【名作プレイバック】父娘の愛を描く感動の物語『I am Sam アイ・アム・サム』

【名作プレイバック】父娘の愛を描く感動の物語『I am Sam アイ・アム・サム』 レコメンド

I-Am-Sam01
出典:http://www.givetake.com/

ハリウッドを代表する名優ショーン・ペンと、本作で一躍ブレイクしたダコタ・ファニング主演の『I am Sam アイ・アム・サム』。2001年公開の作品ながら、切なくも心温まるストーリーで、今もなお多くの人々を感動に包みこんでいる名作についてご紹介いたします。

『I am Sam アイ・アム・サム』とは

I am Sam アイ・アム・サム(字幕版)

知的障害のために7歳の知能しかもっていないサム(ショーン・ペン)は、スターバックスで働きながら、ホームレスの女性が出産した自分の娘ルーシー(ダコタ・ファニング)を育てています。母親はルーシーを産んですぐに姿を消しましたが、2人は幸せに暮らしていました。しかし、7歳になったルーシーは、サムの知能を追い抜いてしまっているため、家庭訪問に来たソーシャルワーカーの判断で、サムは養育能力がないと判断されてしまいます。

i_am_sam_12
出典:http://inteligenciadesam.blogspot.jp/

施設で保護されることになってしまったルーシーに対し、サムは娘を取り戻すために法廷で闘うことを決めます。敏腕弁護士のリタ(ミシェル・ファイファー)に依頼しますが、彼女を雇うお金がないサムは、あっさり断られてしまいます。しかし、ひょんなことからリタに協力を得ることになったサムは、4人の友人と共に法廷に向かうのでした――。

父親のサムを演じたのは名優ショーン・ペン

238161view002
出典:http://movies.yahoo.co.jp/

1960年8月17日生まれ、アメリカのカリフォルニア州サンタモニカ出身。父親は俳優兼監督のレオ・ペン、母親アイリーン・ライアンは女優、兄と弟も俳優という、芸能一家で育ちました。『ミスティック・リバー』『ミルク』で2度のアカデミー賞主演男優賞を受賞し、ヴェネツィア、カンヌ、ベルリンの世界三大映画祭の主演男優賞も全て受賞している、誰もが認める名優であるショーン・ペン。アメリカ国内でも国際的にも評価の高い俳優です。
『I am Sam アイ・アム・サム』の成功は、やはり主人公のサムをショーン・ペンが演じたことであり、知的障害のある父親という難役を、繊細な演技力で無理なく完璧に演じています。

ルーシーを演じて注目を浴びたダコタ・ファニング

CinemaGene