CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

二階堂ふみが小悪魔金魚を熱演!映画『蜜のあわれ』の衣装に隠された秘密を徹底解剖

「作家と金魚の秘めた恋」を描く映画『蜜のあわれ』が、2016年4月1日(金)より全国公開。
主演の二階堂ふみさん演じる赤子の真っ赤に彩られたビジュアルが印象的な今作品。官能的で艶やかなこの衣装には、実はとある秘密が隠されているんです。
先日行われた『映画「蜜のあわれ」公開記念展示~人を好きになるということは愉しいものでございます~』にて公開された実際の衣装の写真と共に、その徹底したこだわりをご紹介していきます。

(メイキング映像解禁!はここからチェック★
(二階堂ふみをベタ褒め♡初日舞台挨拶レポート!
0617_main

赤子役を熱望!二階堂ふみが見せた衣装へのこだわりとは?

文豪・室生犀星が晩年に残した幻想文学「蜜のあはれ」が原作の今作品。自身も原作のファンであり、赤子の役を熱望していたのが主演を務める、二階堂ふみさんです。
今作のメガホンを取った石井岳龍監督も、「今日本の女優で赤子の役をやるなら二階堂ふみさん以外ありえない」と言い切るほど、その憑依的な演技を評価しています。

0617_main

『蜜のあわれ』衣装展にて公開された実際の衣装

原作を愛する二階堂さんのこだわりは、赤子の衣装にも反映されています。衣装についてデザイナーと話し合った際、二階堂さんは「ポックリがいいと思う」というアイディアを出し、赤子のキャラクターづくりを体現していきました。

0617_main

二階堂さんのこだわりが詰まった衣装の数々

0617_main

衣装展にはあのポスターと同じ赤いイスも!

3月1日から3月13日まで、渋谷ヒカリエにて開催された衣装展では、二階堂さんが実際に着用した衣装や小道具が展示。真っ赤に彩られた内装はまるで金魚鉢の中に閉じ込められたような感覚でした。

0617_main

衣装デザインを手掛けるのはCMでもおなじみ、澤田石 和寛氏

衣装を手掛けたのは、auのテレビCM「三太郎」シリーズや、映画『ライチ☆光クラブ』『信長協奏曲』『るろうに剣心』といったヒット作品を手掛けた、衣装デザイナー・澤田石和寛さん。
金魚らしいフォルムにこだわったという赤子のドレスは、一見同じように見えても何種類も用意され、金魚の繊細な尾びれを再現するために、丈の長さや色味など細部までこだわりを見せています。

0617_main

澤田石さんによる赤子の絵コンテ

「赤子の成長が衣裳で表現されている」という澤田石さんの狙い通り、物語が進むにつれて、尾びれは長く、色も濃い赤色に変化していきます。また、約12色の着物を用意していたという大杉漣さん演じる老作家も、晩年にいくにつれて衣装の色が濃くなっていきます。
物語の展開に合わせた、衣装の変化に是非注目してみてください。

必見!映画の肝となるキュートで妖艶なダンスシーン

0617_main

映画の中で少女の姿に変貌する金魚の赤子が、尾びれをヒラヒラさせながら披露する、キュートなダンスシーン。ヒョンヒョンと無邪気に踊って見せたかと思えば、老作家を誘惑するような妖艶なダンスを魅せたりと、赤子の魅力がふんだんに味わえます。

そんな魅力たっぷりのダンスシーンを一足先に公開!
二階堂さんと幽霊役の真木よう子さんによるダンスレッスンの模様など貴重なメイキング映像と合わせてご覧ください。

幽霊役なのにかっこよすぎる!高良健吾演じる芥川龍之介にも注目!

0617_main
室生犀星と生前親交があった芥川龍之介が今作品では幽霊役として登場!
演じるのは注目のイケメン俳優・高良健吾さん。石井監督が「高良健吾さんは、控えめな優しい役もお上手ですが、彼の尖ったキャラクターがすごく好きなので、今回の役は絶対にハマると思いましたし実際にすごくかっこよかった。」と絶賛するほど、キレのある演技でクールな芥川を演じています。

フィルム撮影により生み出されたレトロな映像世界

今作品は、昨今の映画撮影の主流であるデジタルカメラではなく、あえてフィルムカメラを用いて撮影されています。どこかレトロで幻想的な映像風景の中で、真っ赤な尾びれをヒラヒラさせる赤子の姿は、より鮮明な「赤」として魅力的に映し出されます。
どのシーンを切り取っても絵画のように美しい映像世界を是非スクリーンで堪能してみてください。

『蜜のあわれ』作品詳細

【ストーリー】
赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。
赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。
「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。
短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」
「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」
奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。
そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。
作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人の行方を密かに見守る中、ある事件が起きて・・


『蜜のあわれ』
4月1日(金)より、新宿バルト9他にてロードショー
(c)2015『蜜のあわれ』製作委員会

Facebookコメント

Return Top