CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

知念侑李、土屋太鳳に嫉妬!?映画『金メダル男』完成披露試写会!

内村光良、知念侑李(Hey! Say! JUMP)のW主演で贈る、どこか切なくもおかしい人生を華やかに彩る抱腹絶倒<全力>エンタテインメント!映画『金メダル男』の完成披露試写会が、9月13日(火)に行われました。
登壇者には、主演の2人に加え、木村多江、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子という豪華キャストが登場!会場では、集まったお客さんから盛大な拍手と歓声が沸き起こっていました。

本作をイメージとした”ゴールデンカーペット”の上を歩き金色に染まった舞台に登壇し、和やかなムードの中、舞台挨拶がスタート!

開口一番、お客さんを笑わせる内村監督。

開口一番、お客さんを笑わせる内村監督。

内村監督:「監督、出演をしました内村光良です。知念の人気の高さに驚いています(笑)あんなに小さかった知念も立派な主演になりました。今日は最後まで楽しんでいってください!」
知念侑李くん:「本日は足をお運び頂き、ありがとうございます。今日は一番に観て頂けるということで嬉しいです。楽しんでいってください!」
木村多江さん:「今日、会場の建物に入ると既に並んでいる方がいて、楽しみに来てくれた方がいたんだなと思って嬉しくなりました。」
土屋太鳳ちゃん:「今日この場に立たせて頂けるとは思っていなかったので緊張しておりますが、今日は楽しんでください!」
平泉成さん:「足元の悪い中、お越しくださりありがとうございます。笑って泣いて大いに楽しんで帰ってください。」
宮崎美子さん:「今日映画を御覧頂く皆さんはこの映画の”一員”ということで、この作品をもっと大きく育ててくださいますようぜひよろしくお願いします。」

内村監督の演出で、観たことない知念くんが観られる!?

司会者から知念くんへ内村監督の演出方法について聞くと、「変顔も変な動きも、面白いことをたくさんしているのですが、『こうやるんだ』というものを直接(内村監督が)見せてくれたので、マネしながら頑張りました!」と自信満々のコメント。すると内村監督も「歌舞伎の見えを切る顔とか教えたりして、知念も最初は抵抗感があったんですけど(笑)かなり上達していって、自ら変顔をやり始めるという(笑)『こんな知念は見たことない!』という姿がたくさん見れると思うので、そこも楽しんでほしい」と太鼓判!
それを聞いた知念くんは「顔芸は本当に大変でしたね、とても整った顔をしているので。・・・すみません、調子に乗りすぎました(笑)」と会場をお客さんを笑わせていました。

内村監督から木村さんへの注文とは・・・

(左から)平泉成さん、木村多江さん、内村監督

(左から)平泉成さん、木村多江さん、内村監督

撮影中、内村監督から木村多江さんへの無茶振りが多かったようで、司会者から「木村さんは泥酔したり、漫才、ダンス等、コミカルで様々な挑戦をされていますが、印象に残っていることはありますか?」という質問が飛ぶと、「今回は”挑戦する”ということをテーマに色々やらせてもらって。中でもコケる練習をさせられたのが驚きましたね。あとは(内村監督と)二人で漫才をするシーンがあるんですが、監督の頭を叩くのに抵抗があって『叩いても良いんでしょうか?』と監督に言うと『思い切り叩いてください!』と言われたので、楽しんでやらせてもらいました」とコメント。
それに対し内村監督は、「多江さんの今までと違うイメージをスクリーンで見せたいなと。彼女の面白さを見せたくて、無茶な注文をたくさんしてしまいましたが、100の力で答えてくれて感謝しています」と感謝の気持ちを伝えていました。

太鳳ちゃんのダンスが知念くんの心に火をつけた!

(左から)土屋太鳳ちゃん、宮崎美子さん

(左から)土屋太鳳ちゃん、宮崎美子さん

司会者から太鳳ちゃんに「劇中でのダンスシーンが素晴らしかったですが、練習・本番でどのように作っていきましたか?」という質問が飛ぶと、「基本となるダンスのムービーをいただいて練習しました。本番まで内村監督が磨いてくださって、現場では本当に、監督も知念さんも(主人公である)”泉一さん”の雰囲気があったので、知念さんの”泉一さん”の雰囲気とW泉一に挟まれながら全力で踊りました」とコメント。
すると知念くんは「本当に上手なんですよ!僕もプロですから燃えましたね。ダンスはジャニーズ1だと思っているので。…すみません、調子に乗りました(笑)」と再び笑いを交えコメント。
そのコメントには、内村監督も「今日、調子に乗りすぎ!(笑)」とツッコミが入っていました。

最後に内村監督と知念くんにメッセージが求められると、知念くんは「初主演映画ということでプレッシャーや緊張もたくさんありましたが、本当に素敵な作品が出来たと思うので、映画界で金メダル獲りたいなと思います!」と高らかに宣言!内村監督は、「この映画で金メダルを獲りたいと思います!『この映画で一番笑ったで賞』みたいなのがあれば欲しいですよね(笑)挑戦や挫折を繰り返したり、最後には奇跡を起こす男ではありますが、とにかく楽しんで、たくさん笑ってもらえたら一番嬉しいです!最後まで楽しんで行ってください!」とコメントし、舞台挨拶を締めくくっていました。

『金メダル男』ストーリー詳細

kinmedaru
日本中が東京オリンピックに沸いた1964年、長野県塩尻市に生まれた秋田泉一。幼少時代、徒競走で一等賞の金メダルを獲ったことをきっかけに「絵画コンクール」から「火起こし大会」まで数々の大会で金メダルを獲得し、一躍<塩尻の神童>と呼ばれるようになる。だがそれは、泉一にとって世の中のあらゆる一等賞を獲ることを目指す「金メダル男」への始まりに過ぎなかった。

『金メダル男』公式サイト
kinmedao.com
10月22日(土)全国ロードショー!
©「金メダル男」製作委員会

 

【関連記事】
◆知念くんが“昭和のアイドル”清野菜名に憧れる?!『金メダル男』劇中歌「私のサンクチュアリ」スペシャルPV公開!
◆佐々木蔵之介、深田恭子、知念侑季出演『超高速!参勤交代 リターンズ』とは?

Facebookコメント

Return Top