CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

『スノーホワイト/氷の王国』など、グリム童話が原作のファンタジー映画

アイキャッチ

ドイツで生まれたおとぎ話をグリム兄弟がこの世に送り出したのが、グリム童話。子供の頃、絵本やアニメでそれらの話を見聞きしたことがあるはず!そんなグリム童話を題材とした映画をピックアップしてみました。

原作は言わずと知れた“白雪姫”!『スノーホワイト/氷の王国』

その昔、白雪姫たちとの戦いに破れた邪悪な女王ラヴェンナ。実は彼女には妹フレイヤがおり、ラヴェンナを上回る魔力を持つ彼女は国をわがものにしようと企んでいました。氷の王国の軍隊に白雪姫の持っていた”魔法の鏡”を奪わせ、その力と自らの魔力で姉ラヴェンナを蘇らせます。

言わずと知れた「白雪姫」がもととなったこの作品。その白雪姫が登場したのはこの映画の前作となる『スノーホワイト』でした。そこで白雪姫たちによって破滅に追い込まれた女王ラベンナと妹フレイヤのストーリーが本作です。

女王も王子様を狙ってる?ちょっと笑える『白雪姫と鏡の女王』

100800_002
出典:http://www.thehunchblog.com/

意地悪な継母である女王に、城から出ることを許されず成長した白雪姫。ある時紛れ込んだ仮面舞踏会で、アルコット王子と出会い恋に落ちます。しかし、女王は王子と財産目当ての結婚を計画していたのです。邪魔者扱いされて森に捨てられた白雪姫は、7人の小人と出会い、王子と国民を助けるために剣を学ぶのでした。

アクションの要素も濃い『スノーホワイト/氷の王国』とは反対に、かわいいファンタジックコメディとして「白雪姫」を映画化したのがこの作品です。
ジュリア・ロバーツが憎めない悪の女王を演じています。白雪姫に扮したのは『あと1センチの恋』などのリリー・コリンズ。日本人アートディレクター・石岡怜子が手がけた衣装にも注目してください。

さぁ、森へ!童話の登場人物たちがいっぱい!『イントゥ・ザ・ウッズ』

魔女の呪いで子供に恵まれないパン屋の夫婦。呪いを解くためには、森で4つのものを手に入れなければなりません。
森で出会ったのはラプンツェル、シンデレラ、赤ずきん、ジャック…彼女たちもそれぞれの事情があって森へ来ていました。パン屋の夫婦が求めるものはその童話の登場人物たちが持つものだったのです。しかし、オオカミや王子様も登場し、自分たちの物語で忙しい登場人物たちの持ち物を手に入れるのは難しく、思い通りにはいきません。

ブロードウェイのミュージカルを映画化した作品です。監督は『シカゴ』などのロブ・マーシャル。魔女役にメリル・ストリープ、オオカミ役にジョニー・デップなどキャストも超豪華!『ピッチ・パーフェクト』でパワフルな歌声を披露したアナ・ケンドリックがシンデレラを演じ、ストリープ、デップたちと共に歌い踊っています。わがままな赤ずきん、城から逃げ出したシンデレラ、その王子とラプンツェルを見初める王子は兄弟…など、くすっと笑えるエピソードも満載です。

幼かった兄妹が魔女ハンターに?!『ヘンゼル&グレーテル』

100800_003
出典:https://sites.google.com/

15年前に両親に捨てられ、森で魔女の住みかであるお菓子の家に迷い込み捕まってしまったヘンゼルとグレーテル。どうにか魔女を退治した2人は、大人になり今では魔女狩りをして得た賞金で暮らしていました。
ある時、子供が次々誘拐されるという村から依頼され魔女ミュリエルを追うことになります。

「ヘンゼルとグレーテル」の後日談として映画化された作品。『アベンジャーズ』などのホーク・アイ役で人気のジェレミー・レナーが主演を務めています。たくましく成長した兄妹が軽快に戦うファンタジーアクション映画です。

ビビデバビデブー!誰もが知っている呪文が飛び出す『シンデレラ』

継母と義理の姉たちから召使のように扱われながら、友達の小鳥やネズミたちと明るく前向きに生きているエラ。ある夜、身分を隠した王子と森の中で出会いお互い忘れられなくなります。彼はエラ探すために国中の未婚の女性を招いた舞踏会を開催しますが、継母はエラには留守番させるつもりです。どうしても行きたいエラの前に現れたのは、願いを叶えてくれる魔法使いでした。

「シンデレラ」のストーリーを忠実に実写化した作品です。リリー・ジェームスが快活なシンデレラを演じました。お城、ドレス、王子様…そして恋と魔法。女子の大好きなものがいっぱい詰まった映画です。

初めての外の世界と恋にワクワク『塔の上のラプンツェル』

100800_004
出典:http://www.seventeen.com/

とある森の中にある塔。そのてっぺんの部屋にはラプンツェルという少女が暮らしていました。外に出ることは禁じられ、母親であるゴーテルが来たときにはラプンツェルの長い髪を窓から垂らして部屋へ招き入れるのです。実はこの母親は魔女で、王女のラプンツェルを幼い頃誘拐して自分の若さを保つために利用し続けているのでした。
ある日、泥棒のフリンが追手から逃げるために塔をよじ登りラプンツェルの部屋に入り込みます。それをきっかけにフリンの助けを借りてラプンツェルは初めて外の世界に飛び出します。

フリンとラプンツェルがボートから見る、夜空に浮かぶランタンの美しさにうっとりします。「髪長姫」ともいわれる童話をもとに映画化したディズニーアニメーションです。

100800_005
出典:http://thefilmexperience.net/

童話の世界を、リアルで幻想的な映像や音楽と共に感じることができる映画の数々を紹介しました。まさに夢の世界です。本来の話からは逸れているのもまた魅力の1つ。ファンタジーやアクション、ホラーとして楽しむことができれば、新しい発見もあり得した気分にもなりますよね。VFXやCGが進化し続ける映画界、これからどんな童話ベースの作品が飛び出すか楽しみです。

『スノーホワイト/氷の王国』
©Universal Pictures

『白雪姫と鏡の女王』
©2011 Relativity Media, LLC. All Rights Reserved.

『イントゥ・ザ・ウッズ』
©2014 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.

『シンデレラ』
© 2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『塔の上のラプンツェル』
© Disney Enterprises, inc. All Rights Reserved.

【関連記事】
◆大人になった今だからこそ読み返したい。昔懐かしいグリム童話
◆『スノーホワイト/氷の王国』にも出演。ジェシカ・チャステインのおすすめ作品

Facebookコメント

Return Top