CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

「ファッション」「音楽」「サブカル」で見る!映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』

人気コラムニスト・渋谷直角のレジェンドコミックを映画化した『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』がいよいよ9月16日(土)より全国公開!
『モテキ』の大根仁監督と、妻夫木聡×水原希子の初タッグが話題の本作を、「ファッション」「音楽」「サブカル」3つの観点から注目ポイントをご紹介します!

「おれは奥田民生みたいな“力まないカッコいい大人”になる!」
雑誌編集者・コーロキ、最後の青春がいま走り出す!


奥田民生を崇拝してやまない雑誌編集者・コーロキ(33歳)。きっかけは、子供の頃に見た歌番組でのこと。その気取らないスタイルに感銘を受けて以来、将来は奥田民生みたいな大人になると決意!
そんなコーロキは、異動になったライフスタイル雑誌編集部でのオシャレすぎる高度な会話に四苦八苦するも、奥田民生の良さを唯一理解してくれる編集長を見て、「この人の下でならやっていける!」と仕事に精を出す毎日。
しかし、ある日仕事で出会ったファッション業界でプレスとして働く絶世の美女・天海あかりに一目ぼれ!
あかりに釣り合う男になろうと仕事に力を入れ、嫌われないようにデートにも必死になるが常に空回り。あかりの自由奔放な言動にいつも振り回され、いつしか身も心もズタボロに…。
コーロキはいつになったら奥田民生みたいな「力まないカッコいい大人」になれるのか!?

注目ポイントその1.【ファッション】


本作でなんといっても目を引くのが、水原希子さん演じるあかりのキュートでハイセンスなファッションコーデ。シーン毎に目まぐるしくチェンジするあかりの衣装は、大根監督のこだわりでなんと全シーン異なる衣装を用意。男ウケ抜群な白ニットコーデや、デニムワンピをフェミニンに着こなす令嬢風、シックな黒のレースで上品にあしらうパーティースタイルなど、メイクから髪型まで、TPOに合わせたあかりの“狂わせコーデ”はどれも見逃せません。

そんなあかりのファッションは、公開に先駆け開設された「天海あかり公式インスタグラムアカウント」でもチェックすることができます。中には、劇中で重要なシーンとなる意味深な投稿も…?こちらも是非チェックしてみてください。

注目ポイントその2.【音楽】


妻夫木聡さん演じる主人公・コーロキが崇拝する奥田民生さんは、ロックバンド「UNICORN」、またソロアーティストとして、日本のロックシーンを長年牽引してきたレジェンドの1人。そんな奥田民生さんの楽曲が本編では余すことなく使用。劇中、ここぞとばかりに流れる珠玉のナンバーは、まさにコーロキの心を表す代弁ソング。「愛のために」「マシマロ」「CUSTOM」など全15曲にも及ぶ名曲たちが映画を鮮やかに彩ります。
また、劇中の音楽だけでなく、レコードやTシャツなど、随所に散りばめられた“民生グッズ”にも注目してみてください。

注目ポイントその3.【サブカル】

2011年公開の映画『モテキ』では、下北沢や三軒茶屋を舞台に、マンガ、音楽、ファッションなど、若者のトレンドをふんだんに盛り込んだ大根仁監督。徹底したリサーチに基づき、リアリティを追求する大根監督の真骨頂は本作でも健在。LINEの既読無視やTwitterの炎上問題など、まさに「見たことある!」な描写が事細かに描かれています。

また、『モテキ』『SCOOP!』など、大根作品には欠かせないリリー・フランキーさんが本作で演じるフリーライター・倖田シュウとコーロキの会話シーンはとにかく必見。倖田の「クイック・ジャパン」や「Zeebra」など、サブカルごころをくすぐるワードチョイスに思わず吹き出してしまうこと間違いなし(?)
さらに、情緒不安定な人気ライター・美上ゆうを演じる安藤サクラさんの怪演にも注目です。

「おれのこと彼氏だって言ってたよね…?」
果たしてコーロキの恋の結末は…!?


普段からおしゃれで愛嬌たっぷりなあかりはコーロキにとって高嶺の花。“インスタ映え”するおしゃれな食べ物よりも、心の中では立ち食い蕎麦が食べたいと願うコーロキは、あかりに釣り合う男になろうと必死に振舞います。
しかし、オーガニック野菜を次々にカゴに入れていくあかりに対して思わず「ダイコン1本1000円!?高っ!」と言ってしまうなど、庶民的な性格が仇となりしばしば険悪なムードに…。

奥田民生のような“力まないカッコいい大人”になるはずが、LINEではやたらと長文&連投、さらに既読が付かないとソワソワ。あかりのインスタグラムのアカウントを調べては粘着したり、とうとう会社の電話であかりと連絡を試みようとする始末。すべてはあかりに会いたいという気持ちだけなのにーー。
果たしてコーロキに訪れる未来は光か、それとも…。

最狂にポップで、かつてない恋愛エンターテインメント『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』は、9月16日(土)より全国公開です。

映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』予告編

原作:渋谷直角 「奥田民生になりたいボーイ・出会う男すべて狂わせるガール」(扶桑社)
監督・脚本:大根仁(「モテキ」・「バクマン。」)
出演:妻夫木聡、水原希子、新井浩文、安藤サクラ、リリー・フランキー、天海祐希、松尾スズキ

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』公式サイト
配給:東宝
9月16日(土) 全国東宝系にて公開!!
©2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

【関連記事】
◆福山雅治が借金まみれの中年パパラッチに!?映画『SCOOP!』に関するとっておきの4大スクープ!
◆妻夫木聡、満島ひかりらが繰り広げる数々の“愚行” 映画『愚行録』は冒頭5分で確実に引き込まれる

Facebookコメント

Return Top