CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

稲葉&落合、知英を大絶賛!しかしその後はなぜかしょんぼり!?映画『私の人生なのに』初日舞台挨拶

7月14日(土)東京・新宿にて、映画『』の初日舞台挨拶が行われ、さん、さん、さん、監督が登壇しました!

稲葉&落合、知英を大絶賛!しかしその後はなぜかしょんぼり!?映画『私の人生なのに』初日舞台挨拶

「現場を明るく、いやすい環境にしてくれた」
稲葉&落合、知英を大絶賛!

下半身不随となるも、音楽との出会いを通して人生を変えていく元新体操スター選手・金城瑞穂役の知英さんは、JYとして主題曲「涙の理由」も担当。「晴天で初日を迎え、主演として映画の主題歌も歌って、しかも今日楽曲が配信される。こんな日はもうないと思います」と感慨深く述べ、「歌を聴いていただき、映画を観たいと思ってもらえたらそれで十分嬉しい」とコメントしました。

劇中では役柄としてギターの弾き語りにも挑戦している知英さん。「ギターの弾き語りはずっとやってきたけれど、映画の撮影では緊張して、できるのかな?という不安もあった。練習を重ね、歌手のJYではなく役柄の瑞穂として歌う気分は新鮮でした」と新たな気持ちを明かしました。

瑞穂を変えるきっかけとなる幼馴染・柏原淳之介役の稲葉さんは、初共演の知英さんとの現場を振り返り、「知英すげえな!と思いながら過ごした」と話し、「現場も明るくしてくれるし、大変なシーンも大変な顔はしないし、可愛らしい一人の女性としてもいてくれた。もう頼りきりだった」と称賛。

アスレティックトレーナー役の落合さんは知英さんについて、「日本語が上手ですげえ!」と語学力に目を丸くしたそう。「さっきもヘアメイクさんに『アホ毛が気になる』と言っていて、日本でもそんな言葉知っている人少ないよ!と思った」と笑わせ、「重い役柄やシーンであっても、現場にいやすい環境を作ってくれました」と知英さん持ち前の明るい人柄に感謝していました。

Return Top