CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

松坂桃李×菅田将暉“キセキ”の舞台裏!映画『キセキ -あの日のソビト-』知られざる物語

sub1

GReeeeNの国民的大ヒット曲「キセキ」誕生にまつわる、ある兄弟と家族、そして仲間たちのキセキを描いた映画『キセキ -あの日のソビト-』が、1月28日(土)より全国公開します。
今回は、W主演を務める松坂桃李さんと菅田将暉さんが語る、“キセキ”の舞台裏に焦点を当てつつ、作品の見どころを紹介していきます。

本当にあった“キセキ”の物語『キセキ ーあの日のソビトー』

main
厳しい父・誠一(小林薫)の反対を押し切り家を飛び出したミュージシャンの兄・ジン(松坂桃李)。父の想いを受け、歯医者を目指す弟・ヒデ(菅田将暉)も、仲間と共に音楽の魅力に引き寄せられていました。音楽に挫折し、弟たちの才能を知ったジンは、そんな彼らに自らの夢を託すことを決意します。
歯医者はやりたい、歌もやりたい。でも恐ろしい父親には絶対に言えないーー。
彼らが取ったありえない秘策。それは前代未聞の顔出し無しのCDデビューでした…。

先輩・松坂桃李×後輩・菅田将暉 !撮影中、2人の間に起きたとある“奇跡”とは…!?

subsub2
「俺は、心の医者になってみせる」と、医師である厳格な父の反対を押し切り、音楽の道へと進んでいった兄・ジン。演じたのは映画、ドラマと、近年劇的に役の幅を広げてきている松坂桃李さん。一方、音楽と歯科医どちらの夢も追いかける弟・ヒデを演じたのは、今最もオファーの絶えない存在となった俳優・菅田将暉さんです。

『王様とボク』『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』『ピース オブ ケイク』に続き、映画では4度目の共演となる2人は、同じ事務所の先輩・後輩という間柄。
本作の撮影中に感じたお互いの印象について、菅田さんは「もちろん先輩ではあるんですけど、桃李くんとはデビューの時期もほぼ同じで、桃李くんとお芝居するときにしか味わえない楽しさっていうのがありました。」と語るのに対し、松坂さんは「菅田はメンバーたちといるシーンではすごく楽しそうで、そばにいると疲れるくらいだった(笑)」とコメント。
subsub1
学業のためにGReeeeNを終わりにしようとするヒデに「勝手なこと言ってんじゃねえよ!」とジンが掴みかかる商店街での張り詰めたシーンでは、こんな“奇跡”の出来事が…!
以前『王様とボク』で共演した際、松坂さんと菅田さんの2人でナポリタンを食べるという何てことのないシーンの撮影があり、松坂さんはその時のことをふと思い出したといいます。それを、菅田さんに話したところ、偶然にも同じことを思っていたという菅田さん。「『王様とボク』での桃李くんとのシーンでは、気がついたらいつの間にかカットがかかっているという不思議な現象があって…。今回兄弟がぶつかる商店街のシーンでは、あの時以来の感触がありました。」

お互いを役者として認め合い、通じ合う松坂桃李さんと菅田将暉さんならではの信頼関係が、見る者に違和感を抱かせない自然な兄弟役として映画に反映されています。

本家GReeeeNのスタッフ直伝!レコーディング&ライブシーン!


今作の見どころの1つといえばなんと言っても本人たちによる歌唱シーンの数々。
ジンがボーカルを務めるメタルバンド「ハイスピード」のバンド練習シーンの撮影では、奥野瑛太さん演じるギターのトシオと共に、エネルギッシュな演奏に合わせて激しく首を振りながらパワフルなボーカルを披露して見せた松坂さん。

一方、GReeeeNのスタッフがパフォーマンスを直伝したという、劇中での「グリーンボーイズ」のライブシーンでは、本当のライブのようにMCをして観客の方たちと盛り上がっていたという菅田さん。
菅田さんは撮影の待ち時間にもアコースティックギターを抱え、同じく「グリーンボーイズ」のメンバーを演じる、横浜流星さん(ナビ)、成田凌さん(クニ)、杉野遥亮さん(ソウ)と共に、歌を歌うなど終始和気あいあいとした空気を作っていたんだとか。
sub2
「歌は苦手なものとしてずっと避けて通ってきた」という松坂さんの怒りをぶつけるような魂の熱唱と、メンバーだけでなく、観客1人1人が本当に楽しんでいるように見える「グリーンボーイズ」のハートフルなライブシーンは必見です。

「実在はしているけど、素顔は誰も知らない」という前代未聞の役どころ!

subsub3
若者を中心に絶大な人気を誇りながら、メンバー全員が現役の歯医者であり、その素顔は一切明かされていないボーカルグループGReeeeN。
撮影前にモデルとなったJINとHIDEに直接会う機会を得たという松坂さんと菅田さん。すぐに本人たちの人柄に魅了されたといいます。2人に共通して感じた“人としての能力の高さ”は、それぞれの役を演じる上での大きなヒントとなりました。
sub3
実在はしているものの、その素顔は誰も知らないという前代未聞の役柄を演じることについて、「みんなが素顔を知らない方を演じるということで、僕らの演じたものがGReeeeNそのもののイメージにも重なるという責任はずっと感じていました。」と語る菅田さん。
一方、松坂さんは「すべてを1人で「背負う」プロデューサーという立場の役を演じることで、ものづくりに対する探究心や、それを世の中に伝えていく難しさについて、改めて考える機会になりました。」と、今回の役柄を演じることで、新たな発見を得たことを明かしています。

◆ジンを演じる松坂桃李の決意とは…?
菅田将暉が「エロい!」と絶賛する歌唱シーン場面写真も合わせてチェック!

unnamed
日本人なら誰もが一度は耳にしたことがあるGReeeeNの「キセキ」。今まで知らされることがなかった名曲誕生の軌跡を知った時、思わずGReeeeNの楽曲を聞き返したくなってしまうはずです。
松坂桃李さん、菅田将暉さんをはじめ、俳優陣の熱い魂と共に、GReeeeNの新たな魅力に気付くことができる、映画『キセキ ーあの日のソビトー』は、1月28日(土)より全国公開です。

“迷っても、うまくいかなくても 突き進め!”というメッセージ

映画『キセキ ーあの日のソビトー』は、1月28日(土)より全国公開!

映画『キセキ ーあの日のソビトー』予告編

出演者

松坂桃李
菅田将暉
忽那汐里
平祐奈
横浜流星
成田凌
杉野遥亮
早織
奥野瑛太
野間口徹
麻生祐未
小林薫

スタッフ

監督:兼重淳
脚本:斉藤ひろし 「秘密」「黄泉がえり」
音楽:GReeeeN
製作:「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

『キセキ ーあの日のソビトー』公式サイト
配給:東映
2017年1月28日(土)全国公開!
2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

【関連記事】
◆菅田将暉&忽那汐里、お似合いすぎる2ショット場面写真解禁!映画『キセキ -あの日のソビト-』
◆『キセキ ーあの日のソビトー』グリーンボーイズ撮り下ろしMV初挑戦!

Facebookコメント

Return Top