CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

中川大志&飯豊まりえ [Alexandros]に“キュン泣き”必至!映画『きょうのキラ君』主題歌決定!

別冊フレンドで連載され、累計150万部突破の大ヒットを記録した少女漫画「きょうのキラ君」。
中川大志くん&飯豊まりえちゃん出演で実写映画化、17年2月25日(土)より公開されるニュースはすでにお伝え済みですが、本日“キュン泣き”ラブストーリーを盛り上げる主題歌が発表されました!

主題歌を担当するのは?

主題歌は[Alexandros]書き下ろしラブソングに決定!!

主題歌は[Alexandros]書き下ろしラブソングに決定!!


本作の主題歌を担当するのは人気ロックバンドの[Alexandros]
[Alexandros]は、第30 回「日本ゴールドディスク大賞」(今年2月発表)に於いて、「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)を受賞。
最近では、リオオリンピックにて金メダルを獲得したバドミントン女子ダブルスの松友美佐紀選手が、試合前に[Alexandros]の楽曲、「ワタリドリ」を聴いていたことが報道され話題になる等、現在日本で最も注目されているロックバンドです。

主題歌のタイトルは、「今まで君が泣いた分取り戻そう」
作詞・作曲を担当するVo./Gt.川上洋平さんが、原作の漫画、台本を読み「大切な人に対しての包み隠さない愛情」というテーマで、映画のために特別に書き下ろしました。
楽曲は、大切な人への“会いたい”想いが綴られた切ない歌詞を川上のヴォーカルが優しく歌い上げ、バンドの奏でる温かいバラードが印象的なラヴソング。映画の中のニノとキラの純愛を想起させる、作品と見事にシンクロする主題歌となっています!

■[Alexandros]川上洋平(Vo./Gt.)コメント
川村監督と初めに打合せをした時に「川上さんはどういう曲が良いと思います?」と逆に聞いて頂けたので、とても嬉しかったです。そのおかげで自由気ままに作れました。原作の漫画や台本を読み、「大切な人に対しての包み隠さない愛情」というテーマを何となくですが読み取り、曲に落とし込みたいと思いました。「会いたい」と思った時に大切な人が近くにいる事。それは当たり前の事ではなく、奇跡に近いことである。限りある時間の中で目一杯大切な人と素敵な時間を過ごして欲しい、そんな想いをこの曲に詰め込みました。作っている最中は作品とはなるべく距離を置いたのですが、完成してみると不思議な事にピッタリはまっていたので我ながら驚きました。

“キュン泣き”必至!!ラブストーリー

初めて本気で人を好きになった。キラ君、あなたと365日、一緒にいたい。
誰もが憧れるクラスの人気者“キラ”(中川大志)に恋をした“ニノ”(飯豊まりえ)。他人と関わることが苦手なニノだったが、キラの秘密を知ったことから2人は急接近!初めての気持ちにとまどいながら、ある重大な“秘密”を抱えたキラを笑顔にしようと奮闘するニノの初めての恋の行方は―? 同級生の矢部(葉山奨之)、キラの幼馴染の澪(平祐奈)も加わって、かけがえのない“365日”がはじまった。キラ君、あなたとずっと一緒にいたい。

切なくて純愛な物語と[Alexandros]の主題歌で、17年・大注目の“キュン泣き”必至の本作。
公開が待ち遠しいですね!

『きょうのキラ君』
2017年2月25日(土)号キュン ROADSHOW
出演:中川大志 飯豊まりえ 葉山奨之 平祐奈
監督:川村泰祐
原作:みきもと凜「近キョリ恋愛」 「午前0時、キスしに来てよ」
配給:ショウゲート
©2017「きょうのキラ君」製作委員会
©みきもと凜/講談社
公式サイト:kirakun.jp

【関連記事】:
◆伊藤沙莉さん&中川大志さんインタビュー!『全員、片想い』「MY NICKNAME is BUTATCHI」は奇跡が詰まった作品
◆『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』麻生キラ役・飯豊まりえちゃんインタビュー
◆中川大志×飯豊まりえで実写化決定!「きょうのキラ君」原作者・みきもと凜ってどんな人?

Facebookコメント

Return Top