CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

大人女子に刺さりまくる。漫画家東村アキコの魅力

東村アキコ2
出典:http://kisscomic.com/kc/kurage/index.html

東村アキコ3
出典:http://www.amazon.co.jp/

東村アキコ先生と言えば、「海月姫」「主に泣いてます」と実写化もされるほどの人気と実力、そして美貌を兼ね備えた漫画家さんですね。
今回は東村アキコ先生の簡単なプロフィールと、お勧め作品をまとめてみました!

東村アキコ先生って?

アイキャッチ (12)
出典:http://kisscomic.com/kc/kurage/index.html
出典:http://www.amazon.co.jp/

東村アキコ先生は、1975年10月15日宮崎県串間市に生まれました。物心ついた頃には、すでに少女漫画家になる事を心に決めていたようです。1999年のデビュー当時はシリアス調を基本としていましたが、活動する内にギャグマンガの方が向いている事に気付き、
徐々にギャグ路線へと路線変更をする事になりました。以降、数々の話題作を手掛ける売れっ子漫画家となったようですね。

アラサー女子には耳が痛い!「東京タラレバ娘」

東村アキコ4
出典:http://www.amazon.co.jp/

東村アキコ5
出典:http://woman.mynavi.jp/tu/141226/

「東京タラレバ娘」は現在4巻が発売されており、アラサー女子から多大な支持を受けている作品です。ギャグ調の中に胸に突き刺さる現実をバランス良く混ぜた作品で、「第6回an・anマンガ大賞」を受賞した作品でもあります。
主人公は結婚も仕事も恋愛も上手くいかず、「痩せたら~」「結婚したら~」そんな「○○したら」という発言ばかりのアラサー女子です。女子会でいつものようにそんな話をしていると、突然金髪美少年に「このタラレバ女!」と言われてしまうようですね。
アラサー女子が読むと胸に突き刺さりますが、男性が読んだらスカッとする作品だと言われれています。

「かくかくしかじか」を読むべし!

東村アキコ6
出典:http://cocohana.shueisha.co.jp/viewer/higashimura/kakukaku01/

東村アキコ7
出典:http://f.hatena.ne.jp/chinman/20140128105624

「かくかくしかじか」は東村アキコ先生の自伝作品であり、幼少期の生い立ちと漫画家になり有名漫画家になるまでの道を描いた漫画です。東村アキコ先生の作品を読んでいると、あまりにも鋭いツッコミと的確な人間観察能力が発揮されていますね。この作品を読めば、「東村アキコ先生とはなにか」というものがよくわかります。全5巻と読みやすいのでおすすめです。

育児あるある「ママはテンパリスト」

東村アキコ8
出典:http://www.amazon.co.jp/ママはテンパリスト-1-東村-アキコ/dp/4087821889

東村アキコ9
出典:http://buzz-manga.blog.jp/Mama-ha-Temparist-vol1-4-All-Volumes.html

「ママはテンパリスト」とは東村アキコ先生の実際の育児を描いた、育児エッセイ漫画となっています。息子さんの育児に日々奮闘する姿がコミカルに描かれています。キャッチコピーは「すいません、育児ナメてました」。
育児漫画では異例の50万部を売り上げ、マンガ大賞を受賞するなどかなり評価の高い作品です。育児奮闘中の人はもちろん、育児が大変だった人はぜひ読んでみてください。

いかがでしたか?東村アキコ先生は、特にアラサー女子から絶大な人気を得ている漫画家さんですね。女性だけでなく、男性も楽しめる作品ばかりなのでぜひ読んでみてください!

Facebookコメント

Return Top