CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

コメディからシリアスまで。日本でもおなじみの名俳優 エディ・マーフィが出演するおすすめ映画作品

BEVERLY HILLS, CA - FEBRUARY 22: ( Editors Note: Image processed using digital filters ) Comedian Eddie Murphy attends the 2015 Vanity Fair Oscar Party at Wallis Annenberg Center for the Performing Arts on February 22, 2015 in Beverly Hills, California. (Photo by Jason Kempin/Getty Images)
出典:http://www.inquisitr.com/

エディ・マーフィと言えば日本でもおなじみの名俳優です。コメディからシリアスまで幅広くこなす名演技はいつも私たちを楽しませてくれます。今回はエディ・マーフィの出演作品の中からおすすめの作品をご紹介します。

ブレイクのきっかけとなった大ヒット作『ビバリーヒルズ・コップ』

EddieMurphynetworth
出典:http://www.howmuchmoneytheymake.com/

エディ・マーフィが一躍トップスターの仲間入りを果たすことになった本作は、刑事が巨悪に迫るアクションコメディ。腕利きでしたが問題児でもあったため、上司に見放されたデトロイトの刑事アクセル(エディ・マーフィ)が、ビバリーヒルズからやってきた幼馴染マイキーと再会するも、マイキーは殺されてしまいます。アクセルは仇を討つべく単身ビバリーヒルズに乗り込み、ビバリーヒルズの刑事たちと協力しながら、巨悪に迫っていきます。

ディズニー映画で声優も務める『ムーラン』

ムーシュー
出典:http://kids.disney.co.jp/

ブレイク後も順調にキャリアを重ねたエディ・マーフィは、その特徴的な声を生かし、ディズニー映画で声優を務めることになります。エディ・マーフィが声を当てたムーシューは、主人公ムーランの家の元守り神です。性別を偽り従軍するムーランについていき、時に重要な役割も果たすムーシューは、そのコミカルなキャラクターで人気となり、ゲームやグッズにも登場しました。

新たなドリトル先生を作り出し話題になった『ドクター・ドリトル』

原作は児童文学シリーズの「ドリトル先生」ですが、この映画では動物と会話できるという設定のみを引き継ぎ、舞台もビクトリア朝イギリスから90年代のサンフランシスコとなっています。そんなドリトル先生を90年代当時の人物として見事に蘇らせることに成功したのが、エディ・マーフィです。幼いころに動物と会話できる能力を異常だと言われ、動物を拒絶するようになってしまったドクター・ドリトルが再び動物を受け入れ、心を通わせる様子をコミカルに演じています。

ドリームワークスの大ヒット作にも出演『シュレック』

実は大人気アニメ映画シリーズ『シュレック』にも、エディ・マーフィが出演しているんです。エディ・マーフィが演じるのは、お調子者でおしゃべりなロバのドンキー。主人公シュレックの旅についていくムードメーカー的存在です。2人が助けるフィオナ姫の声を当てるのはキャメロン・ディアス。普段は吹き替えで見る方も、一度字幕で人気俳優たちの声を聴いてみてください。

シリアスな役柄もこなす『ドリームガールズ』

2006年公開のミュージカル映画『ドリームガールズ』は、実話を基にした同名のブロードウェイミュージカルを映画化した作品です。エディ・マーフィは、主人公たちのグループ「ドリーメッツ」がブレイクするきっかけとなった歌手、ジェームズ・“サンダー”・アーリーを演じています。女性コーラスグループの成功とその裏側にある人間関係、そして解散までを華やかな楽曲とともに描いた本作で、エディ・マーフィはゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞しています。

Eddie Murphy arrives at "Movies Rock: A Celebration of Music in Film," at the Kodak Theater in Los Angeles, Sunday, Dec. 2, 2007. (AP Photo/Chris Pizzello)
出典:http://hookedoneverything.com/

コメディからシリアスまで。日本でもおなじみの名俳優 エディ・マーフィが出演するおすすめ映画作品いかがでしたでしょうか?幅広いキャラクターを演じるエディ・マーフィの作品を見て、その魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

『ビバリーヒルズ・コップ』
© 1984 Paramount Pictures.

『ドリームガールズ』
©2006 Paramount Pictures and DreamWorks LLC.

Facebookコメント

Return Top