中島健人×岸優太は相性抜群の最強コンビ!“天性の愛され力”と“とことんこだわる熱さ”が魅せる化学反応とは?

12月21日(金)より公開中の映画『』は、極道一家の一人息子・一条楽()と、ギャング組織の一人娘・桐崎千棘(中条あやみ)が、性格真逆で相性最悪にも関わらず、お互いの組織の抗争を鎮めるために“偽物の恋人=ニセコイ”を強制的に演じさせられることから始まるブッ飛んだハイテンションコメディ。

公開前から話題となっていたのが、一条楽役の中島健人さんと、楽の親友・舞子集役のさんの共演!2人は2016年公開の映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』で初共演。中島さんはドSの黒王子・黒崎晴人を、岸さんは黒崎くんを尊敬する同級生・梶祐介を務め、それぞれキャラの立った役どころを熱演し、注目を集めました。

前作同様、本作でも同級生役を演じた2人。そんな彼らが魅せる抜群のコンビネーションに、ファンの間でも中島さん×岸さんコンビを激推しする声がヒートアップ中なんです!彼らはなぜファンのハートをここまで鷲掴みにしているのか?どうやらその秘密は“天性の愛され力”と“とことんこだわる熱さ”にあるようです…!

気づけば周りは笑顔とハッピーでいっぱい!“天性の愛され力”

中島さんと岸さんの共通点。それは気づけばその場にいる人が笑顔に、そしてハッピーになってしまう愛らしさ!映画やドラマなど芝居の現場ではもちろん、バラエティ番組での共演をきっかけに、2人の魅力にハマってしまう人が続出。王子様キャラとして知られる中島さんは、即座に飛び出す秀逸なコメントで場を沸かせ、いつでもアイドル100%な対応力が持ち味。求められることに対して的確に応えてくれる“ケンティー”が気になって仕方ないと、いつの間にか目が離せない存在になっていること間違いなし!

一方の岸さんは、ツッコミどころが満載の天然ボーイ。“黄色い歓声”ならぬ“黄色い息”など、岸さん独特の表現や言い回しがとにかくクセになる!デビュー前から変わらない物腰の低さに加え、人懐っこさと愛嬌もたっぷり。思わず面倒を見たくなってしまうかわいさに周囲はメロメロになってしまうんです!

そんな2人が生み出す掛け合いはテンポが良くて、最高におもしろい!中島さんは岸さんについて「いるだけで周りが微笑んでしまう存在」だと話し、岸さんは中島さんに対して「すごいところしか見つからない」と語るほど、それぞれの持つ魅力にゾッコン。先輩・後輩の域を超えて尊敬し合い、しっかりと信頼関係が築かれているからこそ、息ピッタリなコンビネーションが生まれているのです!