CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

映画『海月姫』など、美しすぎる女装男子が出演する映画



『海月姫』予告編では菅田将暉君の女装が見れます

顔が小さくて、華奢で色白で…。そんな男の子が女装をしたら、似合うにきまっています。流行の服を着こなしてさっそうと歩く姿は、女子が自己嫌悪に陥るほどのできばえ。そんなかわいい男の子たちの出演している映画をみてみましょう。

『海月姫』菅田将暉がアイドル顔負けのかわいい女の子になって様々なコーディネイトを見せてくれます

137045
出典:http://www.cinemacafe.net/

男子禁制のアパート天水館に住む月海(能年玲奈)はクラゲオタクの女の子。
ある日、熱帯魚ショップでおしゃれな美女と出会います。ところが、それは女装した蔵之介。それ以来、彼は男性であることを隠して天水館に出入りするようになり、月海をかわいい女の子に変身させることに夢中になります。

完成度の高すぎる女装で世間を騒がせたのは、現在人気急上昇の菅田将暉です。
何着もの洋服を着こなし、かわいい女の子姿を披露しています。

『想いのこし』岡田将生が亡くなった女性たちの想いをかなえるために女装します

100445_002
出典:https://www.youtube.com/

金と女に目がない最低男のガジロウはある日自動車事故にあい、彼は助かるのですが相手の車の4人は亡くなってしまいます。この世に未練のある4人は成仏できず、ガジロウの前に現れてやり残したことを代りにやってくれるよう頼みます。
お礼として貯金を全部渡すという約束をし、ガジロウは彼らの想いのこしをやり遂げるため奔走します。

亡くなった4人は元消防士の男性とポールダンサーの女性3人。ということで、女性たちの願いをかなえるために岡田将生が女装しています。

『僕の中のオトコの娘』川野直樹が演じるのは、女装の世界に足を踏み入れてのめりこんでいく青年です

100445_003
出典:http://eiganavi.entermeitele.net/

大学を卒業後、就職するもなじめずに半年で退職した謙介。部屋に引きこもる毎日でした。
ある日、ネットで女装の世界を知り姉の服を羽織ってみます。やがて謙介は女装の世界にはまり、カリスマ女装娘カレンとメールを交換し始めます。そして、5年ぶりの外出で女装バーへ出かけていくのです。

女装することで世界が開けていく謙介を、川野直樹が演じています。
彼の顔を見ると「あ、どこかで…」と思う人も多いかもしれません。
『ハードロマンチッカー』 『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』「利休にたずねよ』『龍三と七人の子分たち』などにも出演しています。

『サイドライン』 「超特急」のタカシがメンバーも褒めるほどの女装姿を披露しています

100445_004
出典:http://news.livedoor.com/

人気ユニット「超特急」の初主演映画です。

町の青年会に所属する7人の若者たち。今ではほとんど会うこともなく毎日を過ごしていましたが、祭りでイベントを任されることになり再集結。そんな時、夫を亡くし悲しんでいる女性とその娘ハナのことを知ります。その夫はかつて男子チアリーディングをやっていたことを知り、7人はそれに挑むことに。

スターダストプロモーションに所属する男性タレントユニット「超特急」。
劇中で、メンバーのタカシが女装しています。

『SMTOWN THE STAGE -日本オリジナル版-』 チャン・ミンが女装してステージに立っています

100445_005
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

2014年、韓国、上海、東京で開催されたライブの様子を収録したドキュメンタリー映画です。
東方神起やBoA、KANGTA、SUPER JUNIOR、少女時代など約50組のアーティストが登場したライブ映像とその舞台裏、EXOのデビューに至るまでの様子も紹介されています。

この中で、韓国のガールズグループ(Girl’s Day)のカバーを歌うために東方神起のチャン・ミンが女装をして登場。
数々のパフォーマンスとともに美しいチャン・ミンもお楽しみください。

『彼は秘密の女ともだち』 ロマン・デュリスが女装癖のあるパパを演じています

100445_006
出典:http://ameblo.jp/

一人娘と夫を残して亡くなったローラ。彼女の親友クレール(アナイス・ドゥムースティエ)が残された二人を訪れると、そこにはローラの服を着て娘をあやす夫ダビット(ロマン・デュリス)が…。
女装癖がある彼とクレールの間には次第に友情が芽生え、「女友達」として友情を深めていきます。

2015年に公開されたフランス映画です。美しい女装かというと…ですが、自分の心に正直に生きることを選んだダビットと、そんな彼を見て自分らしさとはと考えるクレールに共感できるシーンも多い作品です。

Facebookコメント

Return Top