CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

宮沢りえ×オダギリジョー×松坂桃李 『湯を沸かすほどの熱い愛』特報映像がついに解禁!

死にゆく母の熱い想いと驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李などが出演する映画『湯を沸かすほどの熱い愛』が、10月29日(土)より新宿バルト9他にて全国公開されます!
湯を沸かすほどの熱い愛:仮メイン
そしてついに!5月8日「母の日」という日に、特報映像が解禁となりました!

毎日明るく生きている母・双葉につきつけられた、余命2カ月の宣告。残されたわずかな時間、病室のベッドの上でただ静かに死を待つ…そんな生き方もあるかもしれない。しかしこの「母」はふた味違う!命の終わりを意識し双葉が家族の為に「どうしてもやらなきゃいけないこと」をやり遂げるべく巻き起こす、予想もつかない怒涛の展開には、あなたの頭も沸騰すること間違いなし!!大きく、深く、そして〝謎″に満ちたこの母の熱い愛、その一端が特報映像に散りばめられています。

ひりひりするような感動を、ぜひスクリーンで目撃してください!
(オダギリジョー、松坂桃李の場面写真はこちらから

『湯を沸かすほどの熱い愛』作品詳細

私には、死ぬまでにするべきことがある。
銭湯「幸の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から、彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め実行していく。家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる、気が優しすぎる娘を独り立ちさせる、娘をある人に合わせる…母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うものだった。ぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく家族。そして母から受けた大きな愛で繋がった家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

10月29日(土)新宿バルト9他全国ロードショー
©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

Facebookコメント

Return Top