CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

北山宏光「スタッフの気持ちも背負って」映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』“トラさん招き猫”でヒット祈願!イベントレポート

――今回お二人は初共演ということですが、最初の第一印象はどんな感じでしたか?

北山「人見知りなのかなって思いました。楽屋とか帰ったら、空き時間が10分でも小説とか読み出しちゃうんですよ。“絶対頭に入らないでしょ!”と思いながら(笑)だから(小説読むのをやめて)一緒にごはん食べようっていう感じでしたね!でも気持ちいいくらいサバサバしているので、途中からはすごくおもしろかったです。」

――多部さんは本を読みたかったみたいですが(笑)、どのように受け入れられたんですか?

多部「すごく狭い空間だったので、「一緒に食べようよ」って言われたら、断れないっていうか…(笑)」

北山「そうだったの?断れなかったの?そっか…(笑)」

――渋々ということでよろしいですか?(笑)

北山宏光「スタッフの気持ちも背負って」映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』“トラさん招き猫”でヒット祈願!イベントレポート

多部「あの、私あんまり(北山さんの)立ち位置が分かっていなくて。どういう立ち位置なんですか?(笑)」

北山「何の立ち位置ですか?(笑)普段の?」

多部「そう!グループの中の。」

北山「たまにイジられ、たまにイジり…みたいな。」

多部「(北山さんが)現場でイジられまくってたんですよ。」

北山「いや、あなたにね!?(笑)」

多部「結構みんなだよ?裏ではみんなイジりまくってて…」

――裏では?(笑)

多部「いや、悪口とかじゃなくて!」

北山「徐々に僕がイジられだして、それを“多部化”と呼んでいました(笑)」

多部「私がイジるから、みんなもイジり始めて(笑)」

北山「うん、“多部化”してました(笑)」

多部「イジりやすいキャラなので、そういう立ち位置なんだろうなって…」

北山「僕はとてもフランクに接していただけだったんですけど、イジりだったんですね(笑)」

――第一印象と今とではお互いの印象は変わりましたか?

北山「僕は少し変わったかな。すごいサバサバしているのが、気持ちいいなと思うようになりました。」

――多部さんはいかがですか?

多部「これは本人にもお伝えしたんですけど、北山さんは私の母親が一番好きなアイドルなんですよ。この前も母親に会ったら「やっぱりかっこいいわ~」って。うちの母親は初めから今まで印象が変わらず、「素敵な人だわ」って言ってました…!」

北山「お母さんは北山推しでいいってことですよね?」

多部「本当にそうです!」

Return Top