と共演してみていかがでしたか?

安井:山本くんとは今回が初共演でしたが、僕らよりも役者としての経験が豊富なので、すごく頼もしかったです。演技経験が浅い僕らにあれこれ求めたりせず、僕らの芝居を100%出し切ったものとして受け取って、それに対して100%の芝居で応えてくれました。僕と美勇人(森田)は手探りの部分も多かったですが、山本くんという受け止めてくれる存在が近くにいたおかげで、のびのび演技ができたんだと思います。・・・だからメシおごりました!(笑)

一同:アハハ!(笑)

安井:でも本当に山本くんが優しい人でよかったぁ・・・ めちゃこわい人だったらどうしようって思ってたもん(笑)

森田:共演するって聞いて山本くんのことを調べたら、眉毛もキリッとしてるし、スタイルも良くて、かなりシュッとしたイメージだったから、俺らは勝手にビビってたんだよね(笑)

安井:実際に話してみたら、のほほんとしていて穏やかで、本当に安心しました。

森田:いや、もう本当に・・・!最初すごいこわかったから・・・(笑)

山本:(笑)

安井:撮影の流れでちょっと分からないことがあると、サラッとフォローをしてくれたりもしました。お味噌汁みたいな、温かく包みこんでくれるような優しさがあって(笑)、タカシ役が山本くんでよかったなと思います。

山本:あざっす!じゃあ、今度は僕が食事おごりますね!(笑)

安井:ありがと(笑)

山本涼介の“お味噌汁みたい”な温かさ 映画『ニート・ニート・ニート』 安井謙太郎×山本涼介×森田美勇人 3ニートーク【出発編】

――森田さんについてはいかがですか?

安井:美勇人はいつも見ている美勇人と真逆でした。グループ内だと輪の中心にいるようなタイプだけど、今回の現場では役柄的にも一人で集中している場面をよく見かけました。すごく真剣に芝居に向き合っていて、少しでも空き時間があったら真っ先に監督のところに行っていろいろと聞いていました。もう一度リハーサルがしたいと相談をしたりして、とにかく最初からエンジン全開で飛ばしていたなという印象ですね。ただ、“現場でもっとしゃべれよ、お前は!”って思ってました(笑)

一同:(笑)

森田:確かに現場ではあんまりしゃべってなかったもんね(笑)オフのときはそんなことなかったんだけど。

安井:本当だよ!(笑)でも普段から何でも器用にこなすタイプの美勇人が、この現場では不器用にもがいていて、メンバーとしてはすごく新鮮でしたし、新しい一面を見ることができて嬉しかったです。

山本涼介の“お味噌汁みたい”な温かさ 映画『ニート・ニート・ニート』 安井謙太郎×山本涼介×森田美勇人 3ニートーク【出発編】

お互いの印象と現場での姿についてトークを繰り広げていただいた【出発編】、いかがでしたか?多くの言葉を交わさずとも、“空気”でお互いを理解し合えるような、3人の素敵な関係性を垣間見ることができました。

【道中編】では、撮影期間中の楽しかったこと、大変だったことをたっぷり振り返っていただきました!お楽しみに!

◆【道中編】 山本は日本酒を堪能、一方安井は牛乳推し!?

記事の写真はCinemaGeneの公式InstagramにもUPしています!こちらもチェックしてみてくださいね!
山本涼介の“お味噌汁みたい”な温かさ 映画『ニート・ニート・ニート』 安井謙太郎×山本涼介×森田美勇人 3ニートーク【出発編】

『ニート・ニート・ニート』公式サイト
安井謙太郎(ジャニーズ Jr.)、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズ Jr.)、灯敦生
監督・脚本:宮野ケイジ(『夢二~愛のとばしり』『殺る女』)
原作:三羽省吾 「ニート・ニート・ニート」(角川文庫)
主題歌:「キャリーオン」9mm Parabellum Bullet(日本コロムビア)
企画:株式会社ミレ・ファクトリー
宣伝:(株)MACH
製作:映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会
配給・宣伝:MACH/スパイラル・ピクチャーズ
11月23日(祝・金)、“勤労感謝の日”より全国ロードショー
©2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会
Return Top