CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

この言葉聞いたことある!セリフが印象的な映画5選

メリー・ポピンズ
出典:http://www.dlife.jp/

その言葉ひとつでぱっと映画の情景が浮かぶような、印象的なセリフをあなたはいくつ知っていますか?今回はそんなセリフが出てくる映画を集めました。

「ボンド、ジェームズ・ボンド」『007/カジノ・ロワイヤル』

007/カジノ・ロワイヤル
出典:http://wallpaper.zone/

英国諜報機関MI6に籍を置くジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、00(ダブルオー)ライセンスと呼ばれる殺しの許可証を得て、007としてエージェントになります。任務で超大型旅客機爆破テロ計画の情報を得たボンドは、その裏にル・シッフル(マッツ・ミケルセン)という男の大規模マネーロンダリング計画があることを突き止め、阻止に乗り出します。

言わずと知れたスパイ映画シリーズ007からのセリフです。シリーズ全編を通して使用されています。カジノ・ロワイヤルは、ダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボンドに就任した作品です。ブルネットのイメージが強かったボンドを、金髪碧眼のダニエル・クレイグが演じることで物議を醸しました。しかしダニエル・クレイグはその高い身体能力と演技力で見事にジェームズ・ボンドを演じ、当時007シリーズ最高興行収入を記録するなど大絶賛されました。
また、本作は007シリーズのリブート第1作目にあたり、時系列順でも第1作目となります。007シリーズに興味はあるけど、20本以上も今から見られない…という方もまずはカジノ・ロワイヤルを見ればOK!アクション、ロマンス、サスペンス盛りだくさんの作品です。

「人がこの世で知る最高の幸せ。それは誰かを愛して、そしてその人から愛されること」『ムーラン・ルージュ』

1899年のパリ、モンマルトルに一人の青年がやってきました。クリスチャン(ユアン・マクレガー)というこの青年はイギリス上流階級出身でありながら、ボヘミアンに憧れている作家志望。ひょんなことから彼は、キャバレー「ムーラン・ルージュ」で披露する舞台を手掛けることになります。クリスチャンはムーラン・ルージュで歌姫サティーン(ニコール・キッドマン)と出会い、恋に落ちることに。

元々は1948年にエデン・アーベという人物によって作られたNature Boyという楽曲の歌詞です。ミュージカル仕立ての本作ではデヴィッド・ボウイが歌っています。
本作の特徴は、主要キャストが自身の声で歌う力強い楽曲の数々です。ユアン・マクレガーや、ニコール・キッドマンの吹き替えなしの歌声は必見。また、デヴィッド・ボウイやクリスティーナ・アギレラなど現代のチャートを先導するアーティストが多数参加した劇中音楽にも注目。1899年の舞台セットと現代の楽曲のコラボレーションが見事な作品です。

「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」『メリー・ポピンズ』

1910年、ロンドンに住むジョージ・バンクスは厳格な銀行家です。妻のウィニフレッドは女性参政権運動に夢中で、ふたりの子供であるジェーンとマイケルは寂しい思いから乳母を困らせてばかりでした。新しい乳母としてやってきたのは、優しく美しく親切で面白い、バラ色のほほをしているメリー・ポピンズでした。メリーが来てからバンクス家には歌と笑い声があふれるようになりましたが、ジョージにはそれが不思議でたまりませんでした。ジョージはかつての厳粛な我が家を取り戻そうと、子供たちを銀行に連れていき自分の仕事を見せようとします。

小学校の音楽の授業でも度々取り上げられるこのタイトルの歌を、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。実はディズニーの実写映画『メリー・ポピンズ』に出てくる魔法の呪文なのです。Supercalifragilisticexpialidociousという、実に34文字からなるこの単語は、うまく言い表せない気持ちを言い表したり、うまくいかない時に唱えると不思議と物事がうまくいくような効果があるようです。

「Here’s Johnny!(お客様だよ!)」『シャイニング』

シャイニング
出典:https://www.fenikssfun.com/

小説家志望のジャックは、職と静かに小説を書ける環境を求めて、ロッキー山上にあるオーバールック・ホテルへ家族と共にやってきます。冬季は閉鎖されるこのホテルで、閉鎖期間中の管理人として職を得たジャックですが、支配人から「以前の管理人は心をむしばまれて家族を斧で惨殺し自身も自殺した」と聞かされます。しかしジャックは気にすることなく、妻のウェンディと息子のダニーと共にホテルに住み込むことにします。不思議な能力を持っているダニーは、このホテルで様々な現象を目撃しますが、ついにホテルで3人だけの生活が始まってしまうのでした。

スタンリー・キューブリックが製作したホラー映画の金字塔ともいえる作品です。主演を務めたジャック・ニコルソンが、ドアから顔をのぞかせるシーンが印象的でもあります。キューブリックはこの2秒程度のシーンを撮るために、2週間以上190テイク以上を重ねました。

「ベンジー、オープンザドア!」『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』

IMFのベテランエージェントであるイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、謎の犯罪組織「シンジケート」を追っていました。しかし指令を受け取るために訪れたIMFロンドン支部でシンジケートの罠にはまり、捕まってしまいます。シンジケートの一員イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)の手を借りて脱出しますが、連絡をとったIMF主席分析官ウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)から告げられたのは、IMFの解体でした。召喚に応じず国際手配され孤立無援となったイーサンは、CIAに追われる身となってしまいます。

トム・クルーズが主人公イーサン・ハントを演じるスパイ映画シリーズの第5弾です。このセリフは映画冒頭、トム・クルーズが離陸する飛行機に素手でつかまるというスタントを披露した場面のもの。ちなみにドアを開けろと言われているベンジーことベンジャミン・ダンを演じているのは、イギリスのコメディ俳優サイモン・ペッグです。サイモン・ペッグは『スター・トレック イントゥ・ダークネス』でもドア開けを要求されています。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
出典:http://cinema-labo.blog.so-net.ne.jp/

セリフが印象的な映画をご紹介しました。いかがでしたか?映画には思わず真似してみたくなるセリフや、人生の支えとなってくれるようなセリフがたくさん登場します。ぜひお気に入りのセリフを見つけてみてください。

『007/カジノ・ロワイヤル』
Casino Royale©2006 Danjaq,LLC,United Artists Corporation,Columbia Pictures Industries,Inc.

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』
© 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

【関連記事】
◆何度も繰り返し見たくなる中毒性のある映画5選
◆ホラーだけじゃない!天才スティーヴン・キングの世界

Facebookコメント

Return Top