CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

北山宏光「スタッフの気持ちも背負って」映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』“トラさん招き猫”でヒット祈願!イベントレポート

2月7日(木)東京・今戸神社にて、映画『~僕が猫になったワケ~』のヒット祈願イベントが行われ、)さん、さんが登壇しました!

北山宏光「スタッフの気持ちも背負って」映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』“トラさん招き猫”でヒット祈願!イベントレポート

――まずは一言ずつご挨拶を頂戴します。

北山「朝早く寒い中ありがとうございます。本日はよろしくお願いします。」

多部「おはようございます。今日はよろしくお願いします。」

北山が現場で感じた“多部化”とは?
互いの第一印象を明かす!

――今日は縁結び、そして招き猫発祥の神社として大変有名な今戸神社にお越しいただいて、お二人には和装で登場していただきました!北山さん、今のお気持ちははいかがですか?

北山「アイドル誌でたまに着させていただくんですけど、こうして神社に来られて新鮮な気持ちです。」

――大変お似合いです!多部さんも今日は素敵なお着物ですが、お気持ちはいかがですか?

多部「素敵なお着物ですよね。」

――先程、本堂でご祈祷も受けられたということですが、いかがでしたか?

北山「初主演というのもありますが、このような形は初めてで、とても神聖な場所でヒットを祈願できて良かったです!」

――どんなことを考えながら受けられましたか?

北山「売れろ、売れろ~って(笑)いろんなスタッフさんが関わって、みなさんで作ったので、その気持ちを背負ってお祈りしてきました。たくさんの人に観てほしいなという気持ちです。」

――多部さんはどんなことを?

多部「私もたくさんの人に観ていただけたらいいなという気持ちでした。」

――今回北山さんは映画初出演にして初主演、さらに人間と猫というなかなかない二役を演じられていますよね!

北山「初映画、初主演、初猫でした。自分が今後作品をやっていくうえでも、忘れられない作品になるんじゃないかなと思います。」

――多部さんは妻であり母でもある、とても明るくおおらかな奈津子を演じていますが、役を振り返ってみていかがですか?

多部「奈津子というキャラクターは鏡のような… 鏡?(北山さんに向かって)合ってる?」

北山「合ってるんじゃないですか?(笑)」

多部「こんな奥さんがいたらいいなという奥さんを演じさせていただいて、難しかった部分もありました。でも撮影中は北山さんがすごく明るくて、現場が楽しかったです。それがそのまま映画に出ているんじゃないかなと思います。」

――ムードメーカーで座長であったと…!

多部「…そう思いますね!」

北山「思ってる!?(笑)でも家族の物語だから、裏でのコミュニケーションも大事かなと思っていました。」

Return Top