CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

​ 『ヒミズ』『寄生獣』など、マンガ原作の映画に多く出演する「染谷将太」の魅力

100443_006
出典:http://www.cinra.net/

派手な活躍はないけれど、なぜか気になる。そして、「あ、あの映画にも出てたな。」と、印象に残る俳優さん。今、若手俳優ナンバーワンともいわれる染谷将太さんのこと、知りたくないですか?

あの映画にもこの映画にも、なんだかよく見る「染谷将太」基礎知識

100443_002
出典:http://ent.smt.docomo.ne.jp/

1992年9月3日 東京都生まれ 
172cm A型
トイズファクトリー所属

趣味:映画鑑賞、カメラ、プロレス観戦

特技:パントマイム、手品、卓球

7歳の時から芸能活動を始める

2009年、映画『パンドラの匣』で初主演
 
2015年1月 女優・菊池凜子と結婚 

【受賞歴】
2011年、映画『ヒミズ』ではヴェネツィア国際映画祭で日本初のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞
以降、数々の賞を受賞
 毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞
 日本インターネット映画大賞主演男優賞
 エランドール賞新人賞
 日本アカデミー新人俳優賞
 同助演男優賞 など

デビューから60本以上の映画に主演

100443_001
出典:http://b-o-y.me/archives/2833

2001年『STACY ステーシー』でデビューした染谷さん。当時9歳、ゾンビに襲われる役でした。
翌年には『ピンポン』に出演。ラストシーンで井浦新さん(当時の芸名はARATA)から卓球を教えてもらう男の子の役でした。
その後、コンスタントに映画やテレビドラマに出演しています。
注目されてきた10代後半からの代表作はこちら。

『東京島』(2010年)
『嘘つきみー君と壊れたまーちゃん』(2011年)主演
『アントキノイノチ』(2011年)
『ヒミズ』(2012年)主演
『貞子3D』(2012年)
『悪の経典』(2012年)
『脳男』(2013年)
『清州会議』(2013年)
『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』(2014年)主演

まだまだほんの一部です…すごい数の映画に出ているんだぁと、驚きます。

100443_003
出典:http://movies.yahoo.co.jp/
『嘘つきみー君と壊れたまーちゃん』

みーくんとまーちゃんは10年ぶりに再会し、共に生活を始めます。ふたりは10年前に起きた誘拐監禁事件の被害者で、そのせいで心に深い傷を負ったまま。ある日、みーくんは失踪中の幼い姉弟を自室で発見します。まさかこれは…まーちゃんの仕業?

100443_004
出典:http://movies.yahoo.co.jp/
『ヒミズ』

親の愛情を知らず育った15歳の住田祐一と茶沢景子。
ある日、金をせびりに来た父親を住田は殺してしまいます。次の日から、学校に彼の姿はなく恵子は懸命に住田の力になろうとするのですが…。

C-WoodJOB_B5F
出典:http://books.rakuten.co.jp/
『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』

大学受験に失敗した勇気は、1年間の林業研修プログラムに参加します。軽い気持ちで向かった先は想像以上の過酷な環境でした。一緒に入った仲間はどんどんやめていく中で、勇気も作業の辛さに耐えられず逃げ出そうとするのですが…。

コミック原作の映画に「染谷将太」はかかせない!?



『神さまの言うとおり』

『ヒミズ』もそうでしたが、近年では特に多くコミック原作の映画に出演しています。

『TOKYO TRIBE』(2014年) MC SHOW役として、映画冒頭からラップを披露しています。
『神さまの言うとおり』(2014年) 高畑瞬(福士蒼太)の親友・サタケを演じています。
『寄生獣』(2014年) 主役・泉新一という右手にパラサイトを宿した高校生役です。
『バクマン。』(2015年) サイコー(佐藤健)とシュージン(神気龍之介)のライバルとなる漫画家・新妻エイジを演じています。



『TOKYO TRIBE』

井上三太によるコミックの映画化。
『ヒミズ』と同じ園子温監督の作品。ミュージカル仕立てですが、内容は強烈でR15指定です。

近未来の東京では、それぞれの街をそれぞれのトライブ(族)が仕切っていました。しかし、トライブ間でのいさかいは絶えず、とうとう大きな争いへとなっていきます。
鈴木良平、窪塚洋介、大東俊介、佐藤竜太、竹内力など豪華な出演陣です。



『神さまの言うとおり』

金城宗幸・藤村緋二によるコミックの映画化。
突然、現れたダルマの命令によりゲームが始まります。失敗したら待つのは「死」。クラスで一人生き残った瞬(福士蒼太)あは同級生のいちか(山崎紘菜)たちと次のゲームに挑むのですが…。

染谷さん演じるサタケはほぼ冒頭であっという間に死んでしまいますが、インパクトのある役で予告編にもちらっと登場しています。こちらもR15指定。



『寄生獣』

岩明均によるコミックの映画化。
高校生の新一の右手に、ある日突然パラサイトが宿ります。そのパラサイトに「ミギー」と名付け共に悪のパラサイトに立ち向かうことを決めた新一は次々と起こる事件に巻き込まれていきます。



『バクマン。』

大場つぐみ、小畑健によるコミックの映画化。
高校生のサイコーとシュージンはコンビを組んで漫画家を目指すことに。彼らは「少年ジャンプ」の連載を勝ちとるために奮闘します。

今年はこの作品で彼に会えます。ぜひ劇場へ!

100443_007
出典:https://gunosy.com/articles/Rfb1W
『海賊とよばれた男』制作報告会見より

現在は横田監督役で出演した『俳優 亀岡拓次』が公開中です。
また、今年12月に公開予定の『海賊とよばれた男』のキャストにも名を連ねています。楽しみですね。

子役からしっかりと実績を積み重ねてきた染谷将太さん。
コメディからラブストーリーまで、そして能天気な高校生から殺人犯まで幅広いキャラクターを演じ分けることができる若手俳優です。
独特な雰囲気と演技力で、これからもどんどんファンが増えていきそうです。

Facebookコメント

Return Top