CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

藤原竜也、撮影中に一度もNGなし!『22年目の告白―私が殺人犯です―』“緊迫の記者会見”本編シーン解禁!

藤原竜也×伊藤英明の初共演となる新感覚サスペンスエンターテインメント大作『22年目の告白―私が殺人犯です―』が6月10日(土)より全国公開!美しき殺人犯・曾根崎が警察やマスコミを挑発しまくり日本中を狂わせていくが、なぜ時効を迎えてから現れたのか?事件の真相を語る“緊迫の記者会見”本編シーンが解禁されました!

22年前に起きた連続殺人事件。未解決のまま時効を迎え、突然現れた殺人犯・曾根崎雅人(藤原竜也)。“絶対に捕まらない殺人犯”となった曾根崎は、事件の真相を語る告白本「私が殺人犯です」の出版会見に現れます。張りつめた緊張感が漂う中、自身が起こした事件についてゆっくりと語り始める曾根崎。「1995年。記念すべき5つの連続殺人事件を終えたばかりの私は苛立っていた。無能で愚鈍な警察は、私の元へ一向に辿りつく気配がない。幼稚な推理と見当違いな憶測を垂れ流すマスコミも事件の真相を伝えることはない」と、自分を捕まえられなかった警察やマスコミを挑発し、独り言のように次々と語っていきます。「いつまで待っても警察やマスコミは私の元へ辿りつくことはできなかった。誰も事件の本質を伝えることはできなかった。ならば自ら真相を明らかにし、それが時効を迎え、罪を償う機会を永久に失ってしまった私にできる最後の仕事だから」と語り「はじめまして。私が殺人犯です」と言うと、幕が下がり告白本のビジュアルが披露。美しき殺人犯の登場に日本中から一気に世間の注目を集めるが、この美しき殺人犯の目的は?なぜ時効を迎えてから突然現れたのか?曾根崎の告白は新たなゲームの始まりに過ぎなかったのです。


今回解禁となった記者会見のシーンは、劇中でも藤原さんの長台詞が多く緊張感が漂う中で撮影されました。曾根崎が初めて公の場に登場する重要なシーンとなり、入江監督は藤原さん本人がリアルな殺人犯かつ、リアルな記者会見に見えるよう、カメラ位置や照明など徹底的にこだわったといいます。そんな緊迫感漂う現場でしたが、藤原さんはどんなに長台詞でも一度もNGを出さずに演じきりました。さらにこの記者会見のシーン以外にも、藤原さんは撮影中にNGを出すことは一回もなく、まさに殺人犯・曾根崎になりきっていたといいます。これまでも様々なクズを演じてきた藤原竜也さんの新たなハマリ役になっていることは間違いありません。

日本中を狂わせる殺人犯と、22年前の事件で全てを失った刑事を取り巻く新感覚サスペンスエンターテインメント大作『22年目の告白―私が殺人犯です―』は6月10日(土)より全国公開です。

『22年目の告白―私が殺人犯です―』ストーリー

時効を迎えた連続殺人事件。 その男は、突然現れた――。「はじめまして、私が殺人犯です」
阪神大震災、地下鉄サリン事件…混沌とした1995 年に起きた5 件の連続殺人事件。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけ目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させる―その残忍な犯行は世間の注目を浴びた。事件を担当する刑事の牧村は、あと一歩のところまで犯人を追い詰めるものの、事件は未解決のまま時効を迎えてしまうのだった。そして22年後のある日。一冊の本が日本中を震撼させる。その本のタイトルは、「私が殺人犯です。」それは、95 年のあの事件の犯人と名乗る男が書き綴った殺人手記。出版記念会見に現れたのは、曾根崎と名乗る妖艶な男だった。過熱するマスコミ報道、SNS により時の人になっていく殺人犯。しかしその告白は、新たな事件の始まりに過ぎなかった…

監督:入江悠
脚本:平田研也、入江悠
出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル

『22年目の告白―私が殺人犯です―』公式サイト
配給:ワーナー・ブラザース映画
6月10日(土)全国ロードショー
c©2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

【関連記事】
◆藤原竜也、自身の“クズキャラ”を「家に飾りたい(笑)」 映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』衝撃ビジュアル&キャラクター動画公開
◆藤原竜也、殺しの“3つのルール”がクズすぎる!映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』ポスタービジュアル解禁&「禁断の告白本」出版決定!
◆藤原竜也、新たなクズ役は“あるようでなかった役”『22年目の告白―私が殺人犯です―』予告編&主題歌決定!

Facebookコメント

Return Top