CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

これを見ればあなたも映画ツウ?パロディー映画の名作5選

01 (14)
出典:http://www.intermissionbristol.co.uk/

元ネタを知らないからという理由で、パロディ映画を避けてしまっていることはありませんか?今回は、そんな人のために、物語としても楽しめ、元ネタを細かくまで知らなくても、なんとなくあの映画のパロティ?あのシーン?と気付くパロディ作品をご紹介します。

笑えるゾンビ映画の代表格『ショーン・オブ・ザ・デッド』

突如、全米各地で死体がよみがえり、人間を次々と襲い始める原因不明の現象が起きる。生きる死体“ゾンビ”に噛まれた人間もゾンビ化していき、人々はパニックに陥ります…。ゾンビ映画の金字塔ジョージ・A・ロメロ監督の『ゾンビ』をパロディ化した作品。物語のテンポが早く、ゾンビが最強の存在のように描かれている最近公開されているゾンビ映画とは違い、ロメロ監督が描いたように、知能が低くのろまな存在としてゾンビが描かれています。パロディ作品らしく、ホラーをモチーフにしていながら、全く怖くないどころか笑って楽しめる作品です。また、パロディながら、ストーリーもしっかりしていて、上質な作品として仕上がっています。

何本もシリーズ化されているパロディ界のエース『最終絶叫計画』

114d522512331fb5557f3fb442ec3231
出典:http://news.livedoor.com/

カリフォルニアで、イタズラ電話を受けた高校生のカップルが惨殺されます。同じ高校に通うシドニーも、その不気味な電話を受けていて…10代の若者が体験する恐怖と特徴的なマスク殺人鬼を描いた『スクリーム』を下敷きにパロディ化した作品。その他にも『ラストサマー』『13日の金曜日』『マトリックス』『エルム街の悪夢』『タイタニック』など、様々な映画のパロディが登場するので、映画好きも楽しめますが、有名作品を真似たものが多いので、映画ファン以外でも楽しめる作品です。スクリームのマスクで笑える時がくるとは思っていませんでしたが、徹底的に下品でブラックなユーモアに溢れた作品です。「絶叫計画」シリーズとして、色々な作品をパロディ映画化をしているので、他シリーズも観てみてほしいです。

SF好きもコメディ好きも映画好きな人に見て欲しい『ギャラクシー・クエスト』

galaxy-quest10-700x400
出典:http://nico2.neoboss.net/

世界中で長年多くのファンに愛されている大人気SFシリーズ『スター・トレック』のパロディ作品。熱狂的なファンがいる20年前に打ち切りになったSFドラマ「ギャラクシー・クエスト」のファン集会。招待された出演者たちの前に、奇妙な異星人が現われ、ドラマを現実と勘違いした彼ら。出演者たちは彼らから「自分たちの星を侵略者から守って欲しい」とスカウトを受けてしまい…という物語です。
多くのパロディ映画のように、おふざけ感が強くゲラゲラ笑ってしまうようなものではなく、純粋にコメディとして笑って楽しめるけれど、B級感ももちろん満載の作品です。『スター・トレック』を子どもの頃から見ていて、好きだった人たちがリスペクトを持って制作した…そんな風に感じる作品です。

このテンションと型破りなくだらなさこそハリウッド!『オースティン・パワーズ』

モテモテのカメラマン、オースティン・パワーズの正体は、実は女王陛下のスパイ。1960年代に宿敵ドクター・イーブルが冷凍保存され未来に向かったため、オースティンも同じように未来へ。そして、現代で解凍され…人気俳優がカメオ出演していたり、有名アーティストも出演しているなど、キャストが豪華な『オースティン・パワーズ』は、世界一有名なスパイであるジェームズ・ボンドが活躍する『007』のパロディ作品。はちゃめちゃでおバカな展開が続きますが、意外にもストーリーはきちんとしています。しかし、ストーリーをあまり気にせず観られるほど、次から次へとくだらないことが起こります!

パロディ映画の傑作(?)と呼び声高い『ホット・ショット』

米海軍の世界最高のエリートパイロットたちを養成する訓練学校“トップガン”に所属する隊員・マーべリック。パートナーのグースとともに厳しい訓練のなか、コンビネーションを活かして課題をクリアしていく。ある日の攻撃訓練中に事故に巻き込まれ、同乗していたグースが亡くなってしまう…トム・クルーズの出世作『トップガン』を中心にパロディ化した作品。『愛と青春の旅立ち』『ナインハーフ』などの有名シーンも、登場します!青春映画のパロディとは思えないほど、物語よりも、観ている人をどれだけ笑わせるか、どれだけボケているかに重点を置かれたような、とにかく笑わせてくれる作品です。

元ネタとともに紹介しましたが、その作品を観たことがなくても、楽しめてしまう作品ばかりです。先にパロディ映画を観てから、元ネタの作品を観てみる、なんていう逆の発想で楽しんでみても面白いのではないでしょうか。

Facebookコメント

Return Top