CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

観客500人の大合唱&JINからの手紙に松坂桃李、菅田将暉が感激!映画『キセキ ―あの日のソビト―』初日舞台挨拶!

映画『キセキ ーあの日のソビトー』の初日舞台挨拶が、公開日の1月28日(土)、丸の内で行われ、W主演を務める松坂桃李さん、菅田将暉さんを初め、忽那汐里さん、平祐奈さん、横浜流星さん、成田凌さん、杉野遥亮さん、兼重淳監督が揃って登壇!公開を待ちわびた500人のファンの大声援を受けました!

◆松坂桃李×菅田将暉“キセキ”の舞台裏!映画『キセキ -あの日のソビト-』知られざる物語はコチラ

500人の観客が「キセキ」を大合唱!サプライズな幕開け!

0128%e3%80%8e%e3%82%ad%e3%82%bb%e3%82%ad-%e3%83%bc%e3%81%82%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%82%bd%e3%83%93%e3%83%88%e3%83%bc%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6%e3%82%aa
観客500人の“キセキ”の合唱で登壇者を迎えるという演出がなされた本イベント。盛大な歌声で迎えられた松坂さんは「お客さんが歌ってる中で登場するのは初めて!感動しました!」と喜び、先日さいたまスーパーアリーナで16,000人の前で歌った菅田さんは「(「キセキ」の)イントロを聞いただけで、緊張する身体になってしまいまして(笑)でも純粋に嬉しかったです。」と、アーティストならではの一面をのぞかせました。

公開初日を迎えた気持ちを聞かれると、菅田さんは「グリーンボーイズ含めこの映画で、GReeeeNさんのライブに行ったり、色んなことをして、本当に音楽の力や言葉、人と人との力を感じた作品でした!」と感慨深げに語り、平さんは「今日はGReeeeNやグリーンボーイズの曲をたくさん聞いて来ました!」と意気込みをコメント。
成田さんと杉野さんは「今日で揃うのが最後だと思うと寂しい。」といい、横浜さんは「グリーンボーイズ!!」と普段と違う甲高い声を発し、菅田さんから「本家のnaviさんの声が高くて、びっくりしたので、それをやってくれました、ありがとう(笑)」と仲の良さをうかがわせました。
兼重監督は「ようやくこの日を迎えられて嬉しく思っています。今日はありがとうございます。」と感謝の気持ちを述べました。

プロデューサー・JINからのサプライズ手紙…!その時松坂桃李&菅田将暉は…?

そして、他の共演者には内緒で、GReeeeNのプロデューサーで本作の音楽プロデューサーのJINさんからサプライズの手紙を預かったことを明かした松坂さん。
「ついにこの日を無事迎えることができ、本当にありがとうございました。この映画を観て、当時弟たちや家族と歩んできた道、ソビトだったメンバーや私自身に起こったキセキを思い出しました。音楽で何ができるだろうというその問いと今も立ち向かいながらも、一つの証となるような気がします。」とJINさんの熱い思いが詰まった手紙を読み上げる松坂さんに対し、菅田さんは、「嬉しい!GReeeeNさん、JINさんがあったかい人だからこそ、こんなに大きなエンタテイメントになった。」と喜びを隠せない様子。
松坂さんは「JINさんは、手紙からも伝わりますが本当に真っすぐで、素敵な人。一緒にいて和らぐ人だと改めて思いました。」とJINの人柄に触れ、想いを語りました。

最後に菅田さんは「僕らも演じながら、GReeeeNさんの歌や生きざまに勇気や愛をもらいましたし、同じようにあったかいものを感じられる映画と思ってもらえたら、ぜひ勧めてほしい」とPR。松坂さんは「色んな人に支えられて、盛り上げることができた作品!不思議な力をもらえる作品だと思っているので、皆さんにもぜひ感じて欲しい!」と力強くメッセージを贈りました。

映画『キセキ ーあの日のソビトー』予告編

出演者

松坂桃李
菅田将暉
忽那汐里
平祐奈
横浜流星
成田凌
杉野遥亮
早織
奥野瑛太
野間口徹
麻生祐未
小林薫

スタッフ

監督:兼重淳
脚本:斉藤ひろし 「秘密」「黄泉がえり」
音楽:GReeeeN
製作:「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

『キセキ ーあの日のソビトー』公式サイト
配給:東映
2017年1月28日(土)全国公開!
2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

【関連記事】
◆『キセキ ーあの日のソビトー』 では歌唱シーンも披露!松坂桃李くんの魅力!
◆菅田将暉&忽那汐里、お似合いすぎる2ショットシーン公開!映画『キセキ -あの日のソビト-』場面写真解禁!

Facebookコメント

Return Top