CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

ジョジョの奇妙な冒険・第1部〜6部に見る登場人物の恋愛事情

01 (2)
出典:http://topicks.jp/13169
長期連載にも関わらず常に高い人気を誇る「JOJO」

漫画を読まない人でも、「ジョジョ」という言葉を聞いたことが無いという人は珍しいのではないでしょうか。1987年に少年ジャンプで連載を開始した「ジョジョの奇妙な冒険」は、いわゆる能力バトルの元祖とも呼べる内容で、血族の因縁を主題として壮大な物語が展開されてきました。そして、30年近くが経過した今も最新作「ジョジョリオン」がウルトラジャンプで好評連載中です。今回は副題として付いている第1部〜第6部までの、登場人物たちの恋愛・結婚についてご紹介したいと思います。

第1部 「ファントムブラッド」ジョナサン×エリナ

02 (2)
出典:http://ameblo.jp/
この時、エリナの胎内には新たな命が宿っていた

記念すべき第一部の舞台は1880年のイギリスです。名門貴族ジョースター家の一人息子ジョナサン・ジョースター(通称「ジョジョ」)と、父の恩人(実は誤解)の息子ディオ・ブランドーが養子としてに迎え入れられた時から、永年に渡る因縁が始まります。父ジョージを毒殺し、ジョースター家の乗っ取りを画策していたディオはジョナサンにその謀略を見破られます。そして追いつめられた末に、ジョナサンが研究中だった石仮面の力で吸血鬼へと変貌、壮絶な戦いの末、屋敷は全焼するもジョナサンは何とか生き残り病院へと搬送されます。
そして入院先で献身的な看護を続ける女性こそが、ジョナサンの初恋の相手であるエリナ・ペンドルトンでした。そして焼死したと思われていたディオとの因縁の対決を、波紋呼吸法の修行の末、制したジョナサンはエリナと結婚します。しかし、ハネムーン中の客船で首だけになって生き残っていたディオの襲撃を受けたジョナサンは致命傷を負ってしまいます。共に死ぬことを望むエリナに、ジョナサンはディオによって母を殺された赤子を託し、その子と共に脱出するよう促し、爆発する船と共にディオを抱えて海底へ沈んでゆくのでした。

第2部 「戦闘潮流」ジョセフ×スージーQ

03 (2)
出典:http://matome.naver.jp/
天然ボケな性格のイタリア人女性。第3部でも登場。

ジョナサンの死から50年後の1938年、ニューヨークに移住して来た老婦人と青年がいました。この青年こそがジョナサンの孫ジョセフであり、老婦人はエリナ・ジョースター、2人だけのジョースター家です。そん中、祖父ジョナサンの仲間であったストレイツォが老いてゆく自身に耐えられず、ディオと同様に石仮面の力で、吸血鬼へと変貌しジョセフを襲撃します。生まれつき波紋呼吸法が使えるジョセフはからくもこれを撃退しますが、同じ頃、石仮面を作り出した吸血鬼以上に強力な生命体である「柱の男」の存在が明らかになります。運命に導かれるように「柱の男」たちとの戦いに身を投じてゆくのでした。師匠であるリサリサと仲間シーザーと共に過酷な波紋の修業を重ね、成長してゆくジョセフが修行場である島で出会った女性は、使用人のスージーQ。
「柱の男」たちとの死闘を制したものの、死んだと思われていたジョセフの葬儀中に現れたのは、なんとジョセフ本人とスージーQでした。負傷した彼をベネチアで看護していたスージーQは、この間に結婚していたものの、生存報告の電報を打ち忘れていたのです。悲しみから一転、喜びに包まれる中、リサリサはかつてエリナと共に脱出した赤子であり、ジョセフの母であることを打ち明けます。そしてエリナも家族に見守られながら波乱に満ちた生涯を終え、第二部は完結します。

第3部 「スターダストクルセイダース」ポルナレフ×マレーナ

04 (1)
出典:http://jojofan.info/
原作には名前が出ず、アニメで判明

第2部 「戦闘潮流」から約50年後、1987年の日本で物語は始まります。「悪霊」にとりつかれたと、自ら留置場へ閉じこもるジョセフの孫・空条承太郎。「悪霊」は精神エネルギーが具現化した幽波紋(スタンド)という能力が発現したものだったのです。発現した原因はなんとディオの復活。爆発の際、ジョナサンの首から下の肉体を乗っ取り、専用の棺桶型シェルターで生き延びていたのでした。その影響でジョセフも含むジョースター一族に能力が発現、しかし承太郎の母ホリィにはそれを抑える能力がなく、生命の危機に陥ってしまいます。元凶であるディオを倒すためエジプトへ向かう一行。途中で仲間に加わったポルナレフが、「セト神」のスタンドを操るアレッシーとの戦闘中に子供に変えられてしまいますが、その危機を救ってくれた心優しき女性がマレーナでした。アレッシーを倒し、大人に戻ったポルナレフは彼女の淡い恋心を抱きますが、自身の正体を明かすこと無く、彼女の元を去ってゆきます。恋愛要素が少ない第3部の中でも印象深いエピソードです。

第4部 「ダイヤモンドは砕けない」広瀬康一×山岸由花子

05 (2)
出典:http://oshicyara.blog.jp/
容姿端麗だが思い込みの激しい性格

1999年、日本のM県S市杜王町。海洋冒険家となった空条承太郎はジョセフの隠し子(承太郎の年下の叔父)である主人公・東方仗助にジョセフが亡くなった時に備え、遺産分配について知らせるために杜王町を訪れます。仗助の友人であり、スタンド使いでもある広瀬康一はある日、同級生の山岸由花子から愛の告白を受けます。しかし、身勝手な性格からストーカー紛いの行動や無関係の女生徒を殺そうとするなど、スタンド能力を駆使した行動はエスカレートし、康一は求愛を拒否します。逆上して康一を殺そうとするも、戦いの最中でも、敵である由花子を気遣う彼の優しさに触れて、惚れ直す結果に。その後、紆余曲折を経て、晴れて両想いの関係となったのでした。

第5部 「黄金の風」ブチャラティ×トリッシュ

06 (2)
出典:http://jojosoku.com/
逃避行の中で成長するワガママ娘

舞台は2001年のイタリア、ディオの息子「ジョルノ・ジョバァーナ」(ジョジョ)が、ギャング「パッショーネ」で登りつめて行く物語です。主人公がジョースター家出身でないこともあり、過去の当登場人物たちとの関連性が最も薄く、完全に独立した群像劇となっています。女性キャラクター自体が非常に少ないため、恋愛のエピソードも他と比べて少ないのが特徴です。そのためか、ファンの間でよく話題となるのが、チームリーダーであるブチャラティとボスの娘であるトリッシュ・ウナの関係です。最近までボス自身も存在を知らなかった娘の保護指令がブチャラティのチームに出されます。しかしそれは保護ではなく、組織内の反乱分子が自分の過去を探るための手がかりを消す(殺害)するためのものでした。これに激怒したブチャラティは組織を離脱、同意してくれた仲間たちとの逃避行が始まります。ブチャラティはジョルノに全てを託し、死亡します。2人の恋は成就することはなかったものの、コアなファンの間ではトリッシュの本命はブチャラティであるというのが定説のようです。

第6部 「ストーンオーシャン」徐倫×ナルシソ・アナスイ

07
出典:http://blog.livedoor.jp/
お調子者な性格ながら自身を犠牲にする男らしさも

物語は2011年のアメリカ・州立グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所。ジョジョシリーズ初の女性主人公・空条徐倫(承太郎の娘)が冤罪で収監されたことから始まります。娘の収監を知った承太郎は、裏で仕組んでいた者がかつて自分が倒したDIOの部下だったことを知ります。刑務所の面会室から徐倫を連れ出そうとする承太郎は敵の襲撃から娘をかばい、記憶とスタント能力を奪われて仮死状態にされてしまいます。徐倫は父から受け取った「矢の欠片」によってスタンド能力を発現させ、父の記憶と能力を取り戻すことを決意します。しかしその裏には世界全体を巻き込む遠大な計画が隠されていたのでした。刑務所内で仲間となったナルシソ・アナスイは、徐倫に対して一方的な恋心を抱きます。当の徐倫はアナスイに特別な感情はないようでしたが、最終決戦時に自身の死もいとわない覚悟を目にし、想いを受け入れますが…。2人の恋の行方は是非、読んで確かめてみることをおすすめします。

いかがでしたか?超ロングランシリーズながら、やはりバトル漫画なので恋愛要素は少ないように思えます。この後も第○部とは冠されていないものの、「スティール・ボール・ラン」、そして「ジョジョリオン」とシリーズは続きますので、そちらでも恋愛エピソードを探してみるのも面白いかもしれませんね。

Facebookコメント

Return Top