CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

クラッシックなファッションコーデが可愛い。お手本にしたい1960年代&70年代の映画

100248_001
出典:http://norinori1015.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

映画の中のファッション、可愛くてかっこいいそのコーディネイトをちょっと真似してみませんか?60年代、70年代は今だからこそ素敵なものがいっぱいあります。そんな洋服や小物がいっぱい出てくる映画をピックアップしてみました。

『シェルブールの雨傘』は1960年代のフレンチスタイルがとってもキュート

100248_0002
出典:http://www.passioncinema.ch/les-parapluies-de-cherbourg-2/
登場する家具や車も素敵

1964年の作品です。カトリーヌ・ドヌーヴがとにかくかわいい!洋服に合わせたカチューシャやリボンでのヘアアレンジも。
1960年代前半のフランスではまだジーンズが浸透しておらず、お嬢様ファッションが主流の時代です。ブルーやピンクのきれいな色のワンピースやプリーツスカート、ストールにトレンチコート、といった今も参考になるコーディネイトがたくさん出てきます。
傘屋の娘を演じているドヌーヴですが、その傘屋さんもカラフルでとっても素敵なのでチェックしてみてください。

アメリカ青春映画の金字塔『アメリカン・グラフィティ』はアイビー全盛の60年代

AMERICAN GRAFFITI, Paul Le Mat, Cindy Williams, Ron Howard, 1973
出典:http://www.moviefone.com/
若き日のハリソン・フォードも出演しています

1973年公開ですが、舞台は1962年サンフランシスコ郊外のハイスクール。
ポップなネオンのドライブイン、オールディーズが流れるおしゃれな車…。卒業前の一夜の出来事を描いた映画です。
ボタンダウンシャツにカーディガンというアイビーファッションや、ボーリングシャツ、髪はもちろんリーゼントというロックな彼らがかっこいいです。女の子はフレアスカートに靴下、パンプスといった60年代ならではの可愛いファッション。見ているだけで楽しいです。

『ヘアスプレー』は60年代のふんわりワンピの女子がいっぱい

HS-05486Hairspray,  August 24, 2004Photo by David James/newline.wireimage.comTo license this image (11214548), contact NewLine:U.S. +1-212-686-8900 / U.K. +44-207-868-8940 / Australia +61-2-8262-9222 / Japan: +81-3-5464-7020+1 212-686-8901 (fax)info@wireimage.com (e-mail)NewLine.wireimage.com (web site)
出典:http://www.projections-movies.com/reviews/hairspray2007.html
ちょっと太めのヒロインがとっても可愛い

ブロードウェイミュージカルを映画化したこの作品は、2007年公開。
舞台は1962年のボルチモア。ダンスとおしゃれに夢中な高校生たちが、テレビ番組の収録で素晴らしいパフォーマンスをみせてくれます。
『アメリカン・グラフィティ』と同じ時代背景ですが、こちらはより華やかに女の子たちのファッションが登場します。ポニーテールや外はねカール、ツインテールなど参考になるヘアスタイルも満載です。

サイケデリックファッションなら1968年公開のこの映画『ワンダーウォール』

100248_005
出典:https://steampunkopera.wordpress.com/
なんでもありのファッションが魅力的

60年代後半のヒッピースタイル、サイケデリックで、なんだかめちゃくちゃという感じがたまらないファッションの数々が登場します。主演はジェーン・バーキン、音楽は元ビートルズのジョージ・ハリソン。ある老教授が隣に住んでいる可愛い女の子を、壁の穴から始終のぞき見をしているというストーリーが幻想的な映像で描かれ、セリフは一切ない不思議な映画です。ミュージックビデオのようにBGM代りにもおすすめです。

ウディ・アレン監督『アニー・ホール』はマニッシュスタイルのお手本

100248_006
出典:http://eiga.com/movie/42086/photo/
アニー・ホール・ルックという言葉もできました

1977年のラブコメディです。ヒロインを演じたダイアン・キートンが着こなすメンズライクなファッションが当時話題になり、その後のファッション界を左右するほどの勢いだったといいます。
エスニックが流行り、ユニセックスなワークファッションなども出てきた時代です。
劇中ではラルフ・ローレンのコートやベスト、パンツ、ジャケットなどをオーバーサイズで着こなしているのがかっこいいです。

『アメリカン・ハッスル』はちょっとセレブな70年代ファッション

100248_007
出典:http://eiga.com/movie/79025/gallery/4/
70年代のメンズファッションも見どころです

大柄のブラウス、体にラインに沿ったワンピースなど、セクシーさ全開のエイミー・アダムスが披露する洋服の数々が、見所のひとつのこの映画。1970年代の実話を映画化したものです。
そのままだとセクシーすぎるスタイルですが、コートやスカートなどひとつひとつで見ていくと、オフィスにもOKなアイテムもたくさん登場しています。グッチのアクセサリーやバッグなども出てくるので、ストーリーとともに楽しんでみてはどうでしょう。

Facebookコメント

Return Top