CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

miwa・坂口健太郎らのバンド“The STROBOSCORP“が集結!映画『君と100回目の恋』一夜限りの生ライブ!

2月4日(土)より公開の、miwaちゃん&坂口健太郎くんW主演の映画『君と100回目の恋』。
時をかけめぐりながら想いあう2人の超純愛な物語の本作ですが、公開目前の1月30日(月)Zepp Tokyoにて、主人公たちが組む劇中バンド“The STROBOSCORP”(ストロボスコープ)が一夜限りの生ライブを行いました!

劇中バンド“The STROBOSCORP”

劇中バンド“The STROBOSCORP”

映画上映前の舞台挨拶


映画上映前の舞台挨拶にはmiwaさん、坂口健太郎さん、竜星涼さん、真野恵里菜さん、泉澤祐希さんが登場!
miwaさん:「皆さん今日はミニライブあり映画ありの盛りだくさんです!最後まで楽しんでください!」
坂口健太郎さん:「ミニライブ付きの豪華なイベントになっています。映画が終わったあとの僕たちのライブ楽しんでください」
竜星涼さん:「こんなにお集まりいただき僕たち人気なんだなぁ、ミュージックステーションも出させて頂きメジャーデビューか!という勢いでやらせていただきます!」
真野恵里菜さん:「なんか、ライブっていう感じですねぇ、いいですね、今日は皆さんと一緒に楽しくライブを観させて頂ければなぁと思います」
泉澤祐希さん:「映画を楽しんで頂きアーティスト泉澤改めアーティスト鉄太を最後まで楽しんでいってください!!」

MC:普段一人で歌われているmiwaさんですが今回初めてバンドを組んでみた感想は?
miwaさん:「本当に今忙しい皆さんが私の描いた曲を必死に練習してくれて嬉しくて、岡山で初めて合わせたときに私が”これで映画行けるね!”って言ったら皆がすごい嬉しそうな顔をしてくれて、その後は皆で練習終わりにカラオケに行ったり私はバンドを組んだことが無いんですが本当のバンドみたいで楽しかったです。なんだか毎日が学校の放課後みたいでした!」

映画上映後、いよいよライブスタート!


映画の感動の余韻が残る場内落ち着いた会場の雰囲気の中miwaさんを先頭に映画の世界の中にいた“The STROBOSCORP“が登場!!会場は一気に興奮の渦に包まれ会場総立ちの大熱狂となりました!
_a3_0560
観客に向けmiwaさんが「皆さん今晩はThe STROBOSCORPです。今日は本当に一夜限りの最初で最後のライブになると思います。」そして坂口さんは「緊張しました。でも、3人が後ろにいてくれると緊張は少しほぐれましたが、皆さん映画どうでしたか?」と声を掛けると観客は大熱狂!!
竜星さんは「グルーブ感を大切にしたいですよね!」とジョークを言うとmiwaさんが「それではいきますよ、「単純な感情」!」と声を掛け一気にエンジン全開でスタート!

miwaさん

miwaさん


坂口健太郎さん

坂口健太郎さん


竜星涼さん

竜星涼さん


泉澤祐希さん

泉澤祐希さん


演奏が終わると里奈役真野さんが登壇、miwaさんに演奏の感想を聞かれ「久々にステージ横で皆の演奏を観れて、今感動しちゃいました」と笑顔で答えました。
真野恵里菜さん

真野恵里菜さん


そして次の曲「アイオクリ」についてmiwaさんは「私が陸の事を考え葵海なら陸と一緒にこんなことを考えながら歌を作るんじゃないかなぁと考えながら作りました。聞いて下さい」と演奏を披露、The STROBOSCORPの最後の演奏も大盛り上がりの中終了。
女性ファンから「カッコイイ」と掛け声が。

女性ファンから「カッコイイ」と掛け声が。


演奏終了後はそのまま静かに立ち去るThe STROBOSCORP会場が暗転した中観客から拍手があがり、アンコールが。
すると、miwaがギターを持ち再び登壇映画の主題歌「君と100回目の恋」を披露、感極まったmiwaさんは最後涙を流しながら熱唱、観客の多くも感動の涙を流し、一夜かぎりのスペシャルナイトは幕を閉じました。
全員で記念撮影!

全員で記念撮影!

出演:miwa 坂口健太郎
竜星涼 真野恵里菜 泉澤祐希 太田莉菜 大石吾朗 堀内敬子/田辺誠一
監督:月川翔(『黒崎くんの言いなりになんてならない』)
脚本:大島里美(『ダーリンは外国人』)
製作:「君と100回目の恋」製作委員会
制作・配給:アスミック・エース

【関連記事】:
◆坂口健太郎が歌声、初披露!『君と100回目の恋』miwa×坂口健太郎バンドのミュージックビデオ解禁!
◆坂口健太郎がmiwaに、手合わせ、頭ポンポン、腕グイ…女子の願望てんこ盛り♡『君と100回目の恋』キュン死に必至の場面写真解禁!

Facebookコメント

Return Top