CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

『タイヨウのうた』『ちはやふる』など、日本の次世代を担う若き映画監督・小泉徳宏の映画作品

アイキャッチ

1980年生まれの若き映画監督・小泉徳宏をご存知でしょうか?短編映画などで才能を認められ、長編映画へと進出した日本の次世代を担う才能です。今回は小泉徳宏が監督した映画作品をご紹介します。

長編デビュー作品は大ヒット!『タイヨウのうた』

小泉徳宏の長編デビュー作品は、歌手のYUIと塚本高史が主演したラブストーリー『タイヨウのうた』です。中規模公開作品ながら口コミで話題となり、異例の大ヒットを記録しました。
YUIが演じるストリートミュージシャンの雨音薫は、色素性乾皮症という難病を患い日の光には当たれない生活を送っていました。難病を患ってはいたものの、薫は大好きな音楽や大切な人々に囲まれ幸せに暮らしています。あるとき、いつものように公園でストリートライブをする雨音のもとに、塚本高史演じる藤代孝治がやってきたことから、2人の運命は大きく変わっていくことになります。

プロレスと記憶障害を描いた『ガチ☆ボーイ』

佐藤隆太を主人公・五十嵐良一に起用した本作。脇を固めるメンバーも向井理やサエコ、泉谷しげるなど豪華な顔ぶれです。
五十嵐良一は司法試験在学中合格もうわさされるほどの秀才ですが、あるとき事故により高次脳機能障害を負ってしまいます。障害により記憶が1日しか持たなくなり、生きる気力を失っていた良一は、学生プロレスと出会い生きる気力を取り戻していきます。

昭和から現代を生きた6人の女性に焦点を当てた『FLOWERS フラワーズ』

FLOWERS フラワーズ
出典:http://beauty.oricon.co.jp/

「娘と母、父と母、夫と妻、姉と妹、母と子」というテーマで昭和から現代までを4つの時代に分け、6人の女性を描いた作品です。
昭和11年では、親同士が決めた結婚に悩む女性・凛(蒼井優)の葛藤を、昭和44年では、仕事と恋に揺れるキャリアウーマン・翠(田中麗奈)とその姉である未亡人の薫(竹内結子)の交流。昭和52年では命がけの出産に挑む女性・慧(仲間由紀恵)。そして平成21年では才能に限界を感じるピアニストの卵・奏(鈴木京香)とその妹・佳(広末涼子)を描いています。

音楽×嘘の青春ストーリー『カノジョは嘘を愛しすぎてる』

佐藤健主演、当時現役女子高生だった大原櫻子がヒロイン役を演じたことで話題となった作品です。
佐藤健演じる小笠原秋は、幼馴染たちとCRUDE PLAYというバンドを結成し活動していましたが、デビューの際のトラブルで脱退してしまいます。音楽に嫌気がさした秋は、気まぐれに女子高生の小枝理子にひとめぼれしたと嘘をつき交際を申し込み、交際を始めることに。音楽は嫌いだと言い放った秋でしたが、実は理子には歌の才能があったのです。

手に汗握るかるたシーンに注目!『ちはやふる -上の句・下の句-』

WEB用_ちはやふる-下の句-メイン(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)

人気同名漫画の実写化作品です。漫画そのままの美しい衣装と、広瀬すずをはじめとした俳優陣の競技かるたへの挑戦で注目を集めました。
幼馴染の千早・太一・新はいつも一緒にかるたで遊んでいましたが、新が引っ越してしまいます。かるたをやっていれば新にまた会える。その一心で千早と太一は高校にかるた部を創設し、全国大会への出場を目指します。白熱のかるたシーンは必見です。

koizumi_interview03
出典:https://hustlepress.co.jp/

日本の次世代を担う若き映画監督・小泉徳宏の映画作品いかがでしたでしょうか?これからの活躍に目が離せない映画監督のひとりです。

『タイヨウのうた』
©2006「タイヨウのうた」フィルムパートナーズ

『ガチ☆ボーイ』
©フジテレビジョン・ROBOT・東宝

『FLOWERS フラワーズ』
©2010 映画「FLOWERS」製作委員会

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』
©2013 青木琴美・小学館/「カノジョは嘘を愛しすぎてる」製作委員会

『ちはやふる -上の句・下の句-』
2016年4月29日(金) 全国東宝系にてロードショー
© 2016 映画「ちはやふる」製作委員会
© 末次由紀/講談社

【関連記事】
◆広瀬すず&野村周平&真剣佑の恋は?『ちはやふる -下の句-』
◆話映画にドラマに引っ張りだこな旬の女優・松岡茉優

Facebookコメント

Return Top