CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

「この作品を目いっぱい愛してやってほしい」作品愛あふれる!映画『ルームロンダリング』ドラマ化も発表の公開初日舞台挨拶

主演の池田エライザさんが事故物件に住み、幽霊たちに振り回されるこじらせ女子を演じ、本日7月7日(土)より公開された映画『』。ユナイテッド・シネマ豊洲にて、公開初日舞台挨拶が行われました!さん、さん、さん、さん、TKOのさん、監督が登壇し、重大発表も行われたトークの内容をがっつりお伝えします!(※登壇者のお名前を一部敬称略とさせていただいております。)

割れんばかりの拍手に包まれ登場したキャスト陣と監督!本作の舞台挨拶には初登壇の木下さんがばしばしツッコミを入れる、賑やかで笑いに溢れたトークの始まりは、まずお一人ずつ挨拶の言葉をいただきました。

「この作品を目いっぱい愛してやってほしい」作品愛あふれる!映画『ルームロンダリング』ドラマ化も発表の公開初日舞台挨拶

池田(八雲御子役)「みなさん、おはようございます。各地方、雨の影響で本当に大変な地域がありまして、そんな中、皆様今日お集まりいただき本当にありがとうございます。皆様のおかげで『ルームロンダリング』、無事初日を迎えることができました。今日は短い時間ですけれども、色々お話ができたらいいなと思っておりますので、よろしくお願いいたします。」

池田さんの本日の衣装はレースがあしらわれた真っ赤なドレス。とても華やかで素敵です!

「この作品を目いっぱい愛してやってほしい」作品愛あふれる!映画『ルームロンダリング』ドラマ化も発表の公開初日舞台挨拶

オダギリ(雷土悟郎役)「おはようございます。オダギリです。なんか…とっても良い劇場で、広いっすね。こんな所で初日が迎えられて役者冥利に尽きます。」

そう言いながら、突然笑いだすオダギリさん。ほかの登壇者や会場からも笑いが起こると、「ごめんなさい、ちょっと今嘘をつきました。」と弁解!すかさず木下さんから「嘘ついて笑っちゃったんですね!」とツッコミが。その後「今日は楽しんで帰ってください。よろしくお願いします。」と締めて、本日も序盤からオダギリ節全開の挨拶でした。

渋川(パンクロッカーの幽霊 公比古役)「渋川清彦です。朝早くからありがとうございます。まずは、片桐監督、おめでとう!(会場から拍手が起こる)片桐監督がすごい緊張してるみたいなんで、何かいじってやってください!」

続いて渋川さん自身が「そんな言われても無理だよね?」とノリツッコミ!監督と渋川さんの親し気な関係性が垣間見えるようでした。

「この作品を目いっぱい愛してやってほしい」作品愛あふれる!映画『ルームロンダリング』ドラマ化も発表の公開初日舞台挨拶

伊藤(虹川亜樹人役)「僕個人としては、“伊藤”という苗字を最近つけてから初めての舞台挨拶なので、ちょっと慣れてないんですけども…。」

と、“健太郎”から“伊藤健太郎”に改名したばかりのご自身のことに触れて笑いを誘う伊藤さん!ここで池田さんから「映画に関係あることをもうちょっと…。」とリクエストが!「(既にほかのキャストが)みんな言っちゃったから」と笑いつつ、「短い時間ですれどよろしくお願いいたします。」と続けました。

木下(警察官 野口役)「“役者”の、木下です。本当に芸人というのは忘れてですね、今ただただ、気持ちいいです!(マスコミに)もっと写真撮ってください!今日はよろしくお願いします。」

芸人ということは忘れて臨む舞台挨拶と言いつつも、しっかり笑いをとりまくっていた“役者”の木下さん。

MC「木下さんは今回、本作品では舞台挨拶に出演していただけるのが初めてということで…」

木下「そうです!皆さんも初めてじゃないんですか?」

MC「完成披露なども、ちょっとあったんで…」

木下「あ、聞いてないなそれ!僕のスケジュールに入ってなかった…あんまり知りたくない事実でしたね。」

ふたりの掛け合いに会場から笑い声が響きます!そしてMCから今回大きなスクリーンの前に他のキャスト陣と一緒に登壇してどんな気持ちか尋ねられ、「いよいよ始まるんだなと。最高の七夕です!」と答えていました。

片桐監督「おはようございます。さっき池田さんが仰っていたように、初日の舞台挨拶に来たいと思っていたのに雨の状況で来られなかった人もいるので、残念且つ心配です。」

数日にわたる大雨の影響を案じる片桐監督、「あの…緊張しています。キーさん(渋川さん)が言うように。」と続けると、そんな監督を「泣きそうじゃない!?」と渋川さんがいじります!

片桐監督「(作品が)今日から自分の手元をはなれていくなって思っていて、いろいろあると思うんですけど、楽しんで観ていただけたら嬉しいなと思っています。今日はどうぞよろしくお願いいたします。」

Return Top