CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

子供向けとあなどることなかれ…大人も楽しめるアニメ映画

large (6)
出典:http://weheartit.com/

子供の頃、夢中になっていたアニメ映画。大人になると不思議とすっかり観なくなってしまったという人も多いのではないでしょうか?しかし!子供向けとあなどる事なかれ!子供向け映画でも、しっかり大人のツボもついてくれる、そんなアニメ映画があるんです。今日は「クレヨンしんちゃん」や「ドラえもん」など、子供向けながら大人も楽しめるアニメ映画をご紹介します。

『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』

img_1793563_64952831_0
出典:http://teioblog.blogspot.jp/

クレヨンしんちゃんの映画シリーズの中で『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』と並び、高い人気を誇っているこちらの作品は、ある日、春日部に出来た20世紀博からスタートします。20世紀博で楽しめる、70年代に流行したおもちゃや食べ物に夢中になった大人たちは生活の中でもその懐かしさから抜け出す事なく、次第に大人らしさを失っていきます。20世紀博を作った「イエスタデーワンスモア」により大人帝国へと連れ去られてしまった大人たち。子供だけが取り残されてしまった春日部で、しんのすけたち、「春日部防衛隊」が立ち上がる…という物語。クライマックスでは、しんのすけの姿に胸を打たれます!

『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』

ひょんな事から腰を痛めたひろしが、マッサージに行くと、なんとロボットに!?という奇想天外な展開から始まる物語。すっかり野原家になじんだロボ父ちゃんですが、本物のひろしと再会してからの展開が泣ける!と評判の映画です。家庭の中で、すっかり威厳を失ってしまった父親たちや、父親をないがしろにする家庭の風潮に警鐘をならす本作は、古き良き日本の父親像や、新しい現代の父親像、そして家庭観など、希望のあるラストに向かって突き進みます。最近のクレヨンしんちゃん映画シリーズの中で、いちばん泣ける感動作です。

『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜』



クレヨンしんちゃん版『ウォーキング・デッド』!?

ある日ヒロシの仕事の都合で、春日部を離れる事になった野原一家。物語の冒頭、春日部を離れる野原一家や、しんのすけと春日部防衛隊のメンバーとの別れはハンカチ必須…ですが、感動ムードはここまで!メキシコについた野原一家を待ち受けていたのは、まるでゾンビさながらに追いかけてくる、サボテンたちとの逃亡劇だったのです。町の人々が集まる隠れ家にサボテンが突如襲撃する様子は、まるで海外ドラマ『ウォーキング・デッド』さながらです。子供向けなので怖いシーンはなく安心して観れますが、スリルを求める人におすすめの作品です。物語の冒頭から、ずっとしんのすけがつけていた、春日部防衛隊のバッジの件など、おバカムードだけでなく、胸があつくなる、きちんとした映画的展開も。

『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜』

51FmqdgkoRL._SX425_
出典:http://www.amazon.co.jp/

ドラえもん映画シリーズの中でも、1986年に公開されて以来、根強いファンを持つ作品『映画ドラえもん のび太と鉄人兵団』をリメイクした作品。北極からロボットの足と謎の青い球体を持ち帰って来たのび太。その日からのび太の家の庭に、ロボットの部品が次々と空から落ちてくるようになり、ドラえもんとのび太は「鏡面世界」をつくり、ロボットを組み立てる事に。するとロボットの持ち主である少女リルルが現れ、のび太たちは、人間を奴隷にしようとやってきたロボットたちの陰謀に気付きます。鏡面世界やロボット、魅力的なドラえもんの道具の数々。そして人間の素晴らしさを謳った本作は、あの頃と変わらず、大人の心に響くこと間違いなしです。

『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』

685507
出典:http://topicks.jp/22660

旧ドラえもん映画シリーズで、ベスト3にあげている人の多いこちらの作品は、のび太の夢の中で、繰り広げられる冒険活劇です。夢の中で良い思いをしたのび太は現実世界との落差を嘆き、ドラえもんの道具「気ままに夢見る機」で思い通りの夢を見るべく、夢見カセット「夢幻三剣士」をセットし、ユミルメ国を救う伝説の剣士ノビタニヤンとして冒険するというストーリー。メインキャラクターが劇中で衝撃的な結末を迎えるというバッドエンド感や、思わせぶりなラストの描写など、たびたび「ホラー」だと言われたり、数々の謎が話題にのぼる作品は、大人になった今だからこそ、理解出来る映画かも知れません。

公開目前!『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』

そして!ドラえもん映画最新作の『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』は、1989年に公開された作品のリメイク版です。「空想動物サファリパーク」の動物たちや、畑から穫った野菜を割ると食べたいメニューが出てくる「畑のレストラン」など、数々の魅力的なアイテムの登場する『日本誕生』は、あの頃子供だった大人たちが、待ちに待ったリメイク作品なのではないでしょうか?童心に戻って、映画館に足を運んで観るのもいいですね!

Facebookコメント

Return Top